2015年4月5日

『ブログ飯(私の背中を押してくれた神本)』の著者 染谷さんに会ってきた!

slooProImg_20150404193336.jpg

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

先月末、プロブロガーのアスカさんとお会いしましたが、今月もすごい方とお会いすることができました。

それは、私がブロガーとして活動するときにかなり影響を受けた書籍『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』の著者 染谷昌利さんです!

染谷 昌利さんって?

染谷(@masatoshisomeya)さんは超有名なプロブロガーです。「Xperia非公式マニュアル」という神サイトを運営していて、アクセスの多かった時期は毎日50,000PVという「え? ゼロが1つ間違ってますよ!」と突っ込んでしまいたくなるほどの異常な人気ブログを運営しています。

ぶっちゃけ今は、ブロガーとしてではなく、書籍執筆をはじめ、もっと幅広い分野で活躍されててブログのことは後回し忙しくされているのですけど(笑)。詳しくは染谷さんのブログでチェック!

今やブログを書いている人の間では普通に流通する言葉となった「ブログ飯」という言葉も染谷さんの書かれた『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』から始まりました。

ちょ…! 書籍『ブログ飯』について語らせてください

私は現在、主にブログからの収益で生活をしています。でも最初からそんなことができてたわけではありません。全然読んでもらってない時代もありました

そんなとき(2年前)に読んだのが、染谷さんの著書『ブログ飯』です。私のブロガー活動において、ものすごく影響を受けました

影響を受けたというか、精神安定剤のような、栄養ドリンクのような存在でした。

私はWEBの仕事を7年以上していたのでHTMLとかデザインとかSEOとかはすでに十分な知識もあったし、そんなものは勉強すれば身につきます。でもこの本は、そんな知識を書いている本ではありません。

「とにかく個性を出せ」とか「ブログで稼いだ金はブログに投資しろ」や、「ブログだけに頼るな!」のような、技術的じゃなく、なるほどなーと納得するようなことを書いてくれてました。

そういう知識を得たのも良かったのですが、私にとってそれより重要だったのは「ブログで好きなことを書き続けていてもいいんだよ」と、背中をポン!と押してくれた(そう解釈してた)ことです。モチベーションが下がったときに何度も開いてました。

四国の片田舎で一人でブログを書いていた私にとって、この本がどれだけの力をくれたことか!

そんな私の恩人で、正直「あっちの世界(華やかな世界)の人」だと思っていた染谷さんに、この本を読んだ2年後にお会いすることができるなんて、当時の私は夢にも思っていませんでしたよ。

さっき、パラっと軽く読み直してみたのですが、以前書いた「自分のブログ好きですか?」の内容とかめっちゃ染谷さんの影響受けていますね。私も気づいてなかったんですけどね。

染谷さんが香川に!

そんな染谷さんが四国旅行に来られたんです。

染谷さんと一緒に!
染谷さんと一緒に!

高知のイケダハヤト(@Hayato)さんと会ったり、香川のアートの島「直島」を満喫されていたそうです。

実は「高知でイケダハヤトさんと3人で会いませんか?」と誘って頂いていたのですが諸事情で行けず、悔しい思いをしました……(なのでイケダさんには近いうちに絶対にお会いしたいっ!)。

参考: 高知の鰹と香川のうどんで消耗していたらアフィリエイトの教科書の増刷が決まってました

染谷さんとはブログの話、アフィリエイトの話、最近の活動の話などいろんなことを話しました。年齢も1歳違いなので、サブカルチャー的にもほぼ同じネタが通じるので、ものすごく話しやすかったです!

実は本の印象では「すっごくきちっとして計画性バリバリな人」だったので、圧倒されるかも!?とちょっと心配していましたが、お会いしてみるとかなりテキト……時間とかいろんなものの許容範囲が広くて、初対面ではありえないほど親近感がわきました(ええ。私も超テキトーな人間ですw)。

ただ、帰りの飛行機の時間もそんなに余裕がなかったので、残念ながら盛り上がっている最中に、染谷さんのお帰りの時間に。

「鬼嫁さん」にも

あ、そうそう。今回は「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)」に併設されているカフェでお会いしました。

というのも奥さんが、アートが大好きだったからです。そうなんです。『ブログ飯』にも登場していた「鬼嫁さん」もご一緒にお話したんですよー! ん? いや、8割ぐらいは鬼嫁さんと話していた気も(笑)?!

もうね、書籍にあったようなパワフルな方で、しかも面白すぎでした。言うことが面白いおもしろい。「interesting」ではなく、そのまんま「funny」の「面白い」ですよ!「関西の方でしたっけ??」と質問してしまったほど。「鬼嫁」なんて書かれているので内心ドキドキしていましたが、ステキすぎる方でした。

書籍の方も、最後の8ページに鬼嫁さんのコラムが「特別コラム」として掲載されていたのですが、この8ページの内容がインパクト強すぎて、「本編が食われた!」と染谷さんもおっしゃっていました。

いやはや……危ない危ない。この記事も鬼嫁さんのことを書き出したら止まらなくなりそう! 染谷さんが食われてしまいそうなのでこの辺でやめておきます(笑)。

さて、今回お会いすることになったキッカケは、私がメールしたことです。たまたま染谷さんのブログを見ていて、実は染谷さんといろんな共通点があったことをそのときに知って、なんかうれしくなってメール(Twitterだったかな?)したんですよ。

そしたら、たまたま染谷さんに、4月に四国に来る予定があったんですよー!! で、「4月に四国に行くから、ぜひお会いしましょう!」と言ってくださって、実現したんです! いやー、メールしたタイミングが良すぎですよね(私は、自分が運が良いという自覚がありますが)。

感情ってストレートに表現する方がいいんだなーと再認識です。こんな風に予想もしなかったうれしいことが起きたりしますので!

最後に染谷さんの著書の一部を紹介します。2015年に発売され、勢いに乗って売れているイケダハヤトさんとの著書はこちら! アフィリ初心者には特に激オススメです。

そして、私の背中を押してくれたこちらの書籍もぜひ(私はKindle版を買いました)。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!