2015年11月14日

夫婦別姓をやってない人の「妄想」と「でっちあげ」について

yomiuri-article-336

私が夫婦別姓を実行していることが、朝日新聞に掲載されました

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

先日、私が読売新聞に「夫婦別姓」について取材を受けて新聞に載りました。めっちゃ嬉しかったんですが、その記事の私のパート以外のところに残念すぎる箇所がありました。今回はそこについて。

夫婦別姓について取材を受けた

先日、「夫婦別姓」について取材を受けたと書きました。

私的に、この事実自体に満足して忘れそうだったのですが、私へのインタビューだけではありませんでした。全体では4名への取材で以下のような構成でした。

  • 夫婦別姓体験者のコメント1(=ヨス)
  • 夫婦別姓体験者のコメント2
  • 大学教授(ジェンダー論)のコメント1
  • 大学教授(憲法学)のコメント2

まぁ、私の写真が載っているのでありがたいことに目立っていますが(笑)。

最後の教授のコメントがあまりにもお粗末

途中までは良かったんですよ。でも最後の日本大学教授(憲法学)のお話があまりにもお粗末だったので衝撃でした。

日本大学教授の百地章さんは(憲法学)は、「夫婦別姓は親子別姓をもたらす。別姓を選んだ夫婦は満足だろうが、決定権のない子どもの気持ちや視点を忘れないでほしい」とくぎを刺す。

2015年11月13日の読売新聞より引用しました。

一番びっくりなのは、私という「夫婦別姓をしている実例」があって、その私に取材をしてるのに、こんな蚊帳の外から妄想を言っている方の意見を最後にもっともらしく書いている点です。

もうね、ほかの記事でも書いていますが私の家族で「夫婦別姓で家族はバラバラにならない」という結果が出ているわけなんですよ。そこをこの新聞記事では書かれていないんですね。今気づきました。

「体験者の意見」と「体験していない人の妄想」……どちらに説得力があるんでしょうね?(笑)まぁ言わなくてもわかるでしょうが。

子どもを不安がらせる簡単な方法

別姓にすると、姓を変えない大多数の家族と比べて、『なぜうちは違うの?』と子どもが違和感を持ったり、不安に感じたりするのではないか。いじめの要因になる可能性も否定できない」

2015年11月13日の読売新聞より引用しました。

正直言って、これが見識者の意見とは思えません。一般の人がインタビューされて言ってるレベルです。憲法学のフィールドからの意見じゃなければこの方が発言する価値なんてない気がするのですが。

ウチの家庭では姓の違う家族が住んでいて毎日愉快に過ごしていますが、やろうと思えば子どもを簡単に不安がらせる方法はあるんですよ。それはネガティブな情報を吹き込むことです。

例えば「パパとママの名字が違うのってみんなと違うよね? 気にならない?」とか「普通はママが名字を変えるものなんだけどウチはそうしてないんだよ。それが原因で君がいじめられないかが心配だよ……」とか。

こういうことを言い続けていると簡単に不安がらせることはできるでしょうね。

つまりわかりますか? そういう不幸な子どもたちを作り上げるかもしれない不安材料は、夫婦別姓についてネガティブな情報を撒き散らしている人なんですよ。間違いなく。

え? 日本の家族ってそんなに均一だっけ?

別姓にすると、姓を変えない大多数の家族と比べて、『なぜうちは違うの?』と子どもが違和感を持ったり、不安に感じたりするのではないか。

2015年11月13日の読売新聞より引用しました。

「なぜうちは違うの?」と子どもが違和感を持つってどういうことでしょうね? よその家庭ってそんなに均一なんですか? 今の時代、すごく多様性にあふれているんですけど。

シングルマザー、シングルファーザー、離婚、再婚、国際結婚、高齢出産、転勤、移住、多用な親の生活スタイル……。こんなに十人十色なスタイルの中で「夫婦別姓」に対してだけ不安に思いすぎじゃないですか?

人間は元から多様性がありまくりますよね。え? 人と違うこと、よその家と違うことって悪なんですか?

こんな無益なことを言っている暇があったら「他と違うことを認める教育」をやっていきませんか?

「いじめの要因になる可能性も否定できない」んだそうです

さらに親の姓が違うという話から「いじめ」の話にまで発展しています。

別姓にすると、姓を変えない大多数の家族と比べて、『なぜうちは違うの?』と子どもが違和感を持ったり、不安に感じたりするのではないか。いじめの要因になる可能性も否定できない」

2015年11月13日の読売新聞より引用しました。

結局のところ「親が別姓をしているといじめの要因になる可能性も否定できない(だから夫婦別姓をするな)」って、こういうことですよね?

  • 田舎の方言はいじめの要因になる可能性も否定できない(だから地方出身者は東京に来るな)
  • シングルマザーはいじめの要因になる可能性も否定できない(だからどんなにDVを受けても離婚はするな)
  • 天然パーマはいじめの要因になる可能性も否定できない(だからストレートパーマをかけろ)
  • 肥満はいじめの要因になる可能性も否定できない(だからどんなに太る体質でも無理して痩せろ)
  • 親の職業が◯◯ならいじめの要因になる可能性も否定できない(だから職業が◯◯の人は子どもを生むな)
  • 高齢出産はいじめの要因になる可能性も否定できない(だから高齢出産は禁止しろ)
  • 醜い子はいじめの要因になる可能性も否定できない(だから整形手術をしろ!)
  • 混血児はいじめの要因になる可能性も否定できない(だから国際結婚をするな)

こういう発想なんですよね? マイノリティー排除の思想ですよね?

いやー、どう考えてもいじめる方が悪いんじゃないの? ここは完全に阻止する相手を間違っていますよね。

最後に言っておくと、うちの子たちは全然いじめられてませんので。もうね、いい加減にやめませんか? 経験者の意見を聞きもせずに「妄想」と「でっちあげ」のオンパレードで盛り上がるのは。

追記:「別姓がいじめを作る」という発想は「私は別姓を理由に差別するよ」という宣言

Twitterですごく言い当てている方を見つけたので紹介します。

いや、もうまさにこれですよ。この教授は「別姓はやめましょう。さもなければ差別しますよ」と宣言しているんですよね。「差別されても仕方がない」と言っているのと同じですね。いやー、日本の大学教授でも危険な思想を持っている方がいらっしゃるんですね……。

せっかく取材を受けて喜んでいたのに、こういう締め方なのは自分の載った記事の価値が下がるのですごく残念ですねー。なんのために体験者に意見を聞いたんでしょうか。

体験していない人があーだこーだと妄想するのはいいんですけど、私に言わせれば「自分がやってから文句言え!」ですよ。あと、この教授もわかってるんでしょうかね? 導入されるにしても「選択的」夫婦別姓ですよね。ここ、テストに出るのでしっかり理解しておいてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!