「この店 禁煙ですか」の返答に見える喫煙大国の現状

OMIYA!

こんにちは! 香川のブロガーのヨス(@yossense)です!

私は仕事柄、家にこもっていることが多いです。でも仕事とか友達と会うときに、レストランとかカフェを利用することがあります。

そんなときにいつも気になることがあるんですが……。

お店で一番に気になること

お店に行って私が一番気になることってなんだと思いますか?

美味しい店かどうか?

いえいえ。

雰囲気の良い店かどうか?

いえいえ。違うんです。「その店が禁煙かどうか」なんです。

もうね、ぶっちゃけ味とか雰囲気とか二の次です。

子どもが一緒のときや、タバコの煙がちょっとあるだけで体調が悪くなる私の様な者にとっては、お店が禁煙かどうかは死活問題です。

お店に入るときにする質問

なので、お店に入る前に必ずこう聞きます。

ヨス

お店は完全禁煙ですか?

でもその返答がいつもいつもおかしいんです。

大丈夫です。吸えますよ!

もしくは

申し訳ございません。全席禁煙になっております

です。なにがおかしいかって、わたしの期待する返答と真逆だからです。

期待する返答

わたしが期待する返答というのはこちらです。

  • 大丈夫です。全席禁煙になっております。
  • 申し訳ございません。喫煙可能になっております

「申し訳ございません。全席禁煙になっております」なんて謝るのは意味不明です。

今の日本はタバコを吸わない人間の方が多いです。それなのに、なぜタバコを吸う人の目線なの?!

つまり、それだけ今の時代でも日本はまだまだ喫煙大国なんだな……と言うことです。

喫煙可能なお店へ一言

世の中には喫煙をする人、しない人の両方がいます。お店はどちらを優先するかしかないと思うんです。

  • 煙があると体調に害を及ぼす人を優先する
  • タバコを吸えないと体調に害を及ぼす人を優先する

このどちらかです。

でも実際、「タバコを吸わないと体調に害を及ぼす人」は存在しません。

ヨス

タバコ自体が「害」だからですからね。

カン違いしてほしくないのですが、タバコはタバコを吸う人にとっても害なんです。

タバコが吸えなくて死んでしまう!!

……というのが実行できる人は存在しません。だってタバコが吸えないと、人間は健康になりますから。

それでもお店のあなたは喫煙者目線で運営を続けるのですか?

物事は、優先する相手を間違うと大抵おかしい方向にいきます

会社の上司と自分の子ども(幼児)が川で同時に溺れていて、上司を先に助けるのはやっぱりおかしいんですよ。

道路はやっぱ歩行者優先で、危険な車優先ではダメなんですよ。

痴漢の被害者より加害者を優先したらダメなんですよ。

それと同じで、タバコの煙で被害を受ける人より、タバコを吸う人を優先したらダメなんです。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい