2015年4月10日

[讃岐うどん]谷川米穀店はうどんだけでなく大自然も満喫!(完全禁煙)

udon-tanikawa-300

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は超有名なうどん屋さん「谷川米穀店(たにかわべいこくてん)」の紹介です! 超有名ですが、初めて行きました!

谷川米穀店のうどん(生卵入り)をかき混ぜた
谷川米穀店のうどん

谷川米穀店の情報

「美合」に向かっていく

谷川米穀店は「美合(みあい)」と呼ばれるところにあります。

「美合」に向かって行きましょう
「美合」に向かって行きましょう

めっちゃきれいな名前でしょ?「美」に合うんですよ! 合いてぇ!!

土器川に沿って上っていきます
土器川に沿って上っていきます

美合に行く途中は、ずーっと、ずーーーっと一級河川の土器川の横を上っていくことになります。これがまた気持ちいい。桜が咲いていますね。

ここは印象的な場所です
ここは印象的な場所です

途中にこんな風に道路が不自然に分かれているところがあります。

これがなにかというと、実は真ん中に大木があるんです。その大木を切らずに残したまま道路を作ったので、こんな感じで木を避けるように道路が2手にわかれているんですねー。

元ビレッジ美合をさらに越える
元ビレッジ美合をさらに越える

「ビレッジ美合」っていう温泉のある宿泊施設があります。でも今はつぶれています。小さいころから1年に1回は行っていて、けっこう好きなところだったので残念です。

元ビレッジ美合を越えてさらにさらに行くと……。

こんな牛のマークの橋に着いたら横を見てください
こんな牛のマークの橋に着いたら横を見てください

この写真のような「牛」の絵が描かれた橋にたどり着きます。ここまで来たら左手を見てください。

谷川米穀店が橋の左手に!
谷川米穀店が橋の左手に!

ほーら。坂を下ったところに人がいますよね。ここが谷川米穀店です!……人が並んでないと、絶対にここがうどん屋だなんてわからんよなー。

谷川米穀店にやっと着いたよ!!

かなり遠かったですねー。やっと谷川米穀店に着きましたよ。丸亀市の都心からだとだいたい車で1時間ぐらいかな。

先ほど見えていた坂に来ました。駐車場は、上の写真で奥に見える白い車があるあたりです。そんなに置けませんが。

坂を下ると……
坂を下ると……

坂を下ります。

この建物が「谷川米穀店」です
この建物が「谷川米穀店」です

どう見てもうどん屋だとは思えません。煙突と自販機があるのがかろうじて(笑)。

谷川米穀店の入り口近く
谷川米穀店の入り口近く

もっと近づきましたが、どう見ても民家です。というか民家でうどん屋をやっている感じですよね。

衛星写真で見るとこんなところ
衛星写真で見るとこんなところ

Google Earthの衛星写真で見ると、めっちゃ山の中というのがわかります(笑)。

あああ! 今気づいた!!

ここ、「谷」や!!「谷」と「川」がある! だから「谷川米穀店」なんや!! たぶん名字なんだと思うのですが、間違いなくこの地形から取っていますよね。

谷川米穀店の店内

では店内に入ります。入り口のすぐ外に灰皿があったのは気になりますが、運良く誰も吸っていなかったので一安心。ほんと、店の真ん前の灰皿は、タバコの煙が店内に入るし、並んでいるときに吸われるとキツイので勘弁してほしいです。

谷川米穀店の店内の様子
谷川米穀店の店内の様子

店内の様子です。めっちゃ民家(笑)。店内は完全禁煙です。

谷川米穀店のカウンター
谷川米穀店のカウンター

カウンター(?)には「おいでまい」の旗がありますね。あ! 私の大好きな「谷屋」の油揚げも売っています!!

谷川米穀店のうどんを食らう!

さて、うどんを食べに来たのを忘れそうな勢いですが、注文します。

谷川米穀店のメニューは、いたってシンプルです。

  • うどん小(温・冷)150円
  • うどん大(温・冷)280円
  • 卵 1個 50円

たったこんだけ!! なので「うどん大(温)」の「生卵入り」にしました。これで330円です。

きたー! 谷川米穀店のうどん
きたー! 谷川米穀店のうどん

うどんは、何も出汁なしの状態で出てきます。セルフだし、注文してから出てくるのが早い早い

ネギも新鮮ですねー。あ、ハイ。私、割とネギの乾燥具合とかにうるさい人です。

私の場合は卵も頼んでいますが、ん?どこに入っているんだ?

谷川米穀店のうどん(生卵入り)をかき混ぜた
谷川米穀店のうどん(生卵入り)をかき混ぜた

大丈夫です。うどんの底に入っていて、その上からアツアツのうどんが乗っています。なのですぐにかき混ぜましょう! いい具合のかま玉うどんになります(私の場合は、写真撮影をしていたのでちょっと混ぜるのが遅れた)。

そして置いてある醤油をまわしかけます

谷川米穀店の青唐辛子を忘れるな

谷川米穀店ですが、調味料が充実しているんですよー。

すごく調味料が充実しています
すごく調味料が充実しています

ほら、唐辛子の粉末のやつ。酢、ゆず? 味の素もありますね。

そして忘れてはならないのが、噂に聞いていた青唐辛子の佃煮です。うどんを注文して受け取るところにあります。

これが激辛の「青唐辛子」
これが激辛の「青唐辛子」

私の場合、辛党なのでいっぱいうどんに入れても大丈夫ですが、これはかなり辛い! でもここにしかないので、これは入れとかな!

谷川米穀店のうどんの麺
谷川米穀店のうどんの麺

で、その麺はというと……?!

辛いっ!……いや、これは麺の感想じゃなくて青唐辛子の感想ですね。

麺がね……すっごく素朴なんです。ザ・手打ち!って感じで、小麦の味がするんですよ。かなりコシもあってツルツルとしてて、噂通りめっちゃ美味しかったです。

ほら見てみて! この手打ち度100%な麺
ほら見てみて! この手打ち度100%な麺

けっこうおかわりしている人が多いなーと思ってたら、並んでいるお客様がいても、おかわり優先なんですね! だからこの店はセルフなのに後払いなんです! めっちゃ珍しい。

ちょっと並んでいる人もいて、お店の中も落ち着いて食べられる雰囲気じゃないので1杯で帰りましたが、ちょっと後悔……(笑)。やっぱおかわりするべきでしたね。だって遠いからめったにこないもの。

せっかくなんで散策しましょう!

さて、食べ終わったら、外で大自然が待っています。

ここまでの山の中ってなかなか来ないと思います。せっかくなので散策をしてみました(混んでたら駐車場を空けてから散策しましょう!)。

谷川米穀店と横の水色の橋
谷川米穀店と横の水色の橋

いやー、橋はいいですねー。特に橋の下が!

水色の橋こと「落合橋」と下に見える土器川上流
水色の橋こと「落合橋」と下に見える土器川上流

いや、マジでたまんねー。『ゼルダの伝説』のゾーラとかが出てきそう(マニアックw)!

落合橋と明神橋に囲まれています
落合橋と明神橋に囲まれています

さっきの水色の橋(牛の絵があったやつ)が「落合橋」です。牛だらけですね。

そしてもう一つの橋が「明神橋」です。

明神橋と桜
明神橋と桜

明神橋の向こうに桜が咲きまくっています。すごく綺麗! 谷川米穀店に4月に来るのはかなり良いかも。

2つの橋が合わさるところに信号
2つの橋が合わさるところに信号

個人的には、この2つの橋が合わさるところに信号があるのが好きです。なんとなくテンション上がるよ♪

大自然の動画も用意したよ

この大自然の中を静止画だけでは表現しきれないと思い、動画も用意しました。どうですか? すごい立地でしょ(笑)。

さて、今回も前回の「蒲生(がもう)」と同じく、讃岐うどんの有名店なのに初めて行ったんですねー。ぶっちゃけ、県外の人の方が有名店に貪欲なんだと思う(笑)。

超有名店なのですが、今日は平日! なのでお昼とは言っても大して並びませんでした。休日だとえらいことになるんですけどね。

香川県に住んでいて、時間に融通の効く仕事をしている特権ですねー。えへへ。

今写真を見返しながら気が付きましたが、この店、看板がないんですねー。うどん屋めぐりの記事は、看板をサムネイル写真に使っていたのにィ~(笑)。

あ、香川に来た際は、うどん打ち体験もアクティビティーとしてオススメです。

自分で本場のうどんを作って食べるなんて最高ですよー♪

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!