【効率化重視】Apple Watch 時計盤で設定してるアプリを公開(随時更新)

Apple Watchの時計盤

こんにちは! 効率化オタクのヨス(プロフィールはこちら)です。

Apple Watchを使いはじめて1年9か月になりました。

もはやApple Watchがないと生活できないほど使い倒しています。

今回は、そんなわたしの「Apple Watchの時計盤」を公開します。

どういう役目なのか、なぜそれを使っているのかも合わせて紹介しますね。

効率化オタクが使っているApple Watchの時計盤

まずは、わたしの使っている時計盤のデザインから紹介します。

機能重視なら「インフォグラフ」

わたしが使っている時計盤のデザインは「インフォグラフ」です。

こちらのように、ファッション性よりも完全に機能を重視したデザインになっています。

ヨスのApple Watchの時計盤
ヨスのApple Watchの時計盤

なぜ「インフォグラフ」を使っているのかというと、次の画像のように8箇所にアプリを設定できるから。

8箇所にアプリを設定&表示
8箇所にアプリを設定&表示

「睡眠の質」や「運動量」を置いて常にデータを確認できたり、よく使うアプリを設置してタップが簡単にできるようにするのがオススメです。

時計盤の変更方法

念のため、時計盤を変更する方法も紹介します。

時計盤が表示されている状態で画面を長押しすると設定画面に行けますよ。

時計盤を長押しする
時計盤を長押しする

あとは、自分の好きなデザインのものを新規登録すればオッケー。

効率化オタクが時計盤に設定しているアプリ

では、効率化オタクのわたしがApple Watchの時計盤に設定しているアプリを紹介しますね。

基本的には次の2つの役目を持つもので、自分がよく使う(見るもの)を配置すべきです。

配置すべきもの

  • Apple Watchを見るだけでパッと確認したいもの(日付けなど)
  • タップすることで起動させたいアプリ(メモなど)

ということで、わたしがApple Watchの四隅に設定しているものと、サブダイアル(内側の4箇所)に設定しているものを分けて紹介します。

Apple Watchの四隅に設定しているアプリ

まず紹介するのはApple Watchの四隅に設定しているアプリです。

画像で見ると、次のようになっています。

四隅に設定しているもの
四隅に設定しているもの

ひとつずつ紹介しますね。

1【左上】BatteryPhone

左上では、iPhoneとApple Watchのバッテリー残量を確認できるようにしています。

iPhoneとApple Watchのバッテリー残量を確認
iPhoneとApple Watchのバッテリー残量を確認

これは「BatteryPhone」という無料アプリを入れていますよ。

BatteryPhone

2【右上】ワークアウト

右上には純正アプリの「ワークアウト」を設置しています。

右上から運動を記録
右上から運動を記録

散歩やサイクリングに行くときに、ここをタップして、記録をスタートするわけです。

こちらはタップした画面。

運動を記録
運動を記録

記録したものは、アクティビティで確認できるようにしていますよ。

3【左下】AutoSleep

左下にはアプリ「AutoSleep」を設定しています。

左下で睡眠の質を確認
左下で睡眠の質を確認

上の画像で「96%」と表示されているのは、100%を目標の睡眠時間として、96%の睡眠がとれたという意味です。

朝起きてすぐにここをチェックするようにしています。ここが100%に近いだけで、わたしは朝からゴキゲンです。

逆に数値が低い場合は、昼寝をして睡眠を確保するようにしています。

iPhoneで見ると、こちらのように詳しく確認できますよ。

睡眠の質をチェック
睡眠を記録し、睡眠の質をチェック

Apple Watchを着けて寝るだけで勝手に記録されます。

AutoSleep

4【右下】世界時計

右下には「世界時計」でカナダ(バンクーバー)の時間を常に表示させています。

右下でカナダの時間を確認
右下でカナダの時間を確認

わたしは年に何回かカナダに行くので、時差の感覚を忘れないという意味でやっていますよ。

ちなみに、カナダに行っているときは日本時間とカナダ時間の表示を逆にします。

外出の多い人の場合は「天気」を表示するのをオススメです。

Apple Watchのサブダイアルに設定しているアプリ

続いてApple Watchの「サブダイアル」に設定しているアプリを紹介しましょう。

「サブダイアル」に設定しているもの
「サブダイアル」に設定しているもの

具体的には次のアプリです。

1【サブダイアル・上】カレンダー(スケジュール)

サブダイアルの上にはカレンダー設定し、日付けと曜日が見えるようにしています。

サブダイアルの上で日付けを確認
サブダイアルの上で日付けを確認

これはすごく便利。

「カレンダー」の「スケジュール」を表示させているので、こちらのように直近の予定も出てくれます。

直近の予定も表示される
直近の予定も表示される

ここに表示される予定は「Appleの純正カレンダー」や「Googleカレンダー」に入力しているものです。

2【サブダイアル・左】FastEver3

サブダイアルの左側には「FastEver3」というアプリを設定しています。

サブダイアルの左でメモを取って保存
サブダイアルの左でメモを取って保存

ここをタップすると音声入力でメモが取れ、保存するだけでEvernoteに送信&保管されますよ。

FastEver 3

Evernoteを使っていない場合は、こちらから無料で使ってみてください。

無料で毎月60MB使える!

Evernote

このリンクからなら「有料版」を1ヶ月無料お試し
1分で登録できます

3【サブダイアル・右】アクティビティ

サブダイアルの右では「アクティビティ」を設定しています。

サブダイアルの右で運動量を確認
サブダイアルの右で運動量を確認

上の画像のように、3つの円で1日の運動量が確認できるんです。

iPhoneで見るとこのように細かく見られますよ。

詳しく確認
詳しく確認

4【サブダイアル・下】WaterMinder

サブダイアルの下にはアプリ「WaterMinder」を配置しています。

サブダイアルの下で摂取した水分量を確認
サブダイアルの下で摂取した水分量を確認

グラフのようになっているのは、1日に摂取した水分量です。

水分量は自分で記録しないとダメですが「ちゃんと水分取れているか?」をいつでも確認できると便利です。

WaterMinder

今回は、効率化オタクのわたしがApple Watchの時計盤に設定しているアプリを8点紹介しました。

完全にわたしのライフスタイルだけにマッチしているので、人によってはまったく使えないものもあると思います。

効率的に、健康的にApple Watchを活用するために、いろいろとカスタマイズしましょう。楽しいですよ♪

ちなみに、わたしのオススメする健康のログを記録するアプリはこちらにまとめています。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

Apple Watchのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Apple Watchの時計盤

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい