[讃岐うどん] 山とも の細麺を「あつあつ」で食べてください! 病みつきです(完全禁煙)

ノマド的節約術

こんにちは! 今日も讃岐うどんが美味い!香川のブロガー ヨス(@yossense)です。

今回はわたしのお気に入りのお店の1つ「山とも」を紹介します。

山とも は2015年にできた比較的新しい店で、地元で評判のお店です。

でも、『ブラタモリ』という番組で紹介され、一気に全国区になった気がします。

山ともの麺を持ち上げる
山ともの麺を持ち上げる

「山とも」の外観

山ともは、以前「むさし」といううどん屋さんがあったところに2015年にオープンしたお店です。

旧11号線の宇多津と丸亀の間ぐらいにあるお店です(讃州製麺の近く)。

こちらは山ともの外観です。

山ともの外観です
山ともの外観です

アパートの1階みたいなところにあります。

こののれん、一見「もと山」に見えますね(笑)。でも「山とも」です。

テーマカラーがうどん屋には珍しいオレンジ色ですね。

ちなみにこの「のれん」の色ですが、今はけっこう色あせてます(笑)。

山ともの中の様子

店内はそんなに広くないですが、小綺麗です。

山ともの内装
山ともの内装はこんなの

完全禁煙なので安心して食べられますよ。

山ともの店内の様子
山ともの店内の様子

普通のテーブルだけでなく、座敷もあります。

実はこのお店、NHKの『ブラタモリ』で紹介されて、さらに有名になってしまいました。

店内にはたくさんのサインが
店内にはたくさんのサインが
ヨス

有名人のサインもいっぱいありますね。

山ともはセルフ式のうどん屋なので、入り口に入ってすぐ右手側にあるトレイを取って注文しましょう。

こちらは注文するところです。

山ともで注文をするところ
山ともで注文をするところ

上に写真付きのメニューがあります。

山とものメニュー
山とものメニュー

メニューについてはあとで詳しく書いていますよ♪

店長さんが手打ちしている!

お店では若い店長さんが手打ちをしています。

お店の看板にも「純手打ちうどん」と書いていますが、わたしのゴリ押しのお店よしやと同じで全工程を手打ちでやっているそうですよ。

山ともの店長さん
山ともの店長さん

この写真を撮った日も麺を切っていました。

店長さんは、山内うどんで修行されていたとお聞きしました。

ヨス

なんと! 23歳という若さでの独立だそうです!

こちらは天ぷらとおにぎりです。

天ぷらたちです
天ぷらたちです

あと、「おあげ」や「温泉卵」も単品でトッピングとして追加できますよ。

注文してお会計を済ませると、「1」のような数字が書かれた磁石(冷蔵庫に貼るやつ)を渡されます。

これを持ってテーブルに着き、呼ばれたら注文したものを取りに行く……というじゃっかんめんどくさい仕組みです(笑)。

座敷は2テーブル分だけあるのですが、わたしはけっこうこちらで食べています。

テーブルには「味の素」「一味唐辛子」「しょうゆ」がありました。

座敷の机の上
座敷の机の上

あとショウガは自分ですりおろすやつでした。わたしは衛生的に、この手のやつは苦手なのでショウガは諦めました。

テーブルで待っていると、「1番の方ぁ〜!」と呼ばれるので、自分で取りに行きましょう

注文したら後ほどカウンターに置かれる
注文したら後ほどカウンターに置かれる

カウンターのところにネギ、ポン酢、レモン汁、味の素などが置かれています。

香川県のうどん屋では珍しいのですが、「天かす」は置いてないし、おでん もありません

【オススメ】 山ともの「かけうどん(あつあつ)」が最高すぎる

わたしは何度も「山とも」に通いつめていますが、山とも の「かけうどん」は最高です。

特に個人的にオススメしているのが「あつあつ」です。

麺もダシも熱い「あつあつ」です。わたしは真夏でも注文しています。

山とものかけうどん
山とものかけうどん

実は上の写真は「ひやあつ(温かいダシ+冷たい麺)で、下の写真が「あつあつ(温かいダシ+温かい麺)」です。

山ともの「あつあつ」うどんが最高
山ともの「あつあつ」うどんが最高
ヨス

まぁ、見た目はいっしょやわな。

特徴的なのは、山ともの「細麺」です!

山ともの麺を持ち上げる
山ともの麺を持ち上げる

どうですか? 細いでしょ?

同じ細麺でも上田うどんとはまったく雰囲気が違います。

麺はもっちりしていて、引っ張るとびにょ〜んと伸びるほど!

温かいダシの旨味と、この細麺がめちゃくちゃ合うんですよ。

特別なグルメじゃないわたしでは、これ以上の言語化ができないのですが(笑)、とにかく「あつあつ」を注文してほしいです。

山とも の「あつあつ」が美味しすぎる
山とも の「あつあつ」が美味しすぎる

わたしは、山とも の「あつあつ」を頼んだときは必ず「大」を頼みます。

「大」は多いからと、「中」にしたときは必ず「大にしたらよかった」と後悔するほど美味しいので。

香川の人がよくやる「麺を噛まずに飲む」なんてもったいない! って思います。

この弾力を味わわないなんて! わたし好みの食感で、癖になりそう。

ひやあつ(麺が冷たく、出汁が温かい)です
ひやあつ(麺が冷たく、出汁が温かい)

あと、出汁も美味しいのなんの!

少し濃いめの味でした。いや、そう感じただけかもしんないけど、しっかりと出汁の味を楽しめましたよ。

ダシも飲み干しましたよ。

出汁まで全部飲み干しました
出汁まで全部飲み干しました

この最後に残ったのはイリコですね。

山とものメニュー

こちらは、山とものメニューです。

山とものメニュー
山とものメニュー

ほかのうどん屋さんと比べて超シンプルですよね。

山とものメニュー(小)
かけうどん
(あつあつ・ひやあつ・ひやひや)
260円
ぶっかけうどん 300円
しょうゆうどん 260円
ざるうどん 330円
湯だめうどん 310円
かま玉(風)うどん 320円
カレーうどん 530円
肉うどん 480円
肉ぶっかけうどん 510円

中サイズは基本的に+100円大サイズは+200円になっています。

ほかのお店と違って「釜揚げうどん」がないのは、細麺のため、すぐに茹で上がってしまうからでしょうね。

「かけうどん」はこちらの3種類から選べます。

  • あつあつ(麺→温・だし→温)
  • ひやあつ(麺→冷・だし→温)
  • ひやひや(麺→冷・だし→冷)

先ほども書きましたが、個人的には「あつあつ」をゴリ押しします。

ぶっかけうどん(300円)

こちらは、山とものぶっかけうどんです。

山とものメニュー
山とものメニュー

注文した時点では何も載っていないので、注文するところで受け取ってネギを載せました。

ふつうのうどん屋さんにはある「天かす」は付いていません

ダシは薄めで、思いっきり「麺を楽しむぶっかけうどん」ですね。

こちらはトッピングとして+60円の温泉卵を追加しました。

山とものぶっかけうどん + 温泉卵
山とものぶっかけうどん + 温泉卵
ヨス

見かけから一気にレベルアップ!

この温泉卵はかけうどんにトッピングしてもいいですね。

【おまけ】ミカンのお持ち帰りサービス?!

冬のある日に行ったときには、ミカンのお持ち帰りサービスをやっていました。

冬のある日には「みかん」のお持ち帰りサービスとかやってました
冬のある日には「みかん」のお持ち帰りサービスとかやってました

田舎っぽくていいですね! 山とも最高です。

さて、今回はわたしのお気に入りのお店の1つである「山とも」を紹介しました。

個人的感情ですが、超若い店長さんをむちゃくちゃ応援しています。感じも良いし、腕も確かなので!

ここの細麺での かけうどん は絶対にためしてくださいね!

住所
香川県丸亀市土器町東9-194
電話
08019923716
営業時間
9:00~14:00
定休日
日曜日
うどん屋のタイプ
セルフタイプ

わたしのオススメのうどん屋さんをまとめた記事も人気です。こちらもどうぞ!

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

讃岐うどんの紹介のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
あわせて読みたい