2013年9月16日

[讃岐うどん]中を頼んだけど満足感大! めちゃんこボリュームのある麺「のぶや」(完全禁煙)

udon-nobuya-250

どう考えてもうどんを食べない週末はありえない、平均的讃岐人のヨス(@yossense)です。

今回は、午後3:00に小腹がすいたので、台風の中、行ってきました。割と微妙な時間です。行ったうどん屋さんは、高松市香南町にある「手打ちうどん のぶや」です。

ごついぶっかけうどん
「のぶや」の太くてゴツイぶっかけうどん。

のぶや の情報

のぶや の外観

まずは看板。

のぶやの看板
「のぶや」の看板

黄色背景に黒文字という、危険を知らせるときに使われる配色です。電光掲示板が「営業中」に切り替わってたので、営業中というのがよく分かりました。

まぁ、それがなくても、電光掲示板の上にある黄色いライトが回っていたら、香川のうどん屋では「営業中」という印ですが。

そして外観。雨が降っているのでジメジメした感じに写っていますが。

のぶやの外観
のぶやの小屋っぽい外観。

黒い壁とすだれがいい感じです。外に手を洗うところもちゃんと用意されています。トイレはあったっけ?

のぶや の内装

そして中に入ってすぐにある注文するところはこんな感じ。

セルフ型式の讃岐うどん
のぶやはセルフ形式のお店です。

そうです。セルフ形式ですね。うん。綺麗ですね。それもそのはず、鶴市から最近移転してきたそうです。

中は完全禁煙! お子さん連れでも安心して美味しいうどんが楽しめます。

ではお品書き。

のぶやのお品書き
のぶやのお品書きはこんな感じ。

お品書きは、上に写真付きでデザインも整った感じです。こういうの、珍しですね。

ただ、「かけ」も「釜かけ」も「ぶっかけ」も「温玉ぶっかけ」も写真にあんまり差異がないため、パッと見はわかりにくかったかなw。肉うどんとかは差異があるんだけどね。

そこで頼んだのは、冷たいぶっかけうどん(中サイズ)。で、子どもたちはかけうどん(大雨で肌寒かった)。

子どもたちが先に会計のところに持って行って、私がもたついていると、店主さんが子どもに一言。

「先に持って行って、食べてていいよ!」

おお~。気が利く店主だ! しかも優しい口調で、人柄が良いのがわかる感じです。

そして子どもがティッシュを探していると、ちゃんとそれを汲み取ってくれて「ティッシュはあそこだよ」と教えてくれました。サービス的能力もバッチリの店主さんです。

ぶっかけうどんが来た!

そしていよいよぶっかけうどん!

ごついぶっかけうどん
「のぶや」の太くてゴツイぶっかけうどん。

ひと目でわかるほど太い麺!! こんなに太くてゴツい麺はそういえば久々に食べます。

頼んだのはぶっかけうどんですが、見た目はかけうどんみたい。たぶん、ダシが多めなんだと思います。それと麺が太く、茹で過ぎでのびたうどんみたいに見えるため「のびたうどん → 温かい」という経験がそう思わせるのかも。

今、ネットで見て知りましたが、ここの店主は、同じく剛麺で定評のある「はゆか」といううどん屋さんで修行されてたそうです。なるほど。

ちなみにセルフ形式なので、うどんを受け取るところに用意されている「天カス」「ネギ」「わかめ(これは珍しい)」をかけておく必要があります。それと薬味とかもいろいろありました。レモン汁も。

私が乗せたのは、天カスとワカメ。ネギは時間も時間だった(午後3時)ので、ちょっと干上がってました。なので今回はパス。

ではいただこうぞ!!

ずっしりと重みあり
麺が太いのでいつも食べているのより物理的に重みアリです。

うどんの麺を食べた印象は……見た目どおりめっちゃ太くて、コシが強いっ!! 太くて、厚みもあって、これ、麺のボリューム満点です。

この午後3時という時間って、実は讃岐うどんと言えど、店によっては麺がかなり柔らかくなっているところもあるんです。一番込み合う時間の12時に合わせて麺を作っているので、その時間を過ぎると、ひどいときには麺がふにゃふにゃ。でも、この「のぶや」の麺はピンピンしていました。あんな時間だけど茹でたてだったのかな? とにかく、美味しかったです。

食べてる最中のうどん
食べてる最中のうどん

そして気になるダシの方は、私好みの甘めでした。お菓子のみりん揚げっぽい風味を感じ取れるほど。しかも量が多いので、濃い目の味でした。ただ、結構特色のある味付けなので好みは分かれるかと思います。

まぁ、とにかく麺の存在感がハンパないです。私はサイズは中を頼んだのですが、大を頼んだかと思うほどの満足感でした。太麺ってあんまり食べないけど気に入りましたぞ!!

ちょっと私的に失敗だったのは天カスを入れ過ぎたこと。天カスが綺麗なので、絵的には映えますが、油っこくなりすぎてしまって(だって天カスだもの!w)残念。

では、せっかくなので、子どもたちのかけうどんも少し味見を!

のぶやのかけうどん
のぶやのかけうどん。

かけうどんの汁は濃いぶっかけとは対照的に、非常にナチュラルな味です。カツオの味で、臭みもないので、魚系の匂いがダメな人でも美味しく飲めるのではないかな?

のぶやの店内の様子です
忘れてたけど、のぶやの店内の様子はこんなんです。

店内も非常に綺麗でした。私は古い感じの店内に何のプラス感情も抱かない人で、はっきり言って綺麗なのがいいです!w

あ、そう言えば、のぶやの駐車場に面白いもの発見。

のぶやの駐車場
のぶやの駐車場で見かけた文字。

軽自動車を停めることを促す「軽」という文字の乱雑さが素敵ですね。たぶん、黄色の文字なのは、軽自動車のナンバーが黄色なので、文字だけでなく、色でもわかりやすさを考えているんですね。きっと。ユーザビリティも考えられた素晴らしいサービス精神です(← たぶん考え過ぎw)。

さて、今回行ったのぶやですが、素直に美味しかったです。ってか、のぶやは思いっきり太麺を楽しむうどん屋ですね。このボリューム感オススメです。

夏場に隠されたメニュー

あと、のぶやは冬季限定で「田舎味噌しっぽくうどん」というメニューが出るそうです。これがまたすばらくし人気だそうです。みそ味で、いろんな野菜が入っていて、アツアツのうどんですが、11月ぐらいから始まるようですね。

この写真のように、夏場のお品書きでは紙を貼って隠されています。いいですね。この雑な感じ! 麺が太い分、熱~いうどんでもなかなか麺が伸びないのも太麺の利点ですね。

これは私も冬場にも是非行かないと!! 冬に高松に来たらぜひトライしてみて下さい。

あ、香川に来た際は、うどん打ち体験もアクティビティーとしてオススメです。

自分で本場のうどんを作って食べるなんて最高ですよー♪

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!