スマホ手袋で最高のものを求めたらフリック入力もガンガンできるやつに出合った

OMIYA!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は待望のアイテムを紹介します。それはスマホのフリック入力のために生まれた手袋です!

冬の公園や駅のホームなど、寒空の下でもガシガシとスマホをいじれる快適なスマホ手袋があるんです!

手袋を着けてスマホをいじりたい

主夫もしているわたしですが、子どもが公園に行きたいと言えば、寒い真冬でも出かけています。

ええ。子どものエネルギーを発散させないときょうだいゲンカに発展しかねませんからね。

そうなると手袋がほしいのですが、手袋をはめてたらスマホがいじれない! そこで登場なのが「スマホのいじれる手袋」です!

スマホのいじれる手袋がほしい
スマホのいじれる最強の手袋がほしい!

ん……? ヨスはなにを今さらそんなことを言っているんだ?

……と思われるかもしれません。だって今の時代、スマホのいじれる手袋なんて珍しくありませんからね。

スマホをいじる指先に普通の毛糸ではなく「電気の通りやすい糸」を使うことで、手袋をはめたままスマホが使えるというアイテムです。

スマホの使える手袋のカラクリは、指先が電気の通る糸になっていること
スマホの使える手袋のカラクリは、指先が電気の通る糸になっていること

でも実際に購入して使ったことがありますか? あれ、本当に商品選びを間違うとストレスがすごいんです。

その商品によっては反応がめちゃめちゃ悪いんですよ!

そこで今回紹介する楽天の「naeshop(なえしょっぷ)」さんの「フリック入力手袋」です。

もうね、フリック入力大好きな人間からすれば名前を聞いただけでテンションが上がりますよ(笑)。

とにかくフリック入力がしやすい!!

この「フリック入力手袋」ですが、その名の通り、
めちゃくちゃフリック入力がしやすいです

これは動画で見てもらわないと伝わりませんよね。こちらを見てください。

どうですか? めっちゃすごくないですか?!

もう完全に指と同じ感度で反応します!

フリック入力手袋は完全に指と同じ感度です
フリック入力手袋は完全に指と同じ感度です

もちろん、手袋の「厚み」があるので素手のときと比べるとじゃっかん使いづらくはなります。慣れますけど。

それでも薄いけど温かいという難しい課題をクリアしていますね。

なんでこんなに反応がいいの?

不思議です。

でも、なんでこんなに指と同じレベルでタッチパネルが反応するんでしょうね??

もちろん、この指先に秘密があります。

タッチパネルの反応の良さの秘密は指先にある
タッチパネルの反応の良さの秘密は指先にある

ほら、この親指、人差し指、中指の先っちょだけ色が違いますよね?

これ、有機導電性繊維100%の「サンダーロン」という素材で編まれています。

「サンダーロン」は、驚くことに人間の皮膚よりも通電性反応がいいんだそうですね。そりゃー反応がいいわけです。

スマホなどのタッチパネルは、人間の身体から流れる電気に反応して動きます。そのため、普通の手袋ではその電気が遮断され反応しないというわけ。

手袋部分はニュージーランドの「オーセンティコ」を使用

指先以外の手袋の部分はというと、ニュージランドの羊を使った「AUTHENTICO(オーセンティコ)」ブランドのウールを使っているそうです。

オーセンティコというのは……

ニュージーランドの恵まれた環境が生んだ最高級の素材、ニュージーランドメリノ。その類いまれなる品質のウールを、イタリアのトップメーカーであるシュナイダー社が厳選・加工したブランドが「オーセンティコ」です。 しなやかで柔らかな極上の風合い、動きを妨げない優れたストレッチ性、クリアな発色と美しい染め上がり・・・。

AUTHENTICO | 株式会社トーア紡コーポレーションより引用しました。

ものすごく品質が良さそうですね。実際に着けてみた感想は「気持ちいい」です。

スマホの使える手袋のカラクリは、指先が電気の通る糸になっていること
ニュージーランド羊を使った「オーセンティコ」ブランドのウール

温かいのはもちろん、肌触りが非常に気持ちいいんですよ!

まったくチクチクとかしません!!

そしてこだわりは「すべり止め」にまで

個人的に声を出しにして言いたいのは「すべり止め」です。

「フリック入力手袋」のすべり止めがすごい
「フリック入力手袋」のすべり止めがすごい

こいつはやばいです!!

なにがやばいって、スマホを持つということに100%焦点を当てた滑り止めなんですよ!

あんまり意識したことがないかもしれませんが、スマホを持って操作するときって「小指の側面」で支えることが多くないですか?

スマホは小指の側面で支えることが多い
スマホは小指の側面で支えることが多い

そしたらこの「フリック入力手袋」ときたら!!

薬指と小指の間にすべり止めが「横方向」に付いている!!
薬指と小指の間にすべり止めが「横方向」に付いている!!

薬指と小指の間」にすべり止めが「横方向」に付いているんですっ!

マニアックですごさが伝わりにくいんですが、こんなスマホ用手袋は見たことがありません!!

手袋をはめてスマホを持つと滑るんです

もう少しこの滑り止めについて語らせてください。

スマホ手袋って導電性ばかりが重要だと思いがちですが、同じぐらい滑り止めが大切なんです。

フリック入力手袋のすべり止めがすごい
フリック入力手袋のすべり止めがすごい

そもそも、わたしがスマホ用手袋を今まで使っていなかった理由が滑りやすいことです。

わたしってただでさえモノの扱いがひどい上に、めっちゃ物を落とす人なんですよ。

なので、手袋なんてはめてたらスマホがボコボコになるのは必至。

でもこのフリック入力手袋のすべり止めならこの通り。

左: すべり止めナシ・右: すべり止めアリ
左: すべり止めナシ・右: すべり止めアリ

左側は、この手袋を反対にしてはめた場合です。

すべり止めがないのでびっくりするぐらい滑ります。ところがすべり止めがあるだけで右側のとおりです。

すべり止めが超重要!
すべり止めが超重要!

あ、もちろん角度をつけすぎると普通に落ちますよ。地球には「重力」がありますからね(笑)。

色は2種類あります

このフリック入力手袋ですが、色は2種類あります。

こちらは黒いバージョン。

フリック入力手袋(黒)
フリック入力手袋(黒)

黒バージョンは色的にすべり止めが目立ちます。

滑り止めが目立つのは嫌だという方にはグレーがオススメ。

フリック入力手袋(グレー)
フリック入力手袋(グレー)

これ、手のひら側ですが全然目立ちませんね! わたしもグレーの方が好きです。

※ サイズはフリーサイズになっています。

今回紹介したフリック入力手袋ですが、実はわたしもちょっとだけ制作に関わっています

販売店の「naeshop」さんとちょっとつながりがあって、フリック入力に向いている最高の手袋を作ってほしいというお願いをしたんですよ!

それで「すべり止め」について熱く語っただけなんですけど、フタを開けてみたらこんなにこだわった手袋になってたというわけです。

すみません。「関わった」とか偉そうに言いましたけどお願いしただけですね。とにかくフリック入力を愛してフリック入力にこだわるわたしが全力でオススメします。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい