写真の文字を「テキスト化」する方法とは? Google Keepの文字認識力のヤバさを検証した

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はGoogle Keepというメモアプリを紹介します。

このアプリ、メモとしても便利ですが、写真の中にある文字を抽出して、テキストにしてくれるんですよ!

すごい文字認識力!
すごい文字認識力!

そのやり方、そしてGoogle Keepの文字認識能力のすごさ、ヤバさを紹介します。

写真の文字を「テキスト化する(OCR)」ってどういうこと?

パソコンやスマホを使っていると、ネット上には2つの文字があることに気づきます。

ネット上にある2種類の文字とは?

ではどのような2種類の文字があるのでしょうか。

1普通の「文字(テキスト)」

1つは、文章の中の「普通の文字」です。今まさに読んでくださっているこの文字のことですね。

これは文字なので、選択することができるし、コピペもできます。

スマホだったら長押しして選択してみてください

ね? 選択できますよね。

2画像になった文字

そして、「もう1つの文字」というのが、画像になった文字のことです。

たとえばこちら。

画像になった文字
画像になった文字

これは文字を入力しているように見えますが、画像です。ゆえに、コピペできません。

画像の中の文字というのは、上のような例よりも、こちらのような場合が多いですよね。

画像の中の文字の例
画像の中の文字の例

上の写真だと、「STOP」という文字が画像の中にあります。

この写真を選択しても、普通はこの文字を「STOP」という文字として認識してくれません

画像の中の文字を抽出しテキスト化する技術を「OCR」と呼ぶ

そして、画像の中の文字を抽出し、普通の文字(テキスト)にする技術が存在します。

OCR」と呼ばれますが、「Optical Character Recognition」の略で、日本語では「光学文字認識」のことです。

ヨス

なんと、画像になっている文字を認識し、テキスト(文字)に変換してくれるんです。

それを簡単にやってくれるアプリとして紹介しているのが「Google Keep」というメモアプリです。

Google Keepのアイコン
Google Keepのアイコン

iPhone(iOS)でも、Androidでもアプリが無料で手に入りますよ。

iOS版

Android版

画像内の文字をテキスト化する例

では、画像内の文字を実際に「Google Keep」を使って、テキスト化してみました。

まずは、そのすごさをご覧ください。

文字がたくさん入っている写真

まずは、文字がいっぱい入っているDVDケースの裏で試してみました。

メモに挿入された
DVDケースの裏

この写真をGoogle KeepのOCRでテキスト化させてみましょう。

画像内の文字がテキストに
画像内の文字がテキストに
ヨス

すげー!!

なんと、画像内のすべての文字が、テキスト化されました!

縦組みの文字

世界の言語は、文字を左に読むものがほとんどですが、日本語では縦に書くこともありますよね?

では、Google KeepのOCRは、縦組みの文字に対応しているのか……と気になったので試してみます。

たとえば、こちらの「コープ自然派(宅配)」の注文用紙。すべて縦組みの文字です。

縦文字
縦文字

なんと……

縦文字にも対応
縦文字にも対応

縦文字にも対応されていました!

まぁ、こんな注文用紙を文字化する人は少ないと思いますが。

手書き文字

では手書き文字ではどうでしょうか?

手書き文字
手書き文字

わたしの汚い手書き文字にも反応してくれるのでしょうか?

……こちらも

手書き文字にも対応
手書き文字にも対応

なんとちゃんとテキスト化されました!

メモアプリで手書きした画面をスクリーンショットで撮った写真を使ったので、「すべてのメモ」とかバッテリー残量の「62%」までテキスト化されていますが(笑)。

ヨス

「ヨスです」が「M ilgesigne」になっているのと、「キラー 11110000000」が謎ですが(笑)。

これ、けっこうすごいことだと思いませんか?

あとで気づきましたが、「11110000000」は、「鉛筆」とかのアイコンですね(笑)。

アイコンが誤認されて文字に(笑)
アイコンが誤認されて文字に(笑)
ヨス

こんな認識のされ方をするのか!

文字の入っている写真

では文字の入っている普通の写真はどうでしょうか?

カナダに行った時に撮った町中の写真を使ってみます。

町中の風景
町中の風景

これ、「どこに文字があるの?」というぐらいの普通の写真ですよね?

いやー、Google Keepの文字認識のすごさに目が点になりました。

すごい文字認識力!
すごい文字認識力!

これ、むちゃくちゃすごくないですか?

壁にある「BIRKS」の文字とか、標識にある道路(ストリート)の名前とか、逆に……

ヨス

この写真の中にこんなに文字があったのか!

……とビックリするレベル。

ただの写真

もうここまで来たら、ただの写真を使って、文字の抽出をしてみましょう。

うどんの写真
うどんの写真

ドキドキしてきました。この中に文字を発見してくれるのでしょうか?

まったく文字を抽出しない
まったく文字を抽出しない

いや、さすがにムリでした(笑)。「画像のテキストを抽出」という選択肢すら出てきませんでした!

これはどう見てもただの写真ですよね。

ヨス

ホッとしたような、残念だったような?

でも、写真によっては文字と認識してしまうこともあるようです。たとえば、こんな写真。

文字と認識される写真も
文字と認識される写真も

この写真、手首のブレスレットを文字と誤認しないかなと期待していると、やっぱり期待通りの結果になりました。

写真の中には存在しない「Alle」という文字が出現しました(笑)。

「Alle」という文字に変換されたのは、左手側のブレスレットが「A」に見え、右側が「lle(チャームが『e』)」に見えたってことだと思います(笑)。

ヨス

おもしろいので、いろいろ試してみてください(笑)。おもしろいのを発見したら教えて下さいね。

イラスト

もうここまで来たら、イラストを見せて「文字認識」させてみましょうか。

わたしの描いた落書き
わたしの描いた落書き

こんな、どこからどう見ても「落書き」をGoogle Keepに文字抽出させてみます。

なんと文字に変換された(笑)
なんと文字に変換された(笑)

え?

驚くヨス

ええ?文字ちゃうのに?

なんと、わたしの落書きが「文字」に変換されました!!

いや、これはべつにGoogle Keepが、イラストの奥にわたしが込めたメッセージを読み取ったとかそういうのじゃなく、単純に、視覚的にそう見えたってことですよね。

なんともシュールな結果になりましたが、コンピューターにとっては、文字もイラストも境目が難しいんでしょうね。

写真の文字をGoogle Keepでテキスト化する方法

では、最後に具体的にGoogle Keepを使って、写真の中の文字をテキスト化する方法を見てみましょう。

「Google Keep」というアプリをインストールしてくださいね。無料です。

iOS版

Android版

「Google Keep」でメモを開く

まずはGoogle Keepでメモを開きましょう。

右下にあるをタップします。

右下の「+」をタップ
右下の「+」をタップ

ここまでは簡単ですよね。使っている方はいつもやっていると思います。

ここで、直接「写真のマーク(下の端にある)」をタップしても大丈夫です。

写真を撮る

Google Keepでは、メモに写真をはりつけることができます。

ということで、文字化したい写真を撮るか、すでに撮ってある写真を選択しましょう。

1「+」をタップ

左の真ん中のあたりにあるをタップします。

左下の「+」をタップ
左下の「+」をタップ

2「写真を撮る」をタップ

出てきたメニューから「写真を撮る(『画像を選択』でもOK)」をタップしましょう。

「写真を撮る」
「写真を撮る」をタップ

3写真を撮影

文字化したい対象の写真を撮影します。

写真を撮影する
写真を撮影する

4メモに挿入される

下の画像のように、メモに写真が挿入されます。

メモに挿入された
メモに挿入された

5【重要】画像の添付を適応させる

ここでちゃんと、画像の添付を適応させる必要があります。

一度、メモの一覧ページに戻って、もう一度この写真を添付したメモを選択してください。

写真をテキスト化させる

では、いよいよ写真をテキスト化させる方法です。

1挿入した写真をタップ

さきほど挿入した写真をタップします。

メモに挿入された
挿入した写真をタップ

2「画像のテキストを抽出」をタップ

ここが肝心です。

画面の右上に出てくる「3本の点」をタップし、下に出てくる「画像のテキストを抽出」を選択しましょう!

「画像のテキストを抽出」をタップ
「画像のテキストを抽出」をタップ

3画像内の文字がテキストになった

これで完了です。画像内の文字がテキストに変換されました!!

画像内の文字がテキストに
画像内の文字がテキストに

もちろん、「O(オー)」が「0(ゼロ)」になってたり、ミスはあります。

でもすべての文字を見ながら入力するのと比べればどれだけラクか分かりますよね。

さて、今回はGoogle Keepを使って、画像の中の文字をテキストにする方法を紹介しました。

まぁ、ほとんど遊びになってしまいましたが(笑)。

とにかく、Google Keepはメモとしてだけでなく、こういう便利な機能があるので、使ってみてくださいね。

iOS版

Android版

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

日本語入力補助ソフトのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
あわせて読みたい