2014年2月19日

SEOでよく聞く内部リンクって何?

inner-link-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です!

「内部リンク」って言葉、聞いたことありますか? サイトを運営している方やブロガーの間では知っている方がほとんどだと思います。SEOを仕事でやっている方でこの言葉を知らない人がいたら、きっとその方は詐欺師です(笑)。

さて今回は、そんな「内部リンク」についてお話します。

内部リンクについて

WEB制作をしていると必ず出てくる「内部リンク」という言葉。これは一体なんなんでしょう?

内部リンクってなに?

内部リンクとは、外部リンクという言葉の反対の言葉です。分かりやすいため「外部リンク」から先に説明します。

外部リンクとは、自分のサイト外のサイトへリンクを貼る、もしくは外のサイトから自分のサイトへリンクを貼ってもらうことです。

「外部」という言葉の逆の「内部」ですから、もちろん自分のサイト内でリンクすることを「内部リンク」と呼びます。例えばこういうのですね。

これが子どもに『おさるのジョージ』を安心して見せられる理由です。

リンクで飛んだ先も、このブログ「yossense」内です。なので内部リンクと呼びます。

内部リンクを入れる理由

内部リンクは2つの点で有効です。

1訪問客からの視点

分からない単語が出てきたときに、その言葉を説明してあるページにリンクを貼ることで、文章の理解が深まります。例えばこんな文章。

私にとって、マウスと言えばロジクールのM570が最強です。

リンク先を見ることで「へぇ~、こんなマウスあるんや」とか「ヨスってこんなマウス持ってんだ」と思っていただけるはず。

特に専門的な言葉が出てきたときには、積極的に説明ページへのリンクを貼るとユーザビリティーが向上することでしょう。

そして既にその単語を知っている人はリンク先を辿ることなく、文章を読み進められますし。

2Googleからの視点

内部リンクを貼ることは、SEOからの視点から見ても非常に有効です。

Googleは、リンクされたページを評価します。簡単に言うとこのような流れです。

  • Googleがいっぱいリンクされている(参照されている)ページを見る
  • リンクされてる数が多いのはそれだけ信頼性があって便利に違いない!と判断
  • これは評価しなければ! 検索されたときに上の方に表示するようにしよう!

……という感じです。もちろん実際はそんなに単純なものではなく、リンクされる場所やページなんかでも評価は変わってきますが。

なので、文章中の的確なタイミングで、的確なページへのリンクは、リンクされたページ(被リンクページ)の評価を上げることに繋がります。

3サイト運営者の視点

訪問客が、「何この単語? 意味わからん……」ってなると、あなたのサイト(ブログ)からの離脱に繋がります。

あなたのブログに答えがなければ、訪問客は外部サイト(Wikipediaなど)で、その単語を調べることでしょう。そして、そのまま自分のサイトに戻って来なくなるというパターンです。

なので、可能なら自分のブログ内で解決させる記事を用意し、内部リンクを貼ってあげるのが親切だし、離脱を防げます。さらにサイト内の回遊率が増え、PV(ページビュー)が増えます

内部リンクで同じアンカーテキストを連発してもOK?

同じサイト内に、アンカーテキスト(リンクされる文字)を貼ってリンクを飛ばすことはよくあります。

先ほども書きましたが、リンクを貼られることは、リンクを受けたページに良い影響を与える(検索順位を上げるための評価に繋がる)ため、必要とあればできるだけやっておきたいですし。

ペナルティーが怖い?

実は、外部リンク(ほかのサイトからのリンク)では、同じキーワードで、同じページにリンクをしまくると、スパム(違反行為)としてペナルティーを受けることがあります。

例えば「内部リンク」と言う単語をほかのサイトの多数のページ内で連発したとしましょう。そして、その単語すべてからこのページへリンクが貼られていた……という場合なんかです(まぁ、これも普通の数だったら問題ないです)。

なので、「きっと内部リンクで、同じアンカーテキストでリンクをすることもよくないのではないか?」という懸念が生じるかもしれません。

海外SEOブログさんの記事にあるように、内部リンクの場合は、同じ文字で同じページにいくら貼っても問題ないようです。

よく考えると当たり前ですよね。「パンくず」のようなナビゲーションとか、サイドメニューは、基本的に全ページ共通の部分です。ここでは同じ言葉から同じページに何百、何千ページもリンクがあるけど、それも違反になってはたまったもんじゃありません。

記事中の文章も同じで、同じページから1億個のリンクとかw、異常な数のリンクを同じテキストで同じページにリンクしない限り、スパムになることはないです。

今回は内部リンクについての記事でしたが、これはかなり重要なので、ブログをやっている方もサイト運営をやっている方も絶対に意識してやっていくことを強くお勧めします。

実際のところ、面倒くさいんですよね。過去の記事の編集画面を開いて、そこに新しく書いた記事のリンク先を取ってきたりするのは……。そういうときに役に立つ記事も何個か書いていますので、こちらもご参考にどうぞ!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!