2015年3月27日

[讃岐うどん]「がもう」の きつねうどん は必食! 地元の人で常に賑わう人気店(完全禁煙)

slooProImg_20150326215325.jpg

こんにちは! 今日も讃岐うどんがうまい!香川のブロガー ヨス(@yossense)です。

今回は超有名店でありながら、ずっと香川県に住んでいながら、今まで行ったことのなかった坂出市にある「蒲生(がもう)」というお店です。

がもうのかけうどんのアップ
「がもう」のかけうどんのアップ

がもう の情報

「がもう」はちょっと行くまで大変

この「がもう」ですが、普通に行こうとするとすっごく狭い道を通って行くことになります。

どんな狭い道かというと、車1台がやっとこさ通れる道です。横には川が流れてます。一方通行じゃないのが不思議レベル(笑)。

でも、こちらの写真のように裏道から行くと……

「がもう」には裏道から行きましょう
「がもう」には裏道から行きましょう

割とすんなり行けちゃうんですよ! この古びたお酒屋さんの名残りのある建物の横から入れます。

めっちゃわかりにくっ!

「がもう」は基本的に並ぶ店

がもうに着いたのは11時過ぎです。まぁまぁ、並んでますね。でも、これは空いている方だそうなんです。

がもうで並んでいる人々
「がもう」で並んでいる人々

列ができてますが、このお店自体が狭いだけなので、普通のお店だと、全員が店内に座れてる感じですね。伝説のうどん屋「なかむら」と同じ感じですね。

上の写真の右の方に灰皿がありますが、誰も吸ってなかったので良かった……。

やっとお店に入れそう!
やっとお店に入れそう!

さぁ、お店にやっと入れそうです。店の真ん前には灰皿がないのはいいですねー! まだまだそういうお店が多いので……。

がもうの入り口です
「がもう」の入り口です

「がもう」の入り口です。営業時間は8:30~14:00です。ただし、麺がなくなり次第終了なので、人気店は急がないといけません。

ヨス

定休日は、第3・第4月曜日、そして日曜日です。月曜が休みのうどん屋は多いのでご注意ください。

店内は割とごった返しているよ

「がもう」の店内です。これはヤバイですね。狭すぎ(笑)! 全然空いている方でしたが、店内はごった返しています。

「がもう」の店内
「がもう」の店内

本当に混んでいる時なんか、えらいことになりそう……満員電車みたいになるのかな。

この右手側に座る席がありますが、10人も座れるかどうかレベルの席なので、基本的には外で食べると思っていてください。

念のために書いておくと、店内は完全禁煙です。でもほぼ座れないし、この中で落ち着いて食べるのは不可能なので外に行く方が賢明です。

がもううどんのメニュー
がもううどんのメニュー

がもうは非常にシンプルなメニューですね。

  • うどん小(1玉)150円
  • うどん大(2玉)250円
  • うどん特大(3玉)350円
  • 天ぷら(1個)100円
  • あげ(1枚)100円
  • 温泉たまご(1個)100円
  • 生たまご(1個)50円

こちらは「がもう」のトッピングコーナー。天ぷら、卵、おあげなんかがあります。

「がもう」のトッピングコーナー
「がもう」のトッピングコーナー

このおあげとかけうどんの組み合わせが最強という話を先日お会いしたアスカさんが言っていたので、かけうどん(大: 250円)とおあげ(100円)を、迷わず注文しました。確かにこれはジューシーで美味しそう!!

そもそも「がもううどんに来ないと!」と思ったのもアスカさんをはじめ、県外の人も絶賛しているのに「香川に住んでるのに『がもう』に行ったことがない」というのは微妙だと思ったからです(笑)。

参考: [香川うどんの旅] 「がもう」で一番の“あげ”が完売でも、太陽の下で食べるうどんは美味い! : め~んずスタジオ

あ、そうそう。「がもう」はコアなセルフで、注文したらうどんのみが器に入って出てきます。それを持って、だしの入った蛇口まで行きます。冷たいだしか、温かいだしかを選べます。

温かいだしはこちらで入れる
温かいだしはこちらで入れる

温かいだしはここでおたまで入れます。ネギもここにあるのでお忘れなく!

冷たいだしは蛇口から入れます
冷たいだしは蛇口から入れます

いいですよねー、蛇口。冷たいだしはここで入れましょう。

外のテーブルへ

さっきも書いたように、店の中のテーブルは普通は座れないので外に行きました。外のテーブルが運良く取れたので、そこに。

店は狭いので外のテーブルに
店は狭いので外のテーブルに

たぶん雨が降っていたら車の中にうどんを持ち込んで食べるしかないですね。そういや父がそんなことを言っていたような気がする(笑)。

がもうのかけうどん
「がもう」のかけうどん

こちらが「がもう」のかけうどん with おあげです。かな~り美味しそうですね。

最近、うどんの写真はiPod touchで撮ってたのですが、今回は久々に一眼レフです。しかも晴れた日の外での撮影なので写真が綺麗ですねー。やっぱり一眼レフで撮らんとイカんなー。

がもうのかけうどんのアップ
「がもう」のかけうどんのアップ

アップにしました。おあげは結構薄いんですね。逆にその分、面積は大きいです。

ネギも新鮮そのもの!
ネギも新鮮そのもの!

しかも時間帯が良かったのか分かりませんがネギが全然乾燥していないっ!! これは見事です。器との色合いもかなり映えていて綺麗ですね。

「がもう」のかけうどんを食べる!

さて、美しいのでうっとりしてしまいそうですが、うどんを見に来たわけではありません(笑)。いざ喰らいます!

麺がすごい! この写真を見たら思い出す
麺がすごい! この写真を見たら思い出す

麺を食べてみました。一口で分かりました。

ああー、これは騒がれるハズだわ……と。ツルツルとしていて、素晴らしいコシでした。今この写真を見てもしっかりと味を食感を思い出せるほどです。「よしや」とか「山内」に近い感じかな?

出汁はちょっとしょっぱい系でした。さっき新鮮そうだと書いたネギも絶品でした。ネギうめぇ!って思える店って香川県でもすごく少ないんですよねー(ただ、私は初めて来たので、いつ行ってもネギが新鮮かどうかはわかりませんので)。

そして、お揚げをいただきます。

がもうのお揚げを食べます
「がもう」のお揚げを食べます

おあげ自体はもちろん美味しいんですが、この出汁の中にじゅわ~っと染みでたお揚げの甘めの汁が合体して、めちゃくちゃ美味い!! 先ほど出汁だけを飲んだ時とは美味しさが10倍ぐらいになってます! 甘みが美味しいー!

書きながら唾液が出てしまいますよ。

かなり美味しかった「がもう」の麺
かなり美味しかった「がもう」のかけうどん

麺のコシが素晴らしかったのですが、子どもの反応は「固すぎや!」と少し不評でした。子どもたちは冷たいかけうどんにしたので、私の温かい出汁よりもさらにコシがあったんでしょうね。

さて、この「がもう」ですが、県内、県外含めいろんな方が一番美味しい!と言っていたので、期待していましたが、期待どおりでした。

値段も少し量は少なめですが、「小」が150円とかなり安いです。いろんなうどん屋さんを巡りたい方にはピッタリの量だと思いますが。ただ、私みたいに県民がガッツリ食べたいときには特大にしないと物足りないです。

あと、不満としては店が狭くごった返すことですねー。人気店だからどうしようもないのかもしれませんが、食べる前にちょっと疲れてしまいました。

ただ、本当に美味しかったです。やっぱり有名店のうどんは美味しいんだなと納得しました。

あ、香川に来た際は、うどん打ち体験もアクティビティーとしてオススメです。

自分で本場のうどんを作って食べるなんて最高ですよー♪

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!