2015年9月5日

無礼な話し方をするおっさんと良いコミュニケーションが取れる方法

communicate-with-old-men-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

私は基本的に家でこもって仕事をしていますが、たまに外に出て年配の方とコミュニケーションを取ったときにビックリすることがあります。それは言葉使いです。

初対面でタメ口はないやろ

私は初対面からタメ口を言ってくる方って苦手です。特に年配の方で、おじさんに多いんですけど。

一番ひどいと思うのが、お店の人の場合です。店員が初対面からタメ口で話しかけてくるのってどうなん? いや、タメ口だったらまだましなんですよ。それどころか、こんな感じの上からものを言っているような話し方

客: これください。
店: ああ、これか?
客: おいくらですか?
店: 600円。1個でええんか?
客: はい。1個ください。

こういう方の言葉使いにイラっとしたことありませんか?

上下関係の構図になるのがイラッとするけど…

こういう言い方にイラっとくるのは、目上から目下の人に対する言葉に聞こえるからです。なんで「ちょっと寄ったお店でこんな上下関係が生じてんの??」って思いますよ。

でもね。違うことにあるとき気づきました。

このイラッとくるような失礼な物言いは、実は1つの「話すスタイル」なんです。信じられないんですが、別に相手を下に見ているんじゃないみたいなんです。

こういう人たちは普通の話し方をしているつもりなんです。まぁ、それが一般的には失礼にあたる……ということが分かっていないことは致命傷だと思いますけど。

こんな対処方法があった!

こんなときに良い対処方法があります。

それは、こっちも同じスタイルで話をするという方法です。

客: これ欲しいんやけどええか?
店: ああ、これか?
客: なんぼや?
店: 600円。1個でええんか?
客: おう。1個くれ。

私の場合、この方法を編み出してから、多少のストレスは減りました。上下関係的な構図になりませんから。

というかね。こういう話し方をする方にも伝わりやすいみたいで、会話がスムーズになりました。むしろ丁寧語の方がよく聞き返されていました

普段使い慣れない汚い言葉使いって、あんまりしたくないですが、その方が両方にとって良いコミュニケーションが取れるってことですね。

地方の人と話をするときは方言を使った方がコミュニケーションがよく取れるのと同じかもしれません。

さて、今回は失礼な物言いへの対処方法でした。

まぁ、私はあんまりこういう言葉使いはしたくないので、なるべくそういう言葉使いの方には近づきたくないのが本音ですけどね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!