「酒飲めないなんて人生損してる」は「Jポップなんか聞いてんのw」って言う洋楽好きと同じ

you-had-better-drink-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

先日、「酒を一緒に飲んで初めて打ち解け合える」っていうのは迷信ですよね?」って記事を書きました。それを読んでくれた友達とか読者の方からいろんなお話が聞けておもしろかったので、もうちょい「飲酒」について考えてみました。

お酒を特別視している

お酒を飲む方の中にはお酒を特別視する意見が多い気がします。「お酒を一緒に飲むことが人間同士一番親しくなる」という考えです。

これは合っているし、間違っていると思います。だって「一緒にステーキを食べる」とか「一緒にサイクリングに出かける」、「一緒に踊りに行く」でもどれでも同じですから。

例えば、主婦で外に友達と飲みに行くという習慣が全くない人(私もだけど)っていっぱいいると思うんです。

じゃあ外で働いている男性が会社の同僚と飲みに行くときの繋がりと、主婦が友達とスイーツを食べに行く繋がりとどっちが親密度が高いのでしょうか?

ママ友とスイーツではダメなのか?

いやー、どっちもどっちですよね。

お酒やスイーツは一緒に出かける名目であって、結局はその人との人間関係です。

話す内容や、一緒に出かけたという実体験が両者にとっての「我々は親密だ」という文脈を築くんだと思います。お酒を一緒に飲んだ方が親密になる……とか優劣をつけられるようなものじゃないです。

「女性同士の友情よりも男性同士の友情の方が深い」という幻想を抱いている人には理解されないかもしれませんが。

飲んだほうが開放的になる

ほかにも「飲んだほうが開放的になって何でも話せる」という意見もあるかもしれません。

唯一お酒がほかのものに勝っているとすれば、お酒を飲んで、一緒に飲んでいる人の前で開放的になって普段は言えないことを話せる(口を滑らす?)こと。それによって、その人との秘密の共有事項ができることです。

それが「親密度」という風に錯覚を起こさせるのかもしれないです。でも、これについては、飲むとだんまりする人もいるし普遍性は乏しいです。

私はお酒がなくても自己開示できますし、個体差が強いですよね。そもそも私は酔いにくいので、あんまり関係ない話です。

ふだん自分のことを話せない人ならドーピング的に飲酒が効果的なのでしょうけど。つまり「酔わない外でのアルコール摂取」と、「外に食べに行くこと」はほぼ同じ効果だというのが私の意見です。

おまえは人生の楽しみを知らないよ

お酒好きがお酒のことを肯定するのは当たり前なのはわかります。私もお酒好きですから。

ただ、お酒を飲む人の中に「おまえ(お酒を飲まない人)って人生の楽しみを1つ失っているよな!」って言う人いますよね。あれ、何なんですかねー。

ほら、たまにいませんか? 洋楽大好きで、邦楽(J-POP)をやたらけなす人。「J-POPなんて聴いてんの?! だっせー!」的なやつですよ。イラっときますよねー。

これって完全にイコールだと思うんです。

だって、飲酒をしない人には、ほかの「人生の楽しみ」がありますからね。 洋楽を聴かない人はJ-POPを聴いている。この差が何かというと、「好みの問題」にほかなりません。洋楽の方が邦楽より勝っているとかありえません。

ある人にとってのストレス発散がある人にとってはストレス増幅

そういや、昔友達に「カラオケ行こーぜ! スカッとするからよ!」みたいに誘われたけど「ええわ」と断りました。

そしたら「いや、絶対にストレス発散になるから行こうぜ!」と言い張るんですよ。私は幾度となくカラオケに付き合った経験から「カラオケでは私のストレス発散にはならない……というかむしろストレス」と学んでいるにもかかわらず。

人は1人1人好みも違うし、ストレス発散になる方法も違う。ある人にとっての「ストレス発散方法」すら、ある人にとっては「ストレスを増幅する方法」になることもありえます。

そこんところを人間の普遍性のように履き違えて言うのはどうも嫌なんですよね。

これ、まさにそうですよ。飲酒だけに一見正当にも見える普遍性を持たせることが異常です。

結局思ったのは「あなたが好きなものをみんなが好きとは限らない」ということです。当たり前のことですけど、本当には理解できていない人が多すぎる気がします。

なので「自分の好みを他人に強要しない」「人の好みをけなさない」は守ってくださいねー。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!