2017年9月16日

もう1つの運営ブログ「英語びより」を更新しました! こちらもご覧ください

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

わたしが運営しているもう一つのブログ「英語びより」で新しい記事を更新したのでお知らせします!

新しい記事はこちらです! ぜひご覧ください!

 ▼  ▼  ▼

参考: 楽しいことは覚えやすい! 自分の楽しいことで英語をラクに覚えよう! | 英語びより

英語びよりを更新しました。

英語ブログ「英語びより」を始めた理由

英語ブログ「英語びより」は、細々とやっていたのですが、毎日3,000回ほど読まれるブログにまで成長しました。

わたしが「英語びより」を開始した理由は、言語が大好きだから!

わたしの運営する「英語びより

日本語教師を目指して学校に通っていたときに気づいたのですが、わたしたは、日本語、英語をはじめとする言語にマニアックでうるさいです(笑)。

言語のネタはいくらでも書けるのですが、「ヨッセンス」で書くにはマニアックすぎるネタが多すぎることに気づいたんですよ。

そこできっちりとブログを分けたほうが書きやすいなと言う理由で「英語びより」を始めました。

「英語びより」のコンセプト

では、この「英語びより」のコンセプトについてです。

「英語びより」はそのタイトルのとおり、英語について書いているブログです。

ただ、ふつうの英語ブログとは違う点があります。それはわたしに日本語教育の専門知識があるということ。

ヨス

英語のブログなのに「日本語教育の知識」は関係ないやろっ!

……と言われそうですが、関係ありありなんです。

日本語の「言語としての専門知識」がない方が英語を教えているのが現状です。

でも、大人に英語を教えるときって、無意識に使っている日本語をちゃんと理解して、それを知った上で英語を教えた方がすんなりと入ってくるんですよね。

日本語のことを知ることで、英語のことを理解しやすくなるんです。

そして、コンセプトとして伝えたいのは「英語の楽しさ」を飛び越えて「言語の楽しさ・面白さ」。

言語の存在目的は他人とのコミュニケーション手段で、勉強することが目的の「学問」ではないんですね。

英語を話すのが楽しくなるようなブログにしたいので、英語や言語の面白さを専門知識も交えながらわかりやすく紹介しています。

「英語びより」を書いている人

この「英語びより」ですが、わたしだけの知識では内容が偏ってしまいます。

わたしの言語の知識での専門分野は「音声学」なので、そんな記事ばかりになるんです。

そこで、「英語びより」ではライターにも執筆をお願いしています。

  • 英語が得意
  • 日本語教育の専門知識がある
  • 「英語」というより「言語自体」が大好き
  • わたしの友達

という方にお願いしています。

「英語びより」のライター一覧

ヨス
元日本語教師で音声学が大好き。英語の発音をマスターするには日本語の音声についての知識が役に立つことを発見し、独自の記事を書いています。海外移住を目指しています。

タカコ
アメリカ在住で主婦をしながら執筆をしている元日本語教師。言葉に対して疑問を持つと、とことん没頭し、深掘りしていく人。アメリカ人の夫も英会話教師をしていたこともあり、2人の言語についてかわすやりとりが面白い。

サト
インドネシア在住で、大学の日本語教師。インドネシア語、英語を操り、中国語の学習歴もあり。留学やスクールにも通わず、TOEICで955点をマークした秘密が受験英語が好きだったという特異体質。教師という視点からいろんな英語の学習方法について語ってくれます。ブログ「satotas(インドネシア語)」を運営。

はつ
オーストラリア メルボルン在住で現地で日本語を教えている現役教師。若い頃からオーストラリアに住んでいた経験があり、英語力はネイティブと同じレベル。西洋ミツバチの養蜂家でもあり、豊富な知識と教師としての「伝える力」を持つブロガー。ブログ「快適ちゃん」を運営。

どうですか? おもしろそうでしょ?!

ブログ「英語びより」もご購読よろしくお願いします

ブログ「英語びより」もぜひご購読いただけるとうれしいです!

 Facebook

 Twitter

 Feedly

さて、今回は「英語びより」を紹介しました。

わたしがマニアックな人だし、英語、日本語をはじめとする言語が大好きな人たちが書いているのでちょっとマニアックな記事も多いです。

楽しんで書いているのが伝わって、英語っておもしろいな!と思っていただけるように頑張ってますのでぜひご購読ください♪

英語びより TOPページ

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!