2016年9月23日

ニュージーランド旅行でVodafoneのポケットWi-Fiを買う! SIMカードを交換する方法も

slooProImg_20160921110430.jpg

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はニュージーランドでポケットWi-Fiを持つ方法について紹介します。

ヨス

空港でVodafone(ボーダフォン)のポケットWi-Fiを購入するといいですよ!

ニュージーランドでインターネットはどうする?

今回、ニュージーランドに行くときにどうしたらいいのかなぁと悩んだのがインターネットの環境です。

わたしはスマホ自体は持ってなくて、iPod touchとワイモバイルのポケットWi-Fiで生活してます。

ヨス

でも、このポケットWi-Fiは国内でしか使えないんですね。

……というわけで調べてたらニュージーランドでWi-Fiを格安で使う方法という記事に「現地で購入する」という選択肢についての記述が!

Vodafone(ボーダーフォン)のお店はどの空港にもあるようなので……

ボーダーフォンのお店

ボーダフォンの「ポケットWi-Fi」を買うことにしました。

そうなんです。レンタルではなく購入するそうです。

ボーダフォンのポケットWi-Fiを購入する

ボーダーフォンのポケットWi-Fiはいろいろプランがありますが、まぁ普通は一番安いやつでいいと思います。

下の画像で言うと左下の79NZドルのやつ。1GB使えて買い切りです。

VodafoneのポケットWi-Fi

「Prepay Pocket WiFi R209z」を79NZドルで購入します。お店に置いてあるカタログみたいなやつを指さして「This」とか言ったら伝わります。

ヨス

ちなみに上の画像にある細長いやつ(Prepay Vodem Stick)はノートパソコンにUSBでつないでネットが使えるようにする機種です。

この1GB分がなくなればあとで買い足しができます。

Vodafoneのプリペイドデータ

上の写真の中の「Buy Data 20」なら、20NZドルで500MBを追加購入できるという意味です。右端のだと80ドルで5GBですね。

こんな感じで、ニュージーランドのポケットWi-Fiは、まあまあ高いので、空港やレストランなどいろんなところで解放している「無料Wi-Fi」を使いましょう。

ヨス

レストランとかでもお店の人に「Do you have free Wi-Fi?」みたいに聞くと、パスワードを教えてくれることも多いです。

ボーダフォンのポケットWiFiの箱

さて、空港でポケットWi-Fiを購入すると、空港の店員さんがSIMカードの設定とかしてくれるので楽々です。

箱の中からこんな紙のカードを出してくれます。

VodafoneのポケットWi-Fiのパスワード

カードには購入したポケットWi-Fiの番号(Wi-Fi SSID)と、入力するパスワード(Wi-Fi Keys)を書いています。

購入したポケットWi-Fiのスイッチを入れてください。

VodafoneのポケットWi-Fi

上のポケットWi-Fi現物の写真にある真ん中のマークを長押しすればスイッチが入りますので。

あなたのスマホの設定で、このSSIDを探して、パスワードを入力しましょう。これでオッケーです。

ヨス

このカードをなくしても、ポケットWi-Fiの裏面のカバーを外したら内側にもパスワードを書いてあるので大丈夫です。

充電用のアダプターも入っています

当たり前ですが、充電用のアダプターも同梱されています。

充電用のアダプター

もちろん、ニュージーランド仕様なので、コンセントの差し込むところがちょっと違います。角度が。

USBが差し込めるタイプです。

アダプターにはUSBを差し込むタイプ

コードはMicro USBですね。

コードはMicro USB

ポケットWi-Fiの残りデータ量を確認するアプリ

このポケットWi-Fiですが、データ量は余れば次にニュージーランドに来たときに使えます

なので、もう一度来る予定のある方は、無理やり使い切ることはありません。

無料の「Vodafone Mobile Wi-Fi Monitor」というアプリで残量を確認できます。

Vodafone Mobile Wi-Fi Monitor

こちらからダウンロードできます。

iPhone版アプリ

Android版アプリ

ヨス

ただ、わたしの場合はニュージーランドに10日ほどいたので、さすがに1GBでは足りませんでした。

データの追加購入について

あと1GBの追加をしたかったので、Vodafoneのお店に足を運びました。

で、30ドルで1GBを追加してもらおうと思ってたら……

Vodafoneのプリペイドデータ

店員さんが直接SIMカードを変えたら25ドルでできるのでお得ですよ!と言ってくれたのでそうすることにしました。

ヨス

知らなかったのですが、スマホに差し込むSIMカードも、ポケットWi-Fiに差し込むSIMカードも同じなんですねー。

ということで、「Prepay SIM(プリペイドSIM)」を買いました。

Prepay SIMのケース

上のようなケースに入っています。

ケースの中のPrepay SIM

こんな感じで入っています。

VodafoneのポケットWi-FiのSIMを交換する方法

ではVodafoneのポケットWi-FiのSIMを交換してみます。

ポケットWi-Fiの裏面をスライドさせます。

ポケットWi-Fiの裏面をスライド

すると、カバーが外れるんですね。

ポケットWi-Fiのカバーが外れます

中にバッテリーが入っているのでそれも外します。

バッテリーの下から顔を出したのがSIMです。

ほら、上の写真の右上の方にある小さいカードがSIMですね。これを交換します。

横にスライドさせると簡単に取れる

スライドさせるとSIMは簡単に取れます。

こちらは新しいSIMカード(の裏面です)。

新しいSIMカード

こんな感じでスライドして入れます。向きに注意!

SIMカードはスライドして入れます

これで、カバーをすればオッケー。簡単ですね。

さて、今回はニュージーランドでネットを使うときにどうしたらいいの?という内容でした。

SIMフリースマホを持っている方はそっちの方がお得なので、そちらをオススメします!

詳しくはいっしょにNZに行ったノマド的節約術の松本さんが書いていますので参考に!

参考: ウェリントン国際空港でSIMカードを購入してネットに接続する方法 - ノマド的節約術

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!