就職氷河期世代で30歳になるまでアルバイトしかしたことのない私が「正社員」よりも「バイト」をオススメする理由

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

わたしは俗に言う「就職氷河期世代」です。「人生再設計第一世代」と名称を変えるとかなんとか言ってますがどうでもいいです(笑)。

20代のころ「正社員」にはこだわってなく、30歳になって子どもが生まれるまでバイトしかしたことがありませんでした。

でも、それでもなおわたしは若者に言いたいです。日本で働くなら「正社員」ではなく、「バイト」がいいよ!と。今回はそんなお話です。

日本の会社はクソだけど有用

わたしは、日本の会社で働きたくないという記事も書いているぐらい日本の会社で働きたくありません。

二度と働くことは無いでしょう。

でも、日本の会社も「自分のスキルを伸ばす」という意味で利用するときには有用なのです。

「日本の会社はクソ」と言っているわたしも、日本の会社で働いていて身につけたスキルがあるおかげで今のわたしがいます。

ヨス

皮肉ではなく、本心から感謝しています。

でも日本の会社って就職してしまうと、束縛がすさまじいですよね。

たとえば飲み会とか上司が残っているから仕方なく残業とか。アホくさすぎます。

そういうのを断れるのでしたらいいのですが、できない場合はどうすればいいのでしょうか?

正社員ではなく、
アルバイトに徹しましょう。

日本のアルバイトはいいよ

なぜなら、日本では「アルバイト」というだけで許されることが多く、束縛も少ないからです。業種によるかも知れませんが。

たぶん、会社側も「ソト」という感覚があるんでしょう。

「あのバイトの子、最近頑張ってるなぁ」みたいに三人称として「バイト」って呼ぶことがありますからね。

逆に会社側は「コマとして利用している」という感覚なので、使い捨てとして使われているというのも忘れてはいけません

バイトとして長年入り浸ってしまっては会社の捨て駒として使われて終わりなのでおすすめしません。

それなのになんでアルバイトをオススメするのかというと、自分の得たい技術を学べる学校という意味合いでです。

バイトはどんなふうに振る舞うべき?

では日本でアルバイトをするときにどういうふうに振る舞うべきなんでしょうか?

本気でバイトをするんです。仕事を一生懸命。

可能なら、仕事以外の時間も仕事のことを考えるレベルで。

いや、安い給料なのにそこまでやるなんて馬鹿げてるw」と言われそうですが、会社のためではありません。

誰でもない自分のためなんですよ!!

将来の自分のために、「考える」という行動をクセにするのが大切なんです。

あなたは、安い給料でこき使われているのではなく、お金をもらって学校に通わせてもらっているんです!

間違っても、消費者として人生をすごすクセをつけてはいけません!!

アルバイトを選ぶ基準

じゃあどんなアルバイトを選んだら良いのかと言うと、こういう分野の仕事を選びましょう。

バイトを選ぶ基準

  • 自分が得たいスキルを得られる仕事
  • 自分の関心のある分野
  • 仕事内容がおもしろそう

わたしは、この基準で今までアルバイトをしてきました。

そのスキルを活かしてブログを始めて、書籍まで出しました

考えてみてください。自分が得たいスキルを学ばせてもらえながらお金ももらえるんですよ。素敵じゃないですか?

自分が得たいスキルを練習できるので、能力の伸び率も高くなります。

そうなると、会社側からしても「役に立つ人材」なのでお互いがWin-Winなんですよね。

そして、スキルが身についたら、次の「得たいスキル」を学べる部署に移動させてもらえるようにお願いしてみましょう。

ダメだったら潔く、自分の得たい次のスキルを身につけられるほかの会社に移りましょう。

え? 会社が育てたのに自分勝手に見えますか? でも、もし会社側が失いたくない人材なんだったら、給料を上げるとかして流出を止めればいいだけなんですよ。

でもしませんよね。というか、まぁ、捨て駒なので、次のバイトが入れば済むことですから問題ないんです。これ本当に!

こんな基準でバイトを選んではいけない

逆に、絶対にダメなのがこういう理由でバイトを選ぶことです。

この基準でバイトを選んではダメ

  • 給料がいい(内容は関心がないけど)
  • ラクそう(単純労働とか)
  • 誰でもできそう

日本のバイトで「給料がいい」というのはなにか問題があります。

高度なスキルを要するから給料がいいのではなく、苦痛を伴う仕事でみんながやりたがらない仕事だから給料がいいんです。

そして、誰でもできそうで楽そうなバイトを選ぶと、人はテキトーに仕事をします

ヨス

これを一番やったらいかんのやで!!

テキトーにするということは、時間を売ってお金を手に入れるということです。

バイトをしている時間というのは、
自分の人生の中の貴重な時間であるということを忘れてはいけません。

正社員の話になったら?

一生懸命アルバイトをしていると、こんな話が来るかも知れません。

正社員にならない?

内容によりますが、個人的には日本で正社員になるのはメリットがないのでオススメしません。

でも、正社員になることで、より高度な仕事をやらせてもらえるのなら価値があります。もし可能なら、バイトのまま高度な仕事をやらせてもらえるのが良いですが。

ただ、多くの中小企業では、正社員になっても実質的にあまり給料が増えません。

その代わりに、拘束時間が増えます。会社も「ソト」から「ウチ」として見るようになり面倒くさくなります。

メリットといえば、健康保険と年金のお金の半分を会社が負担してくれるだけですかね。

ボーナスという搾取にも騙されてはいけません。

あれは、本来毎月もらえる給料を1年のうち決められた月に2回もらえる制度ですよね?

つまり、7月までは会社辞めずに社畜しろってことです。人質ですね。

バイトで自分を成長させる

もう一度言います。テキトーにアルバイトをする人がいますが「時間のムダ」すぎるので辞めましょう。

本気でアルバイトするんですよ。

「会社のため」という気持ちは1ミクロンも必要ありません自分の未来のためにです。

レジ打ちでも「効率化はできないか」とか、もっと売れるためにはどうすればいいかとか、暇な時間にも考えまくる。

こういう思考した回数でスキルは向上します

人生は短いです。たくさんのスキルを向上させれば、自信もつくし、将来必ずなにかに繋がります。

おもしろい話が転がり込んできます。

もちろん、自分でなにかをしようと行動することも大事(起業とか)ですが、バイトで常に本気で求められる以上のことをしていたら周りは放っておきませんよ!

さて、今回は就職氷河期の話をネットで見て、勢いで書きました。

ぶっちゃけですが、就職氷河期と当時から言われてましたが、そんなこと意識したことなかったですね。

そんな中「正社員にならないと!」と振り回され、興味もない会社に正社員として入っていたら、人生変わっていただろうなと思います(←ダメな方向に)

人と同じ方向を見ているだけではダメだということです。

自分の人生をよくするために、日本の会社やバイトという立場を利用しましょう!

あと、「発信すること」もオススメなので、ぜひブログやSNSを始めてみてください。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

日本で働くことのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい