2013年10月18日

さすがKUMONの玩具!「くみくみスロープ」が最高によく考えられている件

kumikumislope-250

こんにちは。主夫ブロガーのヨス(@yossense)です!

外の天気が悪いし……ってときに最適なのがブロックとかの集中させる系の玩具です。今回は私が知りうる中では、最強の玩具「くみくみスロープ」を紹介します。マジ最強!

「くみくみスロープ」の感動的な5つのポイント

くみくみスロープの箱
くみくみスロープの箱

KUMONの玩具「くみくみスロープ」とは、その名の通り、スロープを組むおもちゃです。

ブロックというか、パイプを上手く組んでいって、中に玉を転がして遊びます。では、このくみくみスロープの素晴らしい点を5つ紹介します。

異年齢でも遊べる

これ、考えた人は天才ではなかろうかと思っています。さすがKUMONとしか言いようがない最高の玩具です。

だって、二つの「人気の遊びの要素」がミックスされてるんですから。その2つの要素とは「積み木の要素」と「玉転がしの要素」です。

積み木の要素はお姉ちゃん、お兄ちゃんがやって、組み立てられたあとの玉転がしの要素は、小さい幼児が病みつきになります。

1積み木の要素

積み木の要素
小学生は作るのに大ハマリ

これは、子どもなら誰でも想像性を刺激させられるのではないでしょうか?

日本語で言うと積み木ですが、どちらかと言うとLEGO的な要素です。

組み合わせて建物を作る感覚です。もちろん、LEGOほどの自由度は全然ありませんが、玉がどう転がるかを考えながらブロックを積んでいくのは、幼児から小学生の好奇心をコレでもか!と言わんばかりに刺激しまくります。

というか大人もクセになりそうな楽しさです。

2玉転がしの要素

玉転がしの要素
3歳児にはこのビー玉を転がすのが病みつき

これはたまんないですね。快感です。

玉があっちにこっちに転がりまわるのを見るのはめちゃんこ楽しいです。

特に幼児のハマりようはすごいの一言です。玉転がしを何十回やっても飽きません。どんどんどんどん玉を入れていきます。

恐らく、予想もつかないところに玉が転がるのが楽しいんですね。そして、見るだけでなく、そういうことを考えながらブロックを積んでいくのがまた楽しいんですよね~。

あのピタゴラスイッチが!!

Eテレでやっている『ピタゴラスイッチ』は、子どもに、そしてその親達に人気のTV番組です。

その中でも、番組の最後にある玉転がしのやつは、本当に予測不能で大人でもワクワクします。

Youtubeでの動画

この人気番組でいつも見ている玉転がし的なやつを家庭で再現できる……というだけでも子どもの興味を釘付けにする玩具です。

答えがないという楽しさ

こういう玩具の楽しいところは、答えがないこと! これに尽きるでしょう。

こうやらなければ上手くいかない!ということはありません。もちろん、上手く積むコツはありますが、別にバランス悪くたって、壁にもたれさせたり、ブロック以外のものを下敷きにしたってOKです。何をしたって楽しければいいんです

そして、作る度に毎回違う作品が出来るのもいいですね。子どもは「次ももっとすげえの作るぜ!」と燃えることでしょう。

多少の無茶もオッケー

見ての通り、この「くみくみスロープ」はプラスチックでできています。

私はどちらかと言うとナチュラル派なノリの人なので、子どもに与えるなら木の玩具がいいな~と思っています(そこまで実行してないですが)。

でも、このくみくみスロープはプラスチックであることが利点となっています。というかプラスチックでないとダメ!

それは応用の効き具合です。プラスチックは木と違い、少し柔らかいです。なので、ブロックを繋げるときに、多少高さが違っていても強引に引っ張って繋げることができます。でも割と頑丈なので、壊れません! なので、掟破りな感じのいろんな裏ワザ的なことも編み出せます。これが実は楽しい♪

そして、4つの原色(赤・青・黄色・緑)をしているので、色彩的な感覚も刺激されると思います。子どもによっては気に入るように色を揃えたりしますし。

なんてったって値段が安い

こんなにパーツが入って、大人でもめちゃんこ楽しい。しかも、異年齢でも何度も楽しめるし、知的好奇心も刺激しまくる脳の発達にも良さげな雰囲気の玩具。

それなのにこれ、3,000円以内で買えるって知った時、本気で衝撃を受けました。

いや~、これ100%言い切ってイイです。3,000円では元取れまくりです。安すぎでしょう!!

もうね。親の持っていき方によっては、毎日365日遊びますよ。マジで。

これ、もう大絶賛の玩具ですが、意外と知らない友達が多かったので、記事で紹介しました。

たぶん、乳児でも親が組み立てたやつに玉を入れるだけで十分楽しめると思います。

異年齢の子がいても、小さい子のためにお姉ちゃんやお兄ちゃんが張り切って「イイものをアイツのために作ってやるぞ!」とノリノリで作ります。そして作ったあとは、小さい子が延々と玉を転がす。もし飽きたらもう一度壊して作りなおすという素晴らしいローテーションです。

うちの場合、3人きょうだいなのですが、くみくみスロープで遊んでいる時は仲良く遊んでいます。……あ! そうでもないか。たまに、余りにも良い作品が出来た時はお姉ちゃんたちも玉転がしをやりたいらしく、ケンカになっていますね。

とにかく、コスト的にも超オススメですので、プレゼントとかにもぜひ! てか、一度子どもと使ってみると、友達にも教えたくなります。きっと。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!