2014年10月4日

秋の夜長に聴きたいっ! 切ない洋楽女性ボーカル5選

music-wistful-300

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回も私が勝手にテーマを決めて好きな洋楽(女性ボーカルのみ)を5曲選んでみました。今回のテーマは「切ない」です。

切ない洋楽女性ボーカル5選

私は暗い曲が好きです。歌詞は基本的にどうでもいいので、暗い曲が好きということは必然的に失恋の曲とか多くなります。今回はそんな暗めの曲の中でも、私が「切ない~!」と思う洋楽女性ボーカル5曲を紹介します!

JoJo『Too Little Too Late』

まずはJoJo(ジョジョ)の『Too Little Too Late(トゥー・リトル・トゥー・レイト)』です。2006年の曲です。

きっと多くの方がジョジョって聞くと某有名漫画が先に思い浮かぶかもしれませんが(笑)。

Youtubeでの動画

切ない曲で真っ先に頭に浮かんだのがこの曲です。「It's just too little too late(ちょっとだけ遅すぎだよ)」という歌詞が切ない! そしてメロディーラインも切ない感じがめっちゃ出てます。

この曲は一時期ハマりすぎて、もう何十回、何百回リピートさせて聞いたことか。マジで名曲だと思います。ループさせているアコースティックギターのような音が印象的ですね。

ジョジョはこの美貌もあり、カテゴリー分けでは「アイドル」になるのかと思いますが、抜群の歌唱力です。どこかの国の大集団で歌わされているアイドルとは歌のうまさが違いますね。

母親の歌っていた童謡や賛美歌などを、2歳の時には自分でアレンジして歌っていたという。 6歳の時にCBSテレビの子供向けオーディション番組に出演し、アレサ・フランクリンのヒット曲「リスペクト」を披露。主催者であったビル・コスビーをはじめとする多くの観客から賞賛を浴びる。これをきっかけに、著名なアーティストのプロデューサーを務めるヴィンセント・ハーバートの目にとまり、Blackground Recordsと契約することとなる。

ジョジョ - Wikipediaより引用しました。

まじかー(笑)。6歳のときにレコード会社からデビューのオファーをもらったとか、すごいな。

Solveig Sandnes『Untrue』

スウェーディッシュ・ミュージックが流行っていたときに日本でもブレイクしたSoveig Sandnes(ソルヴァイ・サンドネス)の『Untrue(アントゥルー)』という曲(2000年)です。彼女の2枚めのアルバムからの曲です。

Youtubeでの動画

出だしから切ない感が満載の曲ですねー。どう考えても恋愛が上手くいっているようには聞こえません(笑)。ちなみに「Untrue」っていうのは「不誠実」っていう意味です。

メロディー的に非常に歌うのが難しそうな歌ですねー。基本的にソルヴァイは可愛らしい声なんですが、低いパートもがんばって歌っています。

この『Vagabond Squaw(ヴァガボンド・スクウォー)』というアルバムですが、1stアルバムの『Analog(アナログ)』が元気いっぱいだった(こちらの記事では1stの『Marie』って曲を紹介しています)のに対してしっとりとしています。1stのような感じだと思ってて聴いたとき、この豹変ぶりにはビックリしました

しかもあの名作1stを超えてくるとは誰が予想したでしょうか? セールス的には1stの方が売れたと思いますが、私的には断然、この2ndが良かったです。全体を通したオシャレな雰囲気……さすが夫であり有名プロデューサーであるトーレ・ヨハンソンですね。

Princessa『Try To Say I'm Sorry』

スペインのPOPシンガーPrincessa(プリンセッサ)の『Try To Say I'm Sorry(トライ・トゥー・セイ・アイム・ソーリー)』1993年の曲です。

Youtubeでの動画

プロモーションビデオは、なんか妙で微妙な感じですが、曲はいいので(笑)。

アップテンポでリズムカルな曲ですが、バックで効果的に使われているアコースティックギター?か何かの弦楽器の音がたまらなくイイですねー。ぶっちゃけこれだけで気に入りました。

切ない感じが醸しだされていますねー。「Try to say I'm sorry」は「ゴメンと言えなくて……」って感じでしょうか。

確か日本版のアルバムジャケットでは胸元をアピールしたような写真でしたが、私はこちらの洋盤の写真の方が好きです(笑)。ちなみにこの曲はiTunesにはありませんでした。でもアマゾンの中古でCD買っても激安ですんでぜひ!

Beyonce『If I Were A Boy』

今度は私が紹介する曲では比較的新しい2009年の曲です。かの有名なアメリカのシンガーBeyonce(ビヨンセ)の『If I Were A Boy(イフ・アイ・ワー・ア・ボーイ)』です。

Youtubeでの動画

この曲のタイトルは「If I Were A Boy(もし私が男だったら)」という意味です。

ビヨンセは今や超大御所になっているので説明不要かもしれませんね。シンガーソングライター、女優、ダンサー、そしてプロデュースまでこなす才能と美貌に恵まれた人です。3人組(最初は4人だったけど)のグループ「デスティニーズ・チャイルド」からソロデビューをしてからのCDの総セールスが1億枚以上というとんでもない人です。

デスティニーズ・チャイルドのときでも大ブレイクしていた(6,000万枚)なのに、ソロでさらにそれを超えてきたなんて、異常ですね(笑)。

さて、この曲なんですが、実は最初聴いた時には特に気に留めていなかったんです。でも、あることがきっかけでむちゃくちゃいい曲や!という認識になりました。

きっかけは、Youtubeで、Nellie Veitenheimerという人がこの曲をカバーとして歌っているのを見たことです。そのカバーがものすごくよくて、 はっきり言って鳥肌が立ちました。なんやこの歌唱力は!? Nellie Veitenheimerがカバーしているバージョンも見て下さい。

これは『Glee プロジェクト』というアメリカのオーディション番組にNellie Veitenheimerが出演したときの映像なんですが、その魂を込めた歌声に言葉を失いました。アコースティックギターもカッコイイし。ヨス的にはこれ、ビヨンセを超えていると思いました。

もちろんビヨンセの原曲も大好きですよー。ちなみにこのNellie Veitenheimerのバージョンはオーディションで歌っている曲なんで、ちゃんとした録音はされていません。残念だー。

Adele『Someone Like You』

最後に、更に新しい2011年の曲です。イギリス出身のシンガーソングライターAdel(アデル)の超名曲『Someone Like You(サムワン・ライク・ユー)』。

Youtubeでの動画

21
1,500円
(2016.11.08時点)
posted with ポチレバ

もうね、初めてラジオでこの曲を聴いたときの衝撃は忘れられません。もちろん私の大好きなピアノのイントロから始まるのもポイントが高いんですが、このこもったような独特の声(スモーキーヴォイス)が切なすぎて、心に突き刺さるかのようです。これを名曲と呼ばずして何を名曲と呼ぶのか。

Never mind, I'll find someone like you(気にしないで、あなたみたいな人をまた見つけるから)
I wish nothing but the best for you too(私もあなたの幸せだけを願っているから)
Don't forget me, I beg(お願いだから私のことを忘れないで)

歌詞も切なすぎるー!

この曲は2013年にラジオでも、町中でもいろんなところでかかっていたので洋楽が好きな方ならきっと知っている曲だと思います。でもリリースしたのが2011年の2月なんですよ! どういうことかわかりますか?

2011年1月にリリースしたセカンドアルバム『21』は、19カ国で1位を獲得し、年末には売り上げが1,700万枚を超え(21世紀に発売されたアルバムとして3作目)、さらに全米ビルボードアルバムチャートにて発売以来39週連続でトップ5位以内を記録し、マイケル・ジャクソンが持っていた38週連続トップ5の記録を抜いて歴代1位になるという記録を樹立したほか、3つのギネス記録に認定されるなど、次々と快挙を達成。母国イギリスでの売り上げは460万枚を超え、国内歴代セールスは1位クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』(5,863,000)、2位ザ・ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」 (5,044,000)、3位アバの「ABBA GOLD -Greatest Hits」(4,989,000)に次ぐ4位に食い込んだ。

アデル (歌手) - Wikipediaより引用しました。

むちゃくちゃ凄くないですか? アルバムが売れないと言われている今の時代に1,700万枚を売るということがどれだけ大変なことか、音楽をやっていない私にも容易に分かります。

そしてビルボードアルバム・チャートで39週連続でトップ5位以内という長期間に渡るセールスを記録してたんですね。そりゃーずーっとラジオでもかかっていたわけですよー。

そんなこんなで今では世界で注目されているシンガーソングライターになっているんですね。

さて、今回は「切ない」というテーマで選びましたがいかがでしたでしょうか? あとで見てみると90年代の曲が好きな私には珍しく2000年以降の曲を4曲選んでいました。Princessaだけ90年代ですね。

まぁ、いい曲を選んだだけで、年代はどうでもいいんですけど。どの曲も大好きなんですけど、やっぱりJoJoの『Too Little Too Late』を一番いっぱい聴きましたねー。本当に切ない。好き勝手選んでいますが、一曲でも気に入ってもらえると嬉しいです♪

暗い曲が好きな方はこちらもオススメです。

逆に結婚式で使える希望に満ちた曲達はこちらです!

いろんな洋楽を聴きたい方にはApple Music、もしくはAmazon Musicをとにかくゴリ押しします。

とくにAmazonミュージックの場合、3,900円/年ですからね……。しかも音楽だけでなく、映画も見まくりで、Amazonでの買い物も送料無料になる……。やばすぎです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!