[ペナン]バタフライファーム「Entopia(エントピア)」で生きたチョウが舞う中を散歩してきた

ノマド的節約術

この記事にはチョウの画像がいっぱいあるので、虫が苦手な方はご注意ください。

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はマレーシアのペナンにあるバタフライファーム「Entopia(エントピア)」に行ってきました。

Entopia(エントピア)の外観
Entopia(エントピア)の外観

バタフライファームという名のとおり、本当に蝶だらけでしたよ!

わたしは小学校のころ、昆虫マニアだったので童心に帰って大はしゃぎしてきました!

動画にもしていますので、こちらもご覧ください。

※ 記事は下にも続きます。

「Entopia(エントピア)」の詳細情報

まずは、Entopia(エントピア)の詳細情報をまとめました。

「Entopia(エントピア)」の詳細情報
店名 Entopia(エントピア)
住所 830 JALAN TELUK BAHANG, 11050 PENANG, MALAYSIA
電話 (604)-8888-111
料金 ※ こちらに記載しています
営業時間 9:00 〜 17:00
定休日 年中無休(だと思う)
駐車場 あり
クレジットカード 使用可能
喫煙状況 施設内は完全禁煙
公式サイト http://www.entopia.com/

「Entopia(エントピア)」への行き方(アクセス)・地図

Entopia(エントピア)はペナン島の北西の方にあります。

Teluk Bahang Damというダムのすぐ裏にありますよ。

Teluk Bahang Damというダム
Teluk Bahang Damというダム

おすすめのアクセス方法は、タクシー配車アプリ「Grab」を使ってタクシーで行く方法です。

ペナン空港からだいたい70〜80リンギットで行けるはずです。

「Entopia(エントピア)」の混雑状況

Entopia(エントピア)の混雑状況ですが、わたしが行ったのは平日の午前中なのでかなり空いていました。

観光地なので、夏休みなどの長期休暇や週末は混みそうです。

「Entopia(エントピア)」の料金

Entopia(エントピア)の料金はこちらです。

「Entopia(エントピア)」の料金
幼児(3歳以下) OKU IDを提示すれば無料
子ども(4〜12歳) 45リンギット
大人(13〜59歳) 65リンギット
シルバー(60歳以上) 45リンギット
ファミリー
(大人2+子ども2)
202リンギット
ファミリー
(大人2+子ども3)
238リンギット
ファミリー
(大人2+子ども4)
274リンギット
ファミリー
(大人2+子ども5)
310リンギット
ファミリー
(大人2+子ども6)
346リンギット

ちなみに現地の人は安く入れるみたいですよ。

ヨス

子どもが多いとオトクになるのはいいですね!

「Entopia(エントピア)」の外観・内観

今度はEntopia(エントピア)の建物や雰囲気を紹介しますね。

「Entopia(エントピア)」の外観

Entopia(エントピア)の外観の様子です。

Entopia(エントピア)の外観
Entopia(エントピア)の外観

ピーコックブルーのロゴと建物の壁に張り巡らされた植物がきれいですね。

「チョウ」が目玉のはずですが、なぜか大きなカブトムシの模型があります。

ヨス

ほんとになぜ? どうしてチョウじゃないの??

上の画像だと左手側に向かって歩いていくと、チケット売り場と入り口があります。

「Entopia(エントピア)」の駐車場

Entopia(エントピア)には合計67台まで停められる駐車場があります(大型バスは2台まで)。

駐車するのは無料ですよ。

「Entopia(エントピア)」のチケット売り場

こちらは、Entopia(エントピア)のチケット売り場です。

エントピアのチケット売り場
エントピアのチケット売り場

赤いちょうちんがあるのは、旧正月の前に行ったからです。エントピアの料金はこちらになります。

チケットは手首に付けるタイプですので、それを手首につけ、こちらの入り口に向かいましょう。

「Entopia(エントピア)」の入り口付近の様子

エントピアの入り口の様子はこちら。

エントピアの入り口
エントピアの入り口

わたしは平日の午前中に行ったので、けっこうすいていました。

「Entopia(エントピア)」の中の様子

では、Entopia(エントピア)の中に入りましょう。

マスコットキャラクターがいる

入り口に入り、左手側に行くと、まずマスコットキャラクターが出迎えてくれます。

エントピアのマスコットキャラクターたち
エントピアのマスコットキャラクターたち

日本のゆるキャラの影響を受けたっぽいキャラたちですが、カワイイですね。

上を見上げると、天井にはいっぱいのチョウが飛んでいます

上にはチョウがいっぱい飛んでいる
上にはチョウがいっぱい飛んでいる

マップもありますよ。

エントピアのマップ
エントピアのマップ

そういえば、入り口でマップのようなものはもらえなかったですね。

まっすぐに見えるのがこちらの洞窟(Mystery Cave:ミステリーケイブ)の入り口です。

最初に行く所
最初に行く所

まずはここに向かいましょう。

Mystery Cave(ミステリーケイブ)

Mystery Cave(ミステリーケイブ)」に入ると爬虫類のコーナーがあります。

爬虫類コーナー
爬虫類コーナー

ここにはカエルやヘビがいました。もちろん違う水槽ですよ(笑)。

Packman Frog
Packman Frog

「Packman Frog」って書いていました。「ツノガエル」ですね。

こちらは「Wagler's Pit Viper(ヨロイハブ)」だそうです。

Wagler's Pit Viper(ヨロイハブ)
Wagler's Pit Viper(ヨロイハブ)

こんな感じで、いろんな爬虫類・両生類がいました。ヤモリとか。

爬虫類、両生類のコーナー
爬虫類、両生類のコーナー

画像は明るくしていますが、本当はもっと暗いんです。

そして、こんな生き物も!

Giant Forest Scorpion
Giant Forest Scorpion

「Giant Forest Scorpion(ジャイアント・フォレスト・スコーピオン)」です。

特殊なライトを当てている水槽の中では蛍光色に光っていました。不思議ですね。

あと、大きな暗い水槽があるんですが、その中に何十匹というすごい数のサソリがいました。

ちょっとグロいので写真は控えておきます……。

さらにはこんな大きなクモの顔が。

クモのコーナー
クモのコーナー

このクモの顔にある目がクモの水槽になっていて、タランチュラとかが見られますよ。

Tiger Falls(タイガー・フォールス)

この洞窟を出ると、滝のある岩場に出ます。

滝のある岩場
滝のある岩場(Tiger Falls)

左手側を見ると……

エントピアの滝
エントピアの滝

大きな滝がありました。Tiger Falls(タイガー・フォールス)という名前だそうです。

こんな道を進んでいきます。

岩場の道を進む
岩場の道を進む

上の画像の岩にある黒いものは、植物のポットです。

チョウもいっぱい飛んでいます!!

Rice Paper Butterfly
Rice Paper Butterfly

ですが、この付近にはお花がないので、チョウが止まってくれません。チョウを満喫するのはもう少し後になります。

天井辺りにはもっとたくさんのチョウ
天井辺りにはもっとたくさんのチョウ

滝の裏側に行きました。

エントピアの滝の裏側
エントピアの滝の裏側

Home Tree(ホーム・ツリー)

滝の裏側を通って、道を進んでいくと「Home Tree(ホーム・ツリー)」と呼ばれるところに着きます。

こちらはHome Treeまで続く道です。

滝の裏側の道
滝の裏側の道

こんなテレビで見たことのある食虫植物がいっぱいありました!!

ウツボカズラ
ウツボカズラ

これ、ウツボカズラというやつですよね? 初めて見た。

そして、こんな広場に着いたら、じっくりとチョウを堪能しましょう。

チョウを堪能できる広場
チョウを堪能できる広場

もう、いたるところにチョウが飛んでいます。

こんなきれいなチョウ。Neptis Hylas(リュウキュウミスジ)という名前だそうです。

Neptis Hylas(リュウキュウミスジ)
Neptis Hylas(リュウキュウミスジ)

ほかにもこんなタテハチョウの仲間。

タテハチョウの仲間
タテハチョウの仲間
ヨス

めちゃくちゃきれい!!

普通のチョウって、羽の表側のほうがきれいなのですが、このチョウは裏側のほうがきれいでした!(個人的感想)

そして、枯れ葉に似ている羽を持つカレハチョウの仲間。

カレハチョウの仲間
カレハチョウの仲間

近くに、パイナップルを輪切りしたものを置いてあって、そこにたくさんのチョウが群がっていました!!

パイナップルの輪切り
パイナップルの輪切り

エントピアのチョウは警戒心がないため、こんなに近づいても逃げません(笑)。

かなり寄っているのに逃げないチョウ
かなり寄っているのに逃げないチョウ

上の画像、5センチぐらいの距離ですよ(笑)。警戒心なさすぎだろっ!

チョウがたくさんいるということは、お花もたくさんあります。

黄色くてきれいな花
黄色くてきれいな花

ここから上を見てもすごいたくさんのチョウが見られますよ。

上にはチョウがいっぱい飛んでいる
上にはチョウがいっぱい飛んでいる

Water Monitor Lizard(ミズオオトカゲ)がいる

このHome Treeのすぐ近くにはWater Monitor Lizard(ミズオオトカゲ)がいます。

Water Monitor Lizard(ミズオオトカゲ)
Water Monitor Lizard(ミズオオトカゲ)

世界で2番めに大きいトカゲというふうに書いていました。

親子なんですかね? 日向ぼっこをして気持ちよさそうでした。

ちなみに、このミズオオトカゲの近くをマレーシアの国蝶「Trogonoptera Brookiana(アカエリトリバネアゲハ)」が飛んでいました。

マレーシアの国蝶「Trogonoptera Brookiana(アカエリトリバネアゲハ)」
マレーシアの国蝶「Trogonoptera Brookiana(アカエリトリバネアゲハ)」

ちゃんとした写真に収められなかったので、売店に売っていたマグネットの画像で紹介します。

アカエリトリバネアゲハのマグネット
アカエリトリバネアゲハのマグネット
ヨス

めちゃくちゃきれいだったので、写真に撮りたかったです!

Dragon Path(ドラゴン・パス)

そして、Home Treeの先にはちょっと洞窟があります。ここに入りましょう。

ちょっとした洞窟
ちょっとした洞窟

カラフルなゴミ箱がありますね。

この先には「Dragon Path(ドラゴン・パス)」と呼ばれるところに着きます。

Dragon Path(ドラゴン・パス)
Dragon Path(ドラゴン・パス)

「Path」というのは小道ですね。ここには橋があります。

橋がある
橋がある

観光客がここで写真を撮りまくっていて占領されていたので、なかなかこの写真(誰も写っていない写真)が撮れませんでした(笑)。

ヨス

週末なんかだとさらに人が多そうなので、こんな写真は撮れないかもね。

壁にはこんな大きなトカゲのイラストがあります。

オオトカゲのイラスト
オオトカゲのイラスト

ああ、だからさっき、Water Monitor Lizard(ミズオオトカゲ)がいたんですね。

ここにはたくさんのトカゲやヤモリの水槽があります。

トカゲやヤモリの水槽
トカゲやヤモリの水槽

ところが、暑いためか、トカゲたちは隠れてしまっています。

しかも、水槽の表面のプラスチックに太陽光が反射して、中が見えづらいです。

ここにはRice Paper Butterfly(オオゴマダラ)がいましたよ!

Rice Paper Butterfly(オオゴマダラ)
Rice Paper Butterfly(オオゴマダラ)

ここのチョウは、ホントに警戒心がゼロですね……。

こんな間近でチョウを見られる
こんな間近でチョウを見られる

Central Bearded Dragon(フトアゴヒゲトカゲ)もいました。

Central Bearded Dragon(フトアゴヒゲトカゲ)
Central Bearded Dragon(フトアゴヒゲトカゲ)

ちなみに、先に行くには、こんなビニールハウスみたいなところを通って行かなければなりません。

ビニールハウスみたいな
ビニールハウスみたいな

この中には細いクモがいますが、クモの巣を作って離れた所にいるので、苦手な人はさっさと通りましょう。

再び洞窟に

再び洞窟の中を通ります。

再び洞窟へ
再び洞窟へ

エントピアには洞窟が多いですね。

じつはここ、さ先ほどのWater Monitor Lizard(ミズオオトカゲ)の水槽の下を通っています。

そのため、こんなところから顔を出して、ミズオオトカゲを下から見られます。

下から覗けるところ
下から覗けるところ

覗いてみましょう。

ミズオオトカゲを下から見る
ミズオオトカゲを下から見る

ミズオオトカゲがちょうど良い場所にいて、近くで見ることができましたよ。

Aroma Trail(アロマ・トレイル)

そして、お花のいっぱいある「Aroma Trail(アロマ・トレイル)」に続きます。

こんな道を通って行きますよ。

Aroma Trail(アロマ・トレイル)への道
Aroma Trail(アロマ・トレイル)への道

なんか探検に行っているようなワクワク感がありますよね。上にある木とかすごくいい感じ。

アロマトレイルに着きました。

アロマ・トレイル
アロマ・トレイル

ベンチもあるカーブの道です。すでに座っている人がいますね!

木々を見てみると、普通にトカゲが木にいましたよ。

トカゲもいた
トカゲもいた

野生のトカゲ? いや、エントピアは外部の動物は入れないから、放し飼いにしているトカゲということか。

ヨス

きっとエントピアの中で食物連鎖も起こっているんでしょうね。

こんな植物もありました。

Aroma Trailの植物
Aroma Trailの植物

David's Garden(デイビッズ・ガーデン)に続く道

Aroma Trail(アロマ・トレイル)から次の場所は「David's Garden(デイビッズ・ガーデン)」という庭園です。

そこに向かう道の途中がすごいんです。

David's Garden(デイビッズ・ガーデン)に続く道
David's Garden(デイビッズ・ガーデン)に続く道

この下の画像のように、ピンクの花が咲き乱れていました。

ピンクの花が咲き乱れている
ピンクの花が咲き乱れている

ここにはとにかくチョウがいっぱいいます! ちょっと写真を一気にお見せしますね。

黄色のある黒いチョウ
黄色のある黒いチョウ
クロアゲハの仲間?
クロアゲハの仲間?
タテハチョウの仲間かな?
タテハチョウの仲間かな?
こんなマダラのチョウも
こんなマダラのチョウも
Blue Glassy Tiger(ウスイロアサギマダラ)
Blue Glassy Tiger(ウスイロアサギマダラ)

お花も、ハイビスカスがありました。

ハイビスカスもある
ハイビスカスもある

お花の上にはキリギリスのような昆虫もいましたよ。

キリギリスのような昆虫も
キリギリスのような昆虫も

ほかにもいろんな昆虫がいそうですねー。

このあたりを上から見下ろすとこんな感じです。

上から見下ろす
上から見下ろす

こうやって見ると、きれいな小道ですね。

カモがいる

奥のほうにはこんなコーナーが。

何か動物がいる?
何か動物がいる?

何か動物がいるみたいですね。

近づいてみると、カモがいました。

珍しいカモが!
珍しいカモが!

顔の白いカモは「White-Faced Whistling Duck(シロガオリュウキュウガモ)」です。

奥側のはMandarin Duck(オシドリ)だそうです。

「A pair of mandarin ducks is a symbol of perfect marriage and everlasting love(2羽のオシドリは、完璧な結婚と永遠の愛のシンボル)」って書いていました。

こんな青くてきれいなチョウもいました!

青くてきれいなチョウも
青くてきれいなチョウも

David's Garden(デイビッズ・ガーデン)

チョウのエリアの最終地点「David's Garden(デイビッズ・ガーデン)」に着きました。

David's Gardenの道
David's Gardenの道

こんな感じで、「Garden」という名のとおり、緑がいっぱいのすてきな空間です。

奥には緑のトンネルもありますね。

緑のトンネルもある
緑のトンネルもある

池もあります。

池もある
池もある

この池にはなんと! 錦鯉ですよ!

錦鯉
錦鯉

コイを見ていると、ここがマレーシアということを忘れてしまいそうです。

緑がいっぱいということは、もちろんチョウもいっぱいです。

紫のきれいなチョウ
紫のきれいなチョウ
質素な色のタテハチョウ
質素な色のタテハチョウ
ジャノメチョウの仲間
ジャノメチョウの仲間

こんなきれいなお花もあります。

きれいなお花も
きれいなお花も

さらにはお花の「花」の部分だけをエサとして並べているところには、チョウがいっぱい集まっていましたよ。

赤いお花が見える
赤いお花が見える
お花をエサとして配置している
お花をエサとして配置している
お花にたくさんのチョウが
お花にたくさんのチョウが
こんな白い点のあるチョウも
こんな白い点のあるチョウも

レストランもあります

このガーデンには「TAPESTREE」というレストランもありました。

エントピアのレストラン「TAPESTREE」
エントピアのレストラン「TAPESTREE」

ここでは軽食を取れるようです。

レストランの外にもテーブルがありましたよ。

TAPESTREEのテーブル
TAPESTREEのテーブル

ちなみに、このレストランの近くには授乳室やお祈りする部屋(たぶんイスラム教の?)もありました。

昆虫館「Cocoon(コクーン)」の館内

さて、このエントピアですが、チョウだけではありません。

チョウを見終わったところで、ここから「Cocoon(コクーン)」という昆虫館に続きます。

ヨス

ここがちょうど中間地点です。

先ほどのDavid's Gardenから「Cocoon」という昆虫館に入ります。

こんな入口になっていますよ。

Cocoonの入り口
Cocoonの入り口

エスカレーターで上へ

「Cocoon」に入ったら、まず最初はエスカレーターで上に向かいます。

Cocoonの中にはいったところ
コクーンの中にはいったところ

この標識をちゃん見ずに、わたしはまっすぐ行ってしまいました。

この標識の右手側にはこんなエスカレーターがあるので、ここを登りましょう。

コクーンのエスカレーター
コクーンのエスカレーター

チョウの生態系を学べる

ここではチョウの生態系を学べるようになっています。

Pandora Forest
Pandora Forest

チョウの模型が当たり一面に貼られていて、なんとも幻想的な雰囲気ですね。

幻想的な雰囲気
幻想的な雰囲気

こんなトンネルがあって、次のコーナーへと移動しました。

キラキラのトンネル
キラキラのトンネル

いろんなイモムシ(チョウの幼虫)がどんな葉っぱを食べるのかとか、そういうことも学べます。

イモムシがどんな葉っぱを食べるのかなどを学べる
イモムシがどんな葉っぱを食べるのかなどを学べる

下の画像は、成虫のチョウがどんなものを飲んでいるのかを見られるコーナーです。

成虫のチョウがどんなものを飲んでいるのか
成虫のチョウがどんなものを飲んでいるのか

このオブジェもすごいですね。

チョウのオブジェ?
チョウのオブジェ?

ぜんぶ、作り物のチョウでできています。

こちらはイモムシの大きな模型。

大きなイモムシの模型
大きなイモムシの模型

本物の(さなぎ)もありました。

金色のサナギも?
金色のサナギも?

というか、金色のサナギですね!!

この金色のサナギはどうやら「オオゴマダラ」のサナギのようです。

Rice Paper Butterfly(オオゴマダラ)
Rice Paper Butterfly(オオゴマダラ)
ヨス

これは美しい!

サナギのところにこんな大きな蛾が!

世界最大の蛾「ヨナグニサン」
世界最大の蛾「ヨナグニサン」

これ、図鑑でみたことがありますよ。「ヨナグニサン」という世界最大の蛾ですね。

エスカレーターを下って右手へ

チョウの生態系を見たあとは、先ほど登ってきたエスカレーターを下ります。

下った後、そのまま右手に行けば正規ルートです。

こんなブラックライトで照らされた道を行きましょう。

ブラックライトに照らされた道
ブラックライトに照らされた道

壁にはいろいろと文字や絵が描かれていますよ。

しばらく行くと、こんな広い所に出ます。

広場に出る
広場に出る

ここではいろんなコーナーがあって、昆虫もときどきいます。

たとえば、どう見ても葉っぱにしか見えないナナフシ「コノハムシ」とか。

コノハムシ
コノハムシ

なんかよくわかりませんが、こういうコーナーもありました。

虫のカフェ?
虫のカフェ?

虫の運営するカフェですかね(笑)。

ちなみに、ここの目玉はこちらかもしれません。

蚕から糸を取る作業を体験できる
蚕から糸を取る作業を体験できる

そうなんです、(かいこ)から糸を取る作業を体験できるんです。

わたしはやらずに、やっているのを見ていただけですが、結構たいへんそうです。

Underground Mysteries(アンダーグラウンド・ミステリーズ)

そして、最後のコーナーが「Underground Mysteries(アンダーグラウンド・ミステリーズ)」です。

Underground Mysteries(アンダーグラウンド・ミステリーズ)
Underground Mysteries(アンダーグラウンド・ミステリーズ)

アンダーグラウンド、つまり地下の世界ですね。

蟻になった気分を味わえます
アリになった気分を味わえます

見てください。こちらはカブトムシかなにかの幼虫……の大きな模型ですね。

甲虫の幼虫の模型
甲虫の幼虫の模型

かなり大きいサイズで作っていて、自分がアリなどになったかのような体験ができます。

こちらはミミズ……の模型(笑)。

大きなミミズの模型
大きなミミズの模型

そして、ドクロマークのある通路がありました。

ドクロマークのある通路?
ドクロマークのある通路?

勇気があるのなら入ってみてね」と書いていたので、何かと思えば、この通路(膝をついて行く高さ)の先にはゴキブリの水槽があるんです。

ゴキブリとは言っても、日本の家にいる羽のあるやつではなく、森の中に生息する羽がなく動きの遅いやつです。

ちなみに、わたしはゴキブリ駆除の記事を書くほどゴキブリが大嫌いです。

クワガタなどの甲虫も

クワガタなどの甲虫のコーナーも少しですがありました。

こちらはキラキラできれいな甲虫。

クリスマスのベルもいっしょに
クリスマスのベルもいっしょに

クリスマスのベルもいっしょに飾ってありますね。

こちらはヒラタクワガタの仲間です。

ヒラタクワガタの仲間
ヒラタクワガタの仲間

ああ、やっぱりクワガタはカッコいいですね!

お土産物屋さんへ出る

さて、クワガタなどのコーナーをすぎると、出口に着きます。

エントピアの出口
エントピアの出口

自動改札口みたいになっていて、ここでは、手首の入場券をピッとやることで出られますよ。

手首の入場券をピッとやる
手首の入場券をピッとやる

ここは出口と同時に、お土産物屋さんの中になっています。

こんな本物のチョウを額縁に入れているお土産もあります。

チョウのお土産
チョウのお土産

あ、エントピアのキャラクターを使った折り紙もありますね。アルファベットで「ORIGAMI」って書いています。

折り紙もある
折り紙もある

こちらは定番のマグネットになっているやつ。

アカエリトリバネアゲハのマグネット
アカエリトリバネアゲハのマグネット

マレーシアの国蝶「Trogonoptera Brookiana(アカエリトリバネアゲハ)」と、「Entopia」の名前も入っているので人気ありそうですね。

さて今回はマレーシアのペナンにある「Entopia(エントピア)」に行ってきました。

前半のチョウのコーナーだけでも見所満点なのですが、後半の昆虫館もボリューム満点で、わたしの場合は出るまでに3時間半ぐらいかかりました。

小さいお子さんの場合は、途中で疲れてしまうかもしれません。

その場合は、昆虫館「Cocoon」には入らずに帰ってもいいと思います。チョウを見られるだけで十分元を取れますので。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

マレーシアのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
あわせて読みたい