2013年11月15日

iPadに「筆」でお絵描きできるっ!「Sensu Brush(センスブラシ)」買いました。

sensu-brush-250

こんにちは! 絵を描くときは、もっぱらiPadばっかりになってしまったヨス(@yossense)です。

いやー。ついに買いました。Sensu Artist Brush(センス・アーティスト・ブラシ)!! ずーっと欲しかったのですが、iPadに手描き(iPadに直接指で描く)で事足りていたので、どうしようかなぁと思っていたんです。

ということで、Sensu Artist Brushの開封の儀です!!

半年ぐらい迷っていたよ

実は、タムカイ(@tamkai)さんのセンスブラシについての記事をEvernoteに保存してて、何度も何度も見返して「買おうかなぁ~」ってのをっ繰り返していましたw。半年くらい迷っていましたが、ついに……というかやっと買いました。

という訳で箱の写真です。

Sensu Artist Brushの箱
Sensu Artist Brushの箱です。

裏面はこんな感じ。

Sensu Artist Brushの箱裏面
Sensu Artist Brushの箱裏面
英語の説明書
説明書。英語です。

私の愛用お絵描きアプリ「Procreate」のアイコンも載っていますね。

Procreate
720円
(2015.11.24時点)
posted with ポチレバ

そして中を開けると……

Sensu Brush出てきた!
おおー! 出てきた。

ブロガーにとってこの開封の儀は必要な儀式と言われるかもしれません。でも、ぶっちゃけもう箱なんてどうでもいいです。早く! この筆で絵を描いてみてぇ!

筆先を触ってみる

フタを開ける
早速フタを開ける。

うほっ!! これが念願のSensu Artist Brushの筆じゃあ!

Sensu Artist Brushの箱先を触る
筆先を触ってみる

うん。触った感じは普通の筆やな~。

「Sensu Brush」は筆の書き味を出すために日本の化粧品メーカーと協力して開発されたんだそうです。なるほどね。iPad、iPhone、iPod touch、Google Nexus 7、Kindle Fire……などどれでも使えるようです。まぁ、iPhoneの小さい画面では難しそうだけど。

筆先はメタリックファイバーで、グリップ部分にはシリコンが使われています。メタリックファイバー? なんか強そうやな!!

背中部分はスタイラスペンに。
背中部分は普通のスタイラスペンになっています。

私はスタイラスペンすら使ったこと無かったのですが、これもアリですね。確かに便利。

背面のスタイラス

背中のスタイラスペンでメモ。
背中のスタイラスペンでメモ。

ちょっとBamboo Paperでメモしてみました。書き味は……うむむ。結構力入れないと書けないところもありました。これはアプリ側の問題なのかどうかわかりませんが。でも指で書くよりもメモしている感がありました。外でメモするときなんか、指で書くよりも上品に見えそうやし。どうでもいいですが、コープ製品の「元気くん」はうちの子に大人気です。

Bamboo Paper - ノート
無料
(2013.10.21時点)
 App Store
posted with ポチレバ
本物の筆みたい。
キャップを装着すると長くなって本物の筆っぽく。
ちなみに構造はこんな感じ
ちなみに構造はこんな感じ

ついに筆で描いてみる

いやー、ついにです! iPadに筆で書くという初体験です!!

とりあえずベジータ
とりあえずベジータ

おおー! ほんとに筆で書けるぞー!! すげぇ!! なんでやろ?? 普通の筆では書けなかったのに!

なんでベジータなんでしょうね……。実は無意識でペンを持つとベジータを書く癖があるんですよ。たぶん中学校のときに書きまくっていた名残です。それにしても筆とか関係ないモンを書いていますね。もっと筆らしいものを書かないと……。

Sensu Brushで水彩を描く
Sensu Brushで水彩を描く

今度は水彩画です。オオっ!! こ……これはイイ!! 筆、Sensu Brushならではな描き心地でした。 やっぱり水彩は指では描かないので、筆を持つだけでも水彩描いている感がでます!! 絵を描くときって、そういう感覚って結構大事だと思うんです。特に、元々デジタルじゃなくて、画材を使ってた絵描きにとっては!!

これは楽しいわ~!! ただ、紙を最初に水で濡らして、そこにぽたぽたと絵の具を落とすような技法はこのお絵描きアプリ「Procreate」ではできません(ってかそんなの出来るわけないか……)。コレできたら楽しいのにな。

ちなみにシャラポワを描いてます。シャラポワは、やっぱりかわいいな。

Sensu Brushで「なす」
「なす」と書いてみた

今度は習字っぽい文字を書いてみました。なんて下手なw!

「Sensu Brush」で本格的な習字はちょっと厳しいっぽいですね。

小学校のときに「なす」て書かされたことがあります。当時でも「なんでこんな文字書いてるんやろ?」ってものすごく疑問に思いながら書いていました。もっとテンション上がりそうな文字書かせてくれたらええのにね。「悟空」とか「神龍」とか。

要注意事項!

筆のキャップを閉めるときに要注意
筆のキャップを閉めるときに要注意

あ。大事なことを言わないと。筆のキャップを閉めるときには、必ず筆をグリって挟まないようにして下さい。普通の筆も同じですが、毛が折れてしまいますから。ああ……筆を洗わなくていいってのも嬉しいねー。そっか!今気づいた。色を変えるときにも水でジャブジャブ洗わなくてもいいんだな。やっぱすげーよデジタルは。

なので、iPadは絵を描くのに絶対おすすめです。

長いこと買おうかどうか迷ってたこのSensu Brushですが、買ってよかったです! 大満足!! もっと早く買ったらよかった。

とにかく、この「筆でiPadに直接描く」という体験は、めちゃめちゃ新鮮です。これさえあれば、今までよりも気楽にスケッチとかしやすくなりますね。スケッチまでデジタルでできる時代なんですね。今更ながら、スゴイと思いましたw。

2016年3月20日追記: 現在のところApple Pencilが最強のスタイラスペンです。高価でも本当に良いものがほしい方はこちらをおすすめです。

iPadで、そしてデジタルでイラストを書く利点をまとめている記事もあります!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!