2015年8月12日

「バリバリ働いている既婚子持ち女性=両立している」っていう方程式について

working-women-both-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は子持ちで働いている女性がよく直面する質問についてです。そう。「どうやって両立しているんですか?」的なやつです。

日本では一応たくさんの女性が働いている

今の日本では、働いている女性ってめっちゃ多いです。子持ちの女性は、アルバイトとかが多いのかもしれませんがガンガン働いています。

そんな中にももちろん、正社員として働いている「既婚で子持ちの女性」もいます。景気もよくないので、その夫も働いてて「共働き」のところが多いです。

そんな感じでバリバリ働いている女性に対してよく聞くのが「どうやって両立しているんですか?!」とか「両立すごいですね!」といった言葉です。

説明するまでもないと思うけど、両立って言うのは間違いなく「家事・育児」と「仕事」のことです。

勝手に両立していると決めつけてる

こういう質問って、うちの夫婦のように「夫が家事・育児をやっている家庭がある」ということに対する想像力が完全に欠けていますよね。

ったく、性別だけで判断して、「この人は家事をする人」って決めつけるのって何なんでしょうね。子育て・育児=女性の仕事って考えは徴兵制度と完全に同じです。

仕事をしている女性を見ると、家事・育児も家でやっていると勝手に決めつけていますが、SNSで仲良くさせていただいている方の中には専業主夫をしている人も普通にいるんですけどねぇ……。

以前書きましたが、男性が職場に弁当を持って行くと「それって愛妻弁当?」と聞かれるのも同じですね。

この質問を男性にすんの?

そして、この質問ですが、不思議なことに男性にはしないんですよねー。

例えば、バリバリ働いている会社の男性上司(子持ち)に「両立すごいですね!」なんて言うのを聞いたことがありません。ええ。間違いなくビックリされるでしょうね。

私も「仕事は家でブログ書いている」って言っても「両立大変ですねー!」とか一度も言われたことがありません。

つまり働いている男性は家事・育児をしなくてもよいという偏った考えがあるんですねー。日本の男性って楽ですね。まぁ、会社ではいろいろ楽じゃないことも知ってて書いてますけど。

でも、働いている人がただ単に女性だったら、帰宅後の家事を余儀なくされて、男性ならそれは免除されるんですねー。へー。

ほんまにその境目がアホみたいやわ。

私の持論ですが、「同じ質問をもう一方の性別に対してしないのであれば、その質問には差別・偏見が潜んでいることが多い」と思っています。

気になるんですが、夫の方が収入が低くても、夫は家で家事とかやらないのが普通なんですかね? どうなんでしょ??

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!