タバコが嫌いなら、喫煙できるお店にお金を落とすな!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

わたしはタバコが大嫌いなので、お店に入ったら必ず喫煙のお店かどうかを確認します。食べログも当てにならないので。

そしたら、お店によっては「喫煙可能だけどたぶん大丈夫です♪」のような曖昧な返事をするお馬鹿さんがいるんですよね。

今回は、そういうお店ではお金を使っちゃダメですよというお話です。

お昼はタバコを吸う人が少ないので大丈夫だと思いますよ♪

先日、外食に行ったお店でいつものように禁煙かどうかの確認をしました。

そしたら、残念ながら喫煙可能でした。

そのあとに続けて店員さんがこんなことを言ったんです。

でも、お昼はタバコを吸う人が少ないので大丈夫だと思いますよ♪

ヨス

いやいやいや……そういう問題じゃないんですよ……。

こんなことを言われて、あなたがタバコがイヤでも「それだったら大丈夫かな?」と思ってお店に入るかも知れません。

でもお店を変えましょう。そんなお店に入ってはダメです。

あくまでその店員さんの主観である

そもそもですけど、喫煙のお客さんが来る可能性もあります。だって喫煙可能のお店ですから。

「お昼には喫煙のお客さんがあんまり来ない」というのはあくまで店員さんの主観です。

そんなレベルのことを言う店員さんなので、タバコの煙はぜんぜん気にならないということでしょう。

ということは、実際にはタバコを吸っているお客さんがいるのかもしれません。

店員さんがタバコが平気な方なので、多少モクモクしていても気づいていない可能性があります。

喫煙者が来ても店員さんは責任を負わない

さらに言うと、途中で喫煙者のお客さんが来てとなりでスパスパ吸っても、お店の人は知ったこっちゃありません

お店からすると、喫煙可能という看板を掲げ、お客さんが来てタバコを吸っただけのことです。

文句を言っても、その店員さんは責任を負うことはないでしょうね。

ヘラヘラしながら「すみません〜。こんなこともありますよねぇ♪」的な対応でしょう。

なぜかというとけっきょくは「喫煙可能のお店」という事実には変わりないから。

その店が喫煙可能な限り、煙の被害を受けるかどうかは運に委ねられます。

店員さんの発言はあくまで「予想」なので、責任を負うこともありません。そのくらい無責任に軽いノリで言っているんです。

タバコのダメな人の気持ちがわからない店でお金を使いたくない

けっきょくのところ、お店を禁煙にしていないという時点で、喫煙者優遇のお店だということです。

タバコのダメな人、妊婦、子どもなどの健康よりも、タバコを吸いたい人を優遇しているんですね。

あなたはタバコのダメな人の気持ちがわからないお店でお金を使いたいですか?

喫煙可能の店でも「仕方がない……」と妥協していることも、日本の禁煙対策が遅れている理由の1つです。

喫煙できるお店ではお金を使わないようにしましょう。

ゴミ箱に捨てるのと同じ

お客さんにタバコが嫌いな人があからさまに増えてくれば、さすがにお店も考えるでしょう。

タバコに関しての我慢は何の得にもならないですよ。

さて、今回はお店の方の意識の低い発言を聞いて「はぁ……」とため息が出たことが発端でした。

お店の方の意識は国の未来とかオリンピックの成功とかは関係ないです。目先のお金のために働いているので、お客さんに合わせます。

タバコの嫌いな方はタバコが嫌いという意思表示をしっかりとお店でしましょう

「タバコが吸えるのでしたらほかの店に行きます」という方が1日に5人、立て続けに来店すればさすがに「このままではマズイかも……」って思いますから。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!