2013年7月10日

[讃岐うどん]ぶっかけうどんの美味しい上田うどん(完全禁煙)

udon-ueda-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です!

今回は、私の一番の行きつけのうどん屋の1つ「上田うどん」を紹介します! ここの「山玉ぶっかけ」は必食ですよー。

上田うどんの情報

上田うどんの外装

こちらは上田うどんの外装です。

一般的なうどん屋って感じ
上田うどんはこんな外装です。一般的なうどん屋って感じです。

「喉ごしと弾力の麺」というキャッチフレーズです。

で、この場所から反対を向くとなんとそこには!?

飯野山(讃岐富士)を臨むロケーション
飯野山(讃岐富士)を臨むロケーション

そうです。飯野山こと讃岐富士!! なかなかのロケーションじゃないでしょうか!

私の知る限りでは、飯野山がここまで見事に見えるうどん屋さんはありません。

上田うどんの内装

さて店内に入ると、いつも店長さん趣味(?)の懐メロがかかっています(笑)。

席の配置も変わっているんです。「コ」の字型の「吉野家」みたいな配置!

コの字型のテーブル配置
吉野家のようなカタカナの「コ」の字型のテーブル配置。

なぜこの配置なのかはわかりませんが、完全禁煙なので安心して家族で来られます。ちゃんと入り口にも「禁煙」の表記があります。

ただし、気候の良い日だと、この写真のように入り口が網戸になります。

入り口の向こうに喫煙所があるので、もしタバコを吸われる方がいたら、戸を閉めてもらうようにお願いすると良いと思います。

上田うどんのメニュー

では上田うどんのメニューです。

このお店、本当にメニューが多いんですね。しかも季節限定のメニューもあります。

上田うどんはメニューが豊富!
上田うどんはメニューが豊富!

上田うどんの「ぶっかけうどん」は全部、基本は細麺です(理由はあとで♪)。

温かいうどんは基本的に太麺。でも太麺から細麺への変更は可能だそうです。

  • 大(2玉): +80円
  • 特大(3玉): +180円

けっこう量は多めですが、わたしはいつも大にしています。特大は本当に多いので注意!

あと、オススメなのは、「たこ飯+選べるうどん」のセット。

たこ飯も食べられる
たこ飯も食べられる

430円でぶっかけうどんに「たこ飯」までついてくるんですよ!

山玉ぶっかけが絶品!

さて注文は……というと、もちろん山玉ぶっかけ(450円)です。

上田うどんの山玉ぶっかけ!
いつもの上田うどんの美味しい山玉ぶっかけ!!

山玉ぶっかけとは、ぶっかけうどんの上に「山=山芋」と「玉=卵」が乗っているぶっかけうどんです。

ちなみに上田うどんの「ぶっかけうどん」の特徴はこんな感じです。

  • 出汁が麺に絡まりやすくなるために細麺!
  • 出汁は他のうどん屋より甘め!
  • 香川県では普通「うどん=ショウガ」なのにワサビ!

この「ぶっかけうどん」だけ細麺というのが本当に特徴的です。

上田うどんの麺は細麺でコシもしっかり!
上田うどんの麺はコシもしっかりある細麺。

なぜかというと、麺にダシがからみやすくなるからなんですね。表面積が増えるから。

麺が細いのはこっちの写真の方が分かりやすいかな。

「なめたけぶっかけ」の細麺
「なめたけぶっかけ」の細麺

上の写真は「なめたけぶっかけ」の写真です。「自家製なめたけ」を乗せた人気メニューです。

細麺とは言っても、もちろん讃岐うどんのしっかりとしたコシがあります。

では、山玉ぶっかけを混ぜます。わたし的にはこれが大事な儀式です。

ぐちゃぐちゃに混ぜる
まずはぐちゃぐちゃに混ぜる!!

まずは山芋の粘り気を麺全体に絡めます。温泉卵もぐちゃぐちゃに! 泡も立って、結構見かけは悪くなりますが、これが美味しいんです。

ワサビ(お椀の左上に乗っているやつ)も混ぜます。

甘めの出汁が、コシのめちゃくちゃ強い細麺にしっかりと絡んで、山芋のすりおろしが出汁を良い感じの濃さにしてくれます。

混ぜきる
混ぜきりました。ワサビは混ざりにくいですが、気合で混ぜます。

山芋のネバネバ感と温泉卵のトロトロ感が、出汁とマッチしているため、出汁をすべて飲み尽くさずにはいられません。

ワサビの鼻ツーン感も適度にアピールしてくれ、五感をフル刺激してます。

まぜて持ち上げる
混ぜた状態でもう一度持ち上げる! 細麺ってのがよく分かると思います。
ぐちゃぐちゃに混ぜる

というわけで一瞬でぺろりです!

私には、この出汁を飲み干さないのは無理っ!!

食べたあとのお楽しみ

さて、食べたあと、実はもう一つのお楽しみが残っています。

それはサービスでもらえるキャンディーです。

サービスのキャンディー

ウチの子どもたちは、この飴目当てで来ているかもしれません(笑)。

梅肉が入ったキャンディーなんですが、食後にめちゃ美味しい。

ちなみに出口付近に置いていますので忘れずに持って帰りましょう!!

コーヒーキャンディーもあります。何個取っても文句は言われないと思いますが、常識の範囲でお願いします(笑)。

上田うどんのほかのメニュー

上田うどんで食べられる他のメニューも紹介します。

ぶっかけうどんはメニューが豊富ですが、こちらもオススメです。

自家製なめたけを乗せた「なめたけぶっかけ」
自家製なめたけを乗せた「なめたけぶっかけ」

なめたけぶっかけ(380円)。この甘くて美味しい味付けの「なめたけ」は自家製なんですね。

さらに「なめたけぶっかけ」に「温玉」と「やまいも」を乗せた超豪華メニューもあります!

「なめたけ」+「温玉」+「やまいも」のぶっかけ
「なめたけ」+「温玉」+「やまいも」のぶっかけ

こちらは秋限定の「きのこぶっかけ」。

秋限定きのこぶっかけ
秋限定きのこぶっかけ

こちらはカレーうどん。

カレーうどんもあります
カレーうどんもあります

麺は温かいメニューなので「太麺」になっていますね。

さらには「平打ち麺」になるメニューもあるんです。それが「坦々うどん」。

自家製の辛く味付けされたミンチを使った坦々ぶっかけを注文しました。

自家製の辛い「坦々ぶっかけ」
自家製の辛い「温玉坦々ぶっかけ」

これはけっこう辛かったです。でもおいしい。平打ち麺というのも独特の食感でいいですね。

本当に上田うどんは、メニューによって麺の太さにまでこだわっています。

さて、初めての讃岐うどん紹介でした。香川県人としてはやっぱり讃岐うどんの紹介はしたくなりますよね。

上田うどんはそのすばらしい実力の割にまだまだマニアックな店だと思いますので、県外の方にぜひオススメしたいです。

ちなみに上田うどんの店長はもんのすごく、気さくで良い人です。

気配りも素晴らしくできていて、子ども用のうどんを「かけうどん」などの温かいメニューで頼んだ時に、「ぬるめにしようか?」と聞いてくるほど! これはすごい心配りです。

あ、香川に来た際は、うどん打ち体験もアクティビティーとしてオススメです。

自分で本場のうどんを作って食べるなんて最高ですよー♪

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!