キーボードカバーは必需品! MacBook Proのキーが壊れた体験と不良品を買った体験

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

現在、わたしは「MacBook Pro」というノートパソコンを愛用しています。

ところが、先日故障しました。原因はキーボードのスキマからホコリが入ったこと。

そのホコリを入れなくするためにキーボードカバーを購入したのですが、2つ目ですごくいいものに出合いました。

キーボードのスキマに入るホコリは大敵

わたしが「MacBook Pro」を購入して半年ほど経ったときのことでした。

ヨス

Uが押せないッ!?

なんと、Uが常にへこんだ状態になって、が入力できなくなったんです!

これは困ります! うどんって入力できないってことですよ! 香川県民にとっては一大事!

まぁ、Appleサポートに連絡して、3日後には直って戻ってきましたが、あせりました。

ところが、原因がなんと……

キーボードの間のホコリ

だいぶ昔にキーボードのスキマを掃除するには歯間ブラシが最適という記事を思い出しましたが、「そうだ! キーボードカバーを買おう」と決断しました。

キーボードカバーを買って失敗した体験

そこで、こちらのキーボードカバーを買いました。

……が!! これががダメな商品で1ヶ月で、キーボードカバーが「伸びて」しまい、キーボードの上で浮いてる部分ができてペコペコになってしまったんですね。

ヨス

1,000円ぐらいの商品だったけど、これはひどすぎる!!

わたしのタイピング量が多いにしても、たった一ヶ月ですよ??

そこで、友達に教えてもらったのがこちらです。

失敗したやつと比べ値段が3倍以上するのですが、本当にこれを買ってよかった!!

2ヶ月間、フルに使ってもまったく劣化しなかったので、レビューをします。

キーボードカバー「Clearguard MB」

こちらが今回、感動したキーボードカバー「Clearguard MB」です。

キーボードカバー
キーボードカバー

こちらがキーボードカバーをつける前のキーボード。

キーボードカバーを付ける前
キーボードカバーを付ける前

MacBook Proを購入して10ヶ月目の状態ですが、もはやAキーがはげています。

「Clearguard MB」の取り付け方

では、キーボードカバーを取り出しましょう。

「Clearguard MB」を取り出した
「Clearguard MB」を取り出した

ふつうのキーボードカバーに見えますが、不良品のやつとは手触りが違いました。こちらは表面に細かいエンボス加工がされてる感じ(あとで写真で紹介します)。

ほかのキーボードカバーと違うのが、こんな青いライン。

変わっているのがこの帯
変わっているのがこの帯

これが何かというと……

シールになっている!
シールになっている!

そう。シールになっているんです。

キーボードに一部分だけでも貼り付けることでキーボードカバーがズレないようになる仕組みですね。

そこで、どうやって貼るかというと……。

厚めの紙の角でスーッと押し付ける
厚めの紙の角でスーッと押し付ける

上の写真のように、厚めの紙の角で、スーッと押し付けていくだけでオッケーです。

この紙も、「Clearguard MB」のパッケージに用意されています。

紙もちゃんと用意されている
紙もちゃんと用意されている

角を切り取るだけですね。

「Clearguard MB」を使った感想

見ての通り、超薄いです。下の写真で見ても貼っているのがわかりませんよね。

「Clearguard MB」を貼り付けた状態
「Clearguard MB」を貼り付けた状態

それもそのはず! たったの0.1mmという極薄仕様です!!

もっと寄ってみます。

「Clearguard MB」を拡大
「Clearguard MB」を拡大

多少はわかりますかね?

角度を変えて、光を当ててみましょう。

光を当ててみる
光を当ててみる

ほら、先ほど、表面に少しエンボス加工があると書きましたが、わかりますか?

触っても分からないレベルの「すっごく細かいボコボコ」が作られていて、カバーのない状態と比べると、明らかに違います。

ツルツル感が好きな方はそれがなくなるので、アレかもしれません。

でもわたしも、ツルツルが好きだったのですが、こちらをつけていると、多少のザラザラがある方が押しやすく感じるようになりました。

あと、少しですがキーボードを押す「カチャカチャ」という音が抑えられます。いや、少しどころじゃないかも。けっこう変わりました。

表面には細かいエンボス加工
表面には細かいエンボス加工

キーボードカバー自体に高低がちゃんとあって、キーボードの上に重ねてもキーの高さが死にません。そのため、つけていても、違和感なく入力出来ます。

以前買った失敗品だと、「キーを押した感じ」がなくなっていました。これもすばらしい点です!!

2ヶ月間フルに使った状態

では、こちらが2ヶ月間、フルに使った状態です。ちなみにわたしは毎日8時間ぐらいはキーボードを叩き続ける人です。

「Clearguard MB」をつけて2ヶ月目
「Clearguard MB」をつけて2ヶ月目

まったく伸びていません!

劣化してペコペコになってる部分も一切ありません!! 押しまくっているキーは脂油(?)がついていますねー。

このキーボードカバーですが、中性食器用洗剤で水洗いも可能です。めんどうなのでやりませんが(笑)。

ヨス

前回、他のメーカーの不良品を買っていたので、その違いを知っているわたしは感動して涙を流すレベル!!

こいつはすごいッ!!

あと、これは仕方がないのですが、画面側にキーボードカバーのあとがつきます。

画面に型がつきます
画面に型がつきます

ほら、ノートパソコンって折りたたむじゃないですか? そのときにキーボードカバーの跡が付くんですね。

MacBook Proは超薄いので、キーボードカバーの0.1ミリという薄さでも跡がつくのは避けられません。

もちろん、この「跡」は、拭いたら取れます。ただ、めんどくさいし、画面が真っ暗じゃなければまったく気にならないので大丈夫です。

いやー、わたしのMacBook Pro、指の跡もひどいですねー。まぁ、気にならないけど(笑)。

さて、今回紹介した「Clearguard MB」というキーボードカバーですが、「当たり」でした!!

高い(とは言っても3,000円ぐらい)だけあります。でも1,000円程度の安いやつだったら1ヶ月ごとに買い換えないとダメなのでどちらを買うべきなのかは明白ですね。

最後にまとめると。

  • キーの間のホコリを完全に防ぐ
  • キーの溝(高さ)が死なないように深さがある作りなので押しやすい
  • キーを打つ音が抑えられる
  • 表面の手触りがいい
  • 超極薄0.1mmなので、違和感がない
  • 粘着剤があるので、ズレない
  • 数カ月使ってもまったく劣化しない(伸びない)
  • 汚れても水洗いできる

正直なところ、カス商品を最初に買ったからこそ、この商品の良さがわかります。

ぜひ購入しましょう。マスト商品です。ただ、自分のキーボードに合ったものを買いましょうね! 13インチ、15インチは兼用です。

(1)【JIS】キーボード・タッチバー【有】

(2)【JIS】キーボード・タッチバー【なし】

(3)【US】キーボード・タッチバー【有】

(4)【US】キーボード・タッチバー【なし】

【お知らせ】著書の「重版」が決定!!

2018年4月20日に出版されたわたしの著書『効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術』。

おかげさまでめちゃくちゃ好評です! ついにはなんと! 重版が決定しました!!

下記ページで4コマ漫画も描きましたのでよろしければ読んでください♪

『効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術』の紹介マンガ

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい