接客業の方必読?! 私が今までにイラついた店員さんの特徴

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

最近、ポケットWi-Fiの機種変更に行ってきたのですが、その店員さんがめっちゃ早口でした。

ヨス

で、なんども聞き返して理解するのに疲れたんです。

今回は今までにわたしが出会った店員さんで嫌やなーと思ったことをまとめてみます。

わたしがイラつく店員さんの特徴

お店に行くときって大抵ウキウキして行きます。

でもお店の店員さんの対応が悪いときってありますよね。

買う気満々でも、そんなことがあるとその場でネットで注文したくなるほどです。

ではわたしが今までに接してきたお店の方で、「イヤだな」と思ったことをまとめます。

全部で7つにもなったよ。

専門用語を連発する店員さん

私は機械オンチです。その上、気になったことは理解しないと気がすまない性格です。

で、携帯ショップとか、電機屋さんに行くと、必ず質問をするんですよ。

そんなときによく「専門用語を連発する店員さん」がいます。ね? いるでしょ? もうね。大きな声で言わせて下さい。

お客さんが質問するのは詳しくないからです!!

専門用語すらわからない知識だから質問するんです!

ヨス

もっとわかりやすい単語に変換して言ってくれー!!

毎日マシーンに触っている人にとっては常識すぎる単語でも、知識がない人や、全然興味ない人にとっては外国語と同じだということをハッキリ理解しておいてください。

これは店員さんだけでなく、ブログやWEBサイトでも同じですね。

……もうここだけで半分以上は言いたいこと言った気がする(笑)。

こちらの記事もぜひ読んでほしいです。

早口な店員さん

わたしはめっちゃマイペースです。なので早口で言われるのが苦手です。威圧すら感じます。

早くカタをつけて次のお客さんの対応に行ったり、ほかの業務に行きたいのはわかります。

業務がいっぱいあって残業になるのを避けたい気持ちもわかります。

でもそれはお店の都合であって、例えば業務フローに欠陥があるとか、会社が体育会系体質なことが問題です。

結局のところ、早く済ませたくて早口になっても、こちらの理解を困難にしているだけです。

質問が増えるだけで、余計に時間が取られると思います。というか、わたしの経験では「早口の店員さん」は、さっき書いた「専門用語連発」と併用する人が多いんですね。

なので、まったくチンプンカンプンです。

まぁ、元々早口な方もいますよね。そういう方は、わかりやすいスピードで言うことも仕事に必須のスキルだと思って気をつけて下さい!

話すスピードが速すぎる人は接客能力が低いとわたしはみなしていますので。

こっちが理解できないと嫌な態度

そして、こちらも最悪です。店員さんの説明でこちらがわからなさそうだったり、何度も質問していると何やねんこの客!!……的な態度を取る人

もうね。完全に履き違えてます。問題なのは店員さんの説明する能力が乏しいことなのに、理解できないのをこちら側のせいにしているんですよ。

意図的なのかわかりませんが、ため息をつかれたこともあります。ハイ。かなり感じ悪かったです。

そういや、わたしが20歳のときに通っていた自動車学校の教官(50歳ぐらいの男性)がそんな態度だったので、すぐにクレームを言って変更してもらいました。

こういうときに我慢する方もいますが、良くないですね。

ちゃんとした評価をお店・学校側に伝えないと、サービスの質は向上しません

曖昧な回答をする店員さん

そして曖昧な回答をする店員さんです。

別にわたしはそんな意地悪な質問なんてしませんよ。

本当の初歩的なことを聞いているつもりなのに「……だと思います」的な返事ではなくハッキリと言い切ってほしいです。

言い切れないのなら「50%の確率でそうなります」のように線引きをしてほしいものです。

日本語は確かに「曖昧な表現を好む言語」です。でも、「水がかかると壊れますか?」の質問に「そうですね。水に弱いという話ではありますので、比較的壊れやすいとは思うのですが……まぁ、おそらくですが」ではイラッときますよね?

ブロガーが自分の感性で書くのと、専門家がぼやかすのではわけが違いますよね。

タメ口な店員さん

わたしは、初対面の人がタメ口で言ってくるのは嫌いです。

個人的な意見かもしれませんが、初対面であれば明らかに年下だと思われる人にでも丁寧語で言うべきだと思っています。特に店員さんのような公の場では。

もちろん、店員さんと何度も会って、話す機会も多くて、段々と言葉が崩れてくるのは「親しさを表すバロメーター」だと思うので、好ましいです。

感じの悪いタメ口は警察とか先生と呼ばれる人とか社会的地位のあるような方で年配の方に多いです。あくまでわたしの体験ですが。

無表情な店員さん

そして無表情な店員さんです。

でも、高望みで言っているんじゃないんですよ。別にキラキラ笑顔じゃなくてもいいんです!!

ただ、口元だけでもニコッとするとか、淡々とした話し方にメリハリをつけるレベルでいいんです。

結局のところ、接客ってコミュニケーションです。そのコミュニケーションが嫌になるレベルの無表情ってどうなの?って思います。

こんなことを言うのもアレですが、表情を出すのが苦手な方は接客に向いていないと思います。

きっと接客をやってて楽しくないんじゃないですか? 間違いなくほかの仕事に変えたほうが幸せになれると思います。

タバコ臭い店員さん

今まで書いてきたものは視覚、聴覚に関するものでしたが、最後は嗅覚です。においですね。

接客態度が良くても、服や息からタバコの強烈な臭いがしてきたら、すごく気持ち悪くなります

ずっとパソコンを相手にする仕事ならいいと思うんですが、接客ですからねー。

においって大事だと思います。ちなみにわたしは店員さんの体臭はそこまで気になりませんが(だってしゃーないもの)、それも気をつけた方がいいと思います。

体臭を隠すために逆ににおいをつけすぎるのにも注意です!!

さて、今回はわたしの体験を元にイヤな店員さんの特徴をまとめてみました。

たぶんみんな1人1人価値観が違うので「そこは気にならないわー」とか「え?! これが入ってないで!」って方もいると思います。

まぁ、とにかく店員さんとか接客業をしている方はこういう意見もあることを知ってもらって、感じの良い接客をお願いします。

それによってリピーターが増えたりして、会社内での評価も上がると思いますので。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい