2013年12月27日

嘔吐下痢を予防! ノロウイルス・ロタウイルスな人生は本気でコリゴリ!

vomit-diarrhea-250

こんにちは! 嘔吐下痢のサポウイルスから完全復帰したヨス(@yossense)です!

今回の嘔吐下痢症も本当に苦しかったです。嘔吐下痢は子どもを持つ家庭なら1シーズン1回は脅威にさらされるのではないかと思います。子どもが小さいうちが特に。そして子どもの数が増えるほど、確率も高く……。

もうね。毎年一回はかかっていますが、ハッキリ言って二度とゴメンです! なのでその対策をまとめてみました!

毎年かかる嘔吐下痢症! 本気で予防しませんか?

我が家では子どもが生まれてから毎年、ノロウイルスかロタウイルスにやられています。今年は初めてサポウイルスというやつにやられましたが……。

そんな毎年かかる嘔吐下痢症なんですが、もうまっぴらです! そして決心しました。本気で予防するぞ!……と。

たとえ、誰か1人がかかったとしても、二次被害は食い止めるぞっ!!と。

嘔吐下痢の予防に

嘔吐下痢予防の基本と言えば、 やっぱり手洗いうがいでしょうね。風邪とかインフルエンザ予防もそうだと思いますが。

我が家では、子どもが帰ってきたらすぐ台所に来て、学校であったことをパパと話すという習慣があります。その後に手洗いうがいをさせていたので、話が盛り上がりすぎたときには忘れることもあります。というか、結構ありました。

なので、これは改善します。外から帰ってきたら、何が何でも手洗いうがい!!

プッシュ式の石鹸がオススメ

という訳でプッシュ式手洗い用の「シャボン玉石けん」を購入しました。私の食器洗いによる手荒れを直してくれたステキなやつです。

固形石鹸の方が面倒だけど安いという話を聞いたことがありますが、子どもの手洗いのしやすさを優先させると、こういうポンプ式の石鹸を選ぶのが賢明だと思います。しっかり確実に洗えますので。ただ減るのも早いのが難点。

なくなると困るので詰め替え用も同梱で買っておくのをオススメです。

あと業務用の4リットルのやつもあるそうですね。幼稚園のママ友と割り勘すれば安く買えると思います。

うがいはどうする?

うがいにはうがい薬がありますが、うちは3歳児もいるので、そこまではできません。なので、水のみで、やったかやってないか分からないレベルのうがいでも良しとしています。

ちゃんとうがいのできる子の場合は、きちんと喉の奥まで水が行くようにしてガラガラうがいをさせると良いそうです。

ネットでうがい薬を調べていたらこんなものが。

なんと「キレイキレイにうがい薬があるんですね。しかもアップル味!? ……うう、試してみたい。もう食べ物の感覚で考えていますねw。

まだ菌が心配な方には

手を洗うだけではまだ心配なときには、こういう消毒ジェルがオススメです。家族に嘔吐下痢の人が出たときだけ使えばいいと思います。

この「知ってしまった新しい手の洗いかた」って書いてあるアライグマが可愛いです。

人気の空気清浄機

予防として最後に紹介するのが、ダイキンの加湿空気清浄機です。私は持っていませんが、ウイルスを抑制してくれるんだそうですね。

噂には聞いていますが、今のお財布では買えません。でも欲しい~!!

でもこれで、嘔吐下痢になる確率がちょっとでも減るなら価値あると思います。本気で避けたいですからねー。

タオルや歯磨き粉は別々に用意

これも感染予防の基本なんですが、トイレや洗面所、台所のタオルは感染した人用と伝染ってない人用の2つを用意しておきましょう。さらに頻繁に変えられたらベターです。

あと、歯磨き粉も盲点です。唾液が直接付く可能性が激高なので、絶対に感染者とは分けましょう。歯ブラシに直接付けないとかでも良いと思います!

子どもとの接触

最後に子どもからの感染を防ぐ鉄則を!!

  • 嘔吐などを素手で処理しない
  • 絶対に口をつけたものを食べない
  • チューは絶対にしない

私の場合は、子どもが口にしたものを同じスプーンで食べるとか、同じコップで飲むというのが習慣になっているので、無意識にやってしまっての感染がほとんどです。ほとんどというか全部かも知れません!

いくら消毒! 除菌!って言っても、ここを怠ると全く意味がないです。もう、マジで一瞬で伝染りますから! いろいろ書きましたが、子どもからの感染を予防するにはこれが一番大切です。

嘔吐したときの処理

私の経験上、子どもが嘔吐を開始するときって、夜中が多いんですよね。やっぱ横になっているから戻りやすいんだと思います。

つまり、布団が大惨事になるというわけです。今回の嘔吐下痢では本当に苦しみました。

使い捨ての手袋が必須

嘔吐があったときの処理には必ず使い捨ての手袋をはめましょう。これは必須です!! 嘔吐下痢症の感染経路は汚物からの感染が圧倒的に多いからです。

という訳でうちで使い始めたオススメのビニール手袋はこちらです。

100枚でこの値段は激安ですね。使うときは片方だけで良い場合が多いので100回使えるという訳です。なのでためらなく使えます。そもそも、嘔吐下痢のときにお金が原因でためらってはいけません! 手袋をはめて、使い捨ての雑巾とか捨てる衣類なんかで拭き取りましょう。拭いた雑巾とかはビニールに入れて捨てます

嘔吐下痢症の子どもに座薬を入れるときにも絶対に装備しておきましょう!!

余談ですが、香川県では手袋を装備することを「手袋をはく」と言います。別に香川県民が手を「前足」と呼んでいる訳ではありません(笑)。私も県外で住んで初めて方言だと知りました。北海道でも言うと聞いたことがあります。

マスクもあれば

あと、マスクもしておいたほうが良いようですね。インフルエンザ対策に使い回しできるので買っておいて損はないと思います。まとめ買いでお得だし。

でもなー。めんどくさい……というか、子どもが嘔吐したときにこれ着ける余裕あるかなぁ

え? 最強の嘔吐処理アイテムか?

ちょっと、ちょっと、ここまで書いていてスゴイものを発見しました! これ、マジで激ほしい!! その名も「高性能嘔吐物凝固剤 オウトロック」!

名前が「オートロック(自動施錠)」にかけて「オウト(嘔吐)ロック」ですよ(笑)!? 英語表記で「OUTO LOCK」って書いていますが、ネイティブだときっと「アウトゥ」って読むと思いますw!

そんなひょうきんな名称ですが、内容を見ているとド肝を抜かれました。なんと! ゲロを固めて処理しやすくするらしいんです!! しかも除菌まで!!

マジかぁ!? 夢みたいや! ゴキブリを固めて包み込むスプレーも神グッズやと思いましたが、これも神グッズですね!!

ウチではお守り感覚で買って置いてあります。(2015年11月28日追記: まぁ、このとき以来、嘔吐下痢になってなくて、まだ使っていないんですけどね)

嘔吐に汚染された物の消毒

嘔吐がついたシーツとか、床を目にすると呆然とすることでしょう。でも、その汚物から第二次感染へと繋がります。なので汚物を処理した後は、消毒をできるだけオススメします。それも早ければ早いほど良いです。

塩素系漂白剤が消毒に良い

塩素系漂白剤が除菌に良いそうですね。簡単にシュッと嘔吐を取った後の床とか汚れたシーツとかに吹きかけて除菌できるやつを調べてみました。うちでも常備しているクレベリンスプレーはオススメですよ。カビにも効くので、使わなければ、大掃除のときにお風呂場で大活躍間違いナシです。

でもさっき上で紹介した神グッズの「オウトロック」にも除菌効果が書かれていたので、これ一つでいけるんだと思います。

ちなみに汚れたシーツとか衣類を洗うときは、普通の洗濯物とは別に洗いましょう!

クリーニングもアリ

布団がどうしようもなく嘔吐の海になってしまった場合は、クリーニングに出すのもアリです。というかプロに任せた方が手っ取り早いと思います。

もちろん、ゲロがびっしりついたまま出すとかは止めましょう! 非常識やんな、やっぱw。

布団を「ゲロの海」にするのを防ぐ

一度嘔吐があると、二度目があると言って間違いありません。うちの長男の場合は7度もありましたから。

なので、枕元には必ず洗面器を置いておきましょう。できるのでしたら常に嘔吐専用の洗面器を置いておくとよいかもです。冬の間だけでも。

実際のところ、洗面器があるだけで安泰というわけではありません。小学生になると自分で気分悪いときに洗面器に手を伸ばせますが、幼稚園児以下になると、夜中に様子がおかしいことに親がいち早く気づけるスキルが必要です。

ただ、隣に寝ていたら子どもの様子が変だと意外と気づくので、そのときに「嘔吐するかもしれない!」と関連づけられるかどうかが鍵だと思います。冬場=嘔吐ぐらい思っておいた方が良いですね。ゲロの海だけは絶対に避けたいですから。

嘔吐下痢症のときの飲食に

嘔吐をしてすぐは何も飲まない方が良いです。だってすぐに嘔吐アゲインするのがオチですから。あ、食べるのはもっとダメです!

なので、2~3時間は何も飲まないようにしましょう。2時間で脱水症状にはならないと思いますし。

そして、吐くのがおさまれば、食べ物よりも飲むものを先に飲みましょう。そのときにオススメなのがこちら。

糖分控えめのポカリ

OS-1(オーエスワン)という経口補水液です。ポカリスエットの糖分を抑えたバージョンって感じです。お医者さんに勧められて買いましたが、これが大活躍でした。ジュースだと言って飲ませると、子どもは喜んで飲みました。

お医者さんの話では、こういうときにいきなりポカリはちょっと糖分が強すぎるんだそうです。なので、OS-1が良いと。あと、幼いお子さんに飲ませるときはスプーンなんかでちょびっとずつ飲ませると良いです。

私も実際に飲みましたが、本当に糖分を少なくしたポカリって感じの味です。そのまんま。ちょっとしょっぱいかな?って感覚がするぐらい糖分は少ないと思います。

ちなみにこんな注意事項が書いてあります。

下記の1日当たり目安量を参考に、脱水状態に合わせて適宜増減してお飲み下さい。

  • 学童~成人(高齢者を含む):500~1000ml/日
  • 幼児:300~600ml/日
  • 乳児:体重1kg当たり30~50ml/日

嘔吐下痢なんだから、そもそもガブ飲みは良くないので、そんなに気にすることもないとは思います。

もちろんまとめて買った方がお得ですので、念のために紹介。

私は病院の横の薬剤店で買ったので一本200円でした。ネットで見ているとアホみたいに損した気分です。

おかゆの最高の友人

嘔吐下痢のとき、食べられそうならまずはお粥から始めましょう。カツ丼とかは絶対ダメです。ただ私は個人的にお粥のみでは食べられません。もう無理!

でもこの魔法のアイテムさえあれば、2~3杯は食べられます。それが海苔佃煮の「アラ!」です。

もうこれは私の好み以外の何ものでもないのですが、超オススメです。

ネットだとこんな10個入りとかも売っています。もう病気じゃなくても食べまくって下さい。

ちょっと思ったけど「アラ!」って全国区やんな?「ごはんですよ!」の方が全国区?

さて、今回の記事は、先日書いたこちらの記事の続きとして書きました。小さいお子さんのいる方にとってマジで役に立つ記事を書いたつもりです。

だって私の8年間の嘔吐下痢症との戦いの全てが書かれていますから。

とりあえず、紹介した中でも最強な雰囲気満載の「嘔吐ロック」をゴリ押ししておきます。

▼  ▼  ▼

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!