2014年9月26日

こんぴらさんに来る前に! 知っておくと10倍楽しくなるアレコレ

kompira-tips-250

こんにちは! 香川のブロガー ヨス(@yossense)です。

香川県で最も有名な場所と言えば、金毘羅(こんぴら)さんですよね。私は毎年登っていますが、今年は1週間前にのぼってきました。

今回はこんぴらさんに来る前に知っておくと良いことをまとめてみました。

予備知識編

まずはこんぴらさんについての予備知識から。地名の名前的なネタです。

本当の名前は金刀比羅宮

金刀比羅宮
金刀比羅宮

こんぴらさんがある町の名前は琴平町(ことひらちょう)、神社の名前は金刀比羅宮(ことひらぐう)。山の名前は象頭山です。

金刀比羅宮(ことひらぐう)は、香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹に鎮座する神社。こんぴらさんと呼ばれて親しまれており、金毘羅宮、まれに琴平宮とも書かれる。明治維新の神仏分離・廃仏毀釈が実施される以前は真言宗の象頭山松尾寺金光院であり[1]、神仏習合で象頭山金毘羅大権現と呼ばれた。現在は神社本庁包括に属する別表神社、宗教法人金刀比羅本教の総本部。全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮でもある。

金刀比羅宮 - Wikipediaより引用しました。

全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮」って書いてありますが、全国にあるんですね?! 知らんかった。

こんぴらさんのご利益

こんぴらさんは「大物主(おおものぬし)神」を祀っています。

大物主(おおものぬし、大物主大神)は、日本神話に登場する神。大神神社の祭神、倭大物主櫛甕魂命(ヤマトオオモノヌシクシミカタマノミコト)。『出雲国造神賀詞』では大物主櫛甕玉という。大穴持(大国主神)の和魂(にきみたま)であるとする。別名 三輪明神。

大物主 - Wikipediaより引用しました。

大物主神は、古来から「海の神様」として漁業、航海など海上の安全を守ってくれる神としての信仰があります。あと農業殖産の神、医薬の神、技芸(音楽や芸術関係)の神としても有名だそうです。

こんぴらさんは海上交通の守り神
こんぴらさんは海上交通の守り神

以上が「大物主神」の話で、こんぴらさん自体としては、どんな願いごとに関してもご利益があると信じられてます。別に「オレ、船に乗らんから行っても意味ないわー」ってことはないですよ(笑)。

恋愛でも、学問でもなんでも、こんなに大変な道のりを越えて登っていくんですから、達成したときにはご利益があるんですね。

ご利益に関しては正確な情報がほしかったので、直接お問い合わせしました。

「こんぴら」はサンスクリット語が語源

「こんぴら」という名前ですが、これはサンスクリット語「クンビーラ」が語源だと言われています。

「クンビーラ」はワニの姿をした水神で、ガンジス川を司る女神ガンガーの乗り物だそうです。

音声的には「クンビーラ」が「コンピーラ」になって「コンピラ」になったんだと思います。

「象頭山」と呼ばれる山

こんぴらさんは山です。普通の山道とはかなりビジュアルが異なりますが、山を登っていきます。

その山は遠くから見るとゾウの頭に見えるため、「象頭山(ぞうずざん)」と呼ばれています。ただ、これ、どっちが頭に見えるのかは地元の人もあやふやです。

琴平町(金毘羅さんがある町)の人に言わせれば、琴平町側が頭だというし、お隣の善通寺市の人に言わせれば、「いやいや、善通寺側が頭やで!」なんです(笑)。

調べてみるとなんと! 地元人でも知らなかった事実が発覚!

香川県の象頭山
香川県の象頭山

1琴平町側は「琴平山」

琴平山(ことひらやま)は、香川県西部に位置する山。別名、金毘羅山(こんぴらさん)。隣の象頭山(標高538m)と共に「象頭山」として瀬戸内海国立公園、名勝、天然記念物に指定されている。

琴平山 (香川県) - Wikipediaより引用しました。

なんと! こんぴらさんがあるところは本当は「琴平山」という山だそうです。でも隣にある本物の「象頭山」と合わせて象頭山と呼ばれているそうです。ややこしいわっ!

2象頭山は2つの山の総称でもある

そして、善通寺市側が本当の象頭山なんですね。ということは、善通寺側がゾウの頭に見えるということですね。

象頭山(ぞうずさん)は、香川県西部に位置する山。隣の琴平山(標高524m)と共に「象頭山」として瀬戸内海国立公園、名勝、天然記念物に指定され、香川のみどり百選にも選ばれている。

象頭山 (香川県) - Wikipediaより引用しました。

でも「琴平山」と「象頭山」の2つの山を合わせても象頭山……。一応、本来の定義での山としては、2つに分かれているようですが、つながっているのでほとんどの人は1つの山と思ってますよ。私も今知ったし。

琴平駅からのアクセス

県外から電車を使ってくる方もいっぱいいます。こちらの琴平駅からこんぴらさんへのアクセスの記事もご参考に!

登る前に知っておくと楽しい知識編

金毘羅さんは全部で785段あります。長い旅路の間にはいろんなものがあるので、ここにまとめたことを予め知っておくと楽しいですよ♪

最初に見える建物をゴールと思うな

こんぴらさんを登って行って一番最初にある大きな門。この門が見えてきたら、よく観光客が「あ! 見えた見えた! けっこう楽だったね!」みたいなことを言うのを聞きます。

365段目にある大門はスタート地点
365段目にある大門はスタート地点

……達成感を感じているところ水を差すようでアレなんですが、ゴールも何も、ここがスタート地点って言ってもいい場所の「大門」です。階段でいうと365段目です。

そうなんですよ。そういう声が聞こえてもおかしくないぐらい、門に着くだけでも、割と大変なんですよ。

もちろん、ここからが大変なんですけどね(笑)。

旅人よ! 杖を借りていけ!

杖を持っていけ

こんぴらさんに登るときの必須アイテムと言えば「竹の杖」です。

いえ、別になくてもいいんですけど、コスプレちっくでいいじゃないですか。なんか登っている感があって(笑)。

竹の杖はお店で貸してもらえますので、ぜひ借りて行って下さい。もちろん帰りには返すのをお忘れなく。ついでにお土産も買ってあげると喜ばれますよー!

ゴール(本宮)までの階段は785段だけど本当は!?

全部で785段
全部で785段

ゴールの御本宮までの階段数は785段です。でも実は言うと、本当は786段あるんですよね。

手水舎の手前で道が一段下がっています。表参道から本宮まで石段を上る中、唯一下がるのはこの1段だけです。 御本宮までの石段は785段といわれていますが、実は、「上がる」石段は786段あります。つまり、ここで1段下がることにより、786-1=785段となります。一説によると、786の「な・や・む」と読める語呂を忌み嫌い、一段下げて785段にしたといわれますが、定かではありません。

御本宮 参拝ガイド | 金刀比羅宮より引用しました。

そうなんです。なんと! 786では「な・や・む」という音に聞こえるので「マイナス1段」にするための下り階段が1段だけ存在するんですよね。

これがマイナス一段です
これがマイナス一段です

で、こじつけだと思うんですけど、「悩む(7・8・6)」を落とす階段があることから、「悩みを落とす」というご利益もつくられているそうです。なんでも言うたもん勝ちやな(笑)。「七百八十六前(なやむまえ)」という表現もあるそうです。

ぜひこの「マイナス一段」を見つけてください!!

裏参道(遊歩道)もきれいだよ

裏参道(遊歩道)もおすすめ
裏参道(遊歩道)もおすすめ

階段から脇に外れたところに裏参道と呼ばれる散歩道もあります。階段を登って疲れ、人混みに疲れ……っていう方! 帰りにはぜひ気晴らしに裏参道を歩くのもアリです。いろんな建物や自然が見られてきれいですよ。しかも結構広くて迷路みたい!

金刀比羅宮には、表参道の他に裏参道があります。その表参道と裏参道の間の区域を神苑といいます。神苑は、「青葉岡」「常磐森」「待宵山」「時雨岡」「凉杜」「明野」「朝日岡」「小杉森」「袖岡」「藤渓」「千種台」「千歳岡」の12区域から成ります。

金刀比羅宮より引用しました。

春は桜、秋には紅葉など自然を満喫できます。この裏参道を行くとお土産屋さんが全くないので、子どもが「お土産がほしいー!」って困るのを回避できますよ。

黄色いお守り

幸福の黄色いお守り

こんぴらさんに来て、ゴールの785段目の御本宮まで登らなければ手に入らない「幸福の黄色いお守り」。このお守りはこんぴらさんの名物お守りです。

黄色くてシンプルに「金」の文字が入っていて、なかなかいいデザインですねー。

ぜひこのアイテムをゲットしてください。800円です。……あ、そうそう。ちょっとネットを見ていてショックなものを発見しました。

御参拝にこられないみなさまには、メール、手紙、ファクシミリでのお問い合わせを受け付けています。

守札・授与品 | 金刀比羅宮より引用しました。

まじかっ!! メールでお願いしたら、ネットで買えるんかいっ!!(笑)今の時代は便利ですね。

五人百姓の売る「加美代飴」

石段365段目の大門を抜けると、飴屋さんが5軒あります。大きな白い傘をさしているのですぐにわかると思います。

こんぴらさんの五人百姓
こんぴらさんの五人百姓

この飴屋さんは「五人百姓」と呼ばれています。古くから金刀比羅宮の神事に関わってきて、この境内という聖域の中で商売をすることを許された人たちです。

「加美代飴」という、昔ながらの製法で作られた べっこう飴(砂糖を原料とした飴)が売られています。扇の形をしていて、小さなハンマーで割って食べる飴です。このハンマーが可愛らしい。

この飴を食べるとHP(体力)が30ポイントほど回復すると言われたり言われなかったり(←意味不明)。

階段を登る犬

こんぴらさんを登っていると犬をよく見かけます。別に直接関係ないですが、「こんぴら(いぬ)」というものを知っていますか?

こんぴらさんを登るのは大変なので(というか昔はこんぴらさんに辿り着くまでも大変)、人間の代わりに犬が代参(代わりにお参りに行くこと)をすることもあったそうですね。

その犬を「こんぴら狗」と特別に呼んでいたんです。

こんぴら狗の像
こんぴら狗の像

上の写真のような「こんぴら狗」の銅像もありますので見つけてみてください。

イラストレーターの湯村輝彦さんがデザインしているそうで、可愛いです。

神馬と「お十日」

429段目の銅の鳥居を抜けると広場に出ます。

そこには子どもが喜ぶと思いますが、馬が2頭いるんです。その馬は、神様が乗る馬こと「神馬(しんめ)」と呼ばれています。

金刀比羅宮の神馬
金刀比羅宮の神馬

馬は2頭いて、白馬が神馬の月琴号です。黒馬の方は「トウカイ・スタント号」というサラブレッドだそうです。

この神馬は、「お十日(おとおか) 」と呼ばれる一年に一度(十月十日)に行われるお祭り(例大祭)で、下界(?)にある鞘橋という橋を渡って、金刀比羅宮神事場に行くようです。私は見たことないのですが。

鞘橋は普段は封鎖。
鞘橋は普段は封鎖。

この鞘橋というのが、神事のときにしか使われないみたいで、普段は封鎖されています。

参考: 例大祭 | 金刀比羅宮

旭社は帰りに参る

旭社
旭社

石段628段目にある大きな、一見ゴールに見える社は「旭社」と呼ばれる建物です。

ついついお参りしたくなりますが、この旭社は帰路で参拝するようになっています

ちなみにこの旭社からは「行きの道」と「帰りの道」に分かれます。石段785段目のゴール(御本宮)まであとちょっとです。

手の洗い方

参拝する前には手を洗いましょう。でもちゃんとしたやり方があるようです。詳しいやり方も金刀比羅宮のページにありますので。

余裕があれば裏面にも行ってみよう

こんぴらさんは785段ですが、実はここが最後の最後ではありません。もっともっと奥があるんですね。

なんと全部の合計で1,368段!! あと583段もあります。

奥社まではさらに583段!(合計1,368段)
奥社まではさらに583段!(合計1,368段)

ここから先のコースを、私は勝手に「裏面」って呼んでいますが、普通は「奥社(おくのやしろ・おくしゃ)」と呼ばれます。

この本当のゴールにぜひチャレンジしてみてください。私は子どもが生まれてからは家族で登るので、幼児を連れてはさすがに登れません。御本宮まででも、かなり子どもの機嫌が悪くなり、「疲れたー!」のオンパレードですから。

裏面のゴールには厳魂神社(いづたまじんじゃ)という神社があり、金刀比羅本教の教祖である厳魂彦命が祭られています。海抜421メートルです。

そのほか

そのほか、知っておいた方が良いことをまとめました。

服装にも気をつけて

山登りですので、バッグはリュックがオススメです(ヨスのバッグの中身はこんな感じ)やっぱしんどいですからね。

あと、ずーっと階段を登っていくのですが、結構急なのでスカートは避けたほうがいいと思います。中が見えちゃうかもしんないので。

禁煙です

こんぴらさんは禁煙

こんぴらさんは禁煙です。そりゃあ、山火事にでもなったらマズイですし、何より日によってはものすごく混雑しています。

そんな中では禁煙じゃなくても吸わないのがマナーですよね。吸っている人がいたら、知らないだけなので教えてあげて下さい。

ちなみに、喫煙する場所は何箇所かあります。お店でも吸えるところがあるみたいです。

でもこんなに階段を登るんですからねー。タバコを吸うとさらにしんどくなりそうなんですけどね。

平日がおすすめ

こんぴらさんは休日はめちゃくちゃ混みます。でも平日はアホみたいに少ないです。

なので、仕事の休みを取ってでも平日に行くのをオススメします。まぁ、私は人混みが嫌いなんで。

PHSでも使えた

金毘羅さんでチェックイン

私は、携帯電話ではなく、ワイモバイルのPHSとPocket WiFiを使っています。

あんまり期待していませんでしたが、785段目の御本宮でも通話できました! もちろんWi-Fiの方も余裕で使えました。なので電波が届かない電話はないと思います。

ついでに書くと、御本宮では正面から御本宮の写真を撮ってはいけないそうです。神様に失礼だからという理由です。

2016年7月25日追記: ポケモンGOは禁止

世界で流行っているスマホゲーム『ポケモンGO』ですが、こんぴらさんの境内での使用は禁止されているようです。

参拝者の皆様へ
危険防止のため、境内でのゲームアプリ「ポケモンGO」の使用をご遠慮下さい。(御本宮をはじめとする、境内各末社・書院・宝物館・高橋由一館等の文化施設・神椿など境内全域)参道、特に石段での歩きスマホは、つまずき、転落の恐れあり、大変危険です!

金刀比羅宮より引用しました。

こんぴらさんは階段だらけなので、ふつうに歩いていてもケガをする可能性があります。『ポケモンGO』じゃなくても歩きながらスマホをするのはやめましょう。

あと、こんぴらさんにある建物は神聖な場所が多いので、ポケモンを探す目的で入るのは絶対にやめましょう。

オマケ: ハワイに分社が!?

友達がハワイ旅行に行ったときの話を聞いて初めて知ったのですが、ハワイ金刀比羅神社というものがあるようです。

ハワイにこんぴらさん?!
ハワイにこんぴらさん?!

れっきとした分社だそうです。

さて、今回はこんぴらさんに来るときに知っておくとよいものをまとめてみました。

結構有名なことばかりなので「知っとるわい!」って言わないでくださいね。裏ネタもいろいろあるので、それはまた違う記事にまとめようとも思っています。

追記: 続編の裏ネタのまとめを書きました!

こんぴらさん参拝日記も始めました!

こんぴらさんで食べるときはかまたまソフトや、こんぴらうどんをぜひ。

あと、こんぴらさんに来られるときの旅館は琴参閣が個人的におすすめです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!