高知には「繁じ」がある! 讃岐うどんを本格的に楽しめて気持ちのいい時間をすごせます(完全禁煙)

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は、高知県本山町にあるうどん屋さん「繁じ」に行ってきました。

高知にある「繁じ」のつけうどん

繁じの外観

繁じ の外観ですが、もはや雰囲気の良さがあふれ出ていますよね。

繁じ の外観

ただの黒い壁ではなく、こいつはオシャレな黒ですよ。看板も木を使っていていい感じですよね。

入り口付近にはオシャレな手書きメニューが。

入り口付近にはオシャレな手書きメニューが。

「当店のお米は相川産米を使用しています。」というこだわり。素敵ですね。

というわけで、店内に入ります!

繁じ の店内

美味しいと評判のお店なので期待が膨らみます。

繁じ の店内

繁じ の店内に入った瞬間、「あ!木の匂いや!」と感じました。

まるでログハウスにいるかのよう(ん? この店はログハウスか!)。

木の匂いのする

音楽もJazzがかかっていて、超居心地がいいです。

あえてだと思いますが、時計も壁に掛けられていません。こんな雰囲気の良い店ですから、当然ながら完全禁煙です。

あ、そうそう。入り口に入ってすぐに気づきましたが、おでんがあるんですよ!

入り口付近にはおでんがある

香川県のうどん屋と同じですね。

座敷もちゃんとあります。

座敷には赤ちゃんや子ども用のイスが

子どもや赤ちゃん用のイスもしっかりと用意されていますね。しかもいいやつですよこれ。

テーブルの上には砥部焼の箸入れが。……ということは、うどんの器も砥部焼かな?

箸入れが砥部焼です

メニューを見てみると……

かけうだんは530円です

かけうどんは530円です。香川県民としては「おお! 高い!」と思いましたが、ここは香川じゃないし、フルサービスのお店ですからね。

友達のイケダハヤトさんが「とり天がオススメ」と言ってたのでとり天ざる(880円)を注文することに。

とり天ざるを注文

鶏肉は国産の鶏だそうです。

繁じ のうどん

というわけで、繁じ のうどんが来ました!

繁じ のとり天ざるがデカすぎる

なんというか……
デカすぎるっ!!

器はやはり砥部焼ですね。香川ではうどん用の器は砥部焼(愛媛県)が好まれます。

わたしは割と食べるほうですが、それでもちょっとデカすぎだ(笑)!

普通に何も言わずに注文すると、わたしのように「並盛(2玉)」が来ます。なので「小盛(1玉)」をオススメしておきます。

並盛は大きいので小盛がオススメ

そして、この鶏の天ぷらもまた、3つもドカーンと存在感抜群です。

トリの天ぷらの存在感

なんじゃこりゃ!! ボリュームがすごすぎですよ!! これだけあれば、880円とか全然高くない(笑)。

鶏を食べてみます。

とり天を食べる

なにこれ!超美味しいじゃないですか!

とにかく衣のサクサク感が凄まじいですね。作り置きとは全く違います!!

そして、中身の肉の柔らかさ。ジューシーで一気に1つ目を食べほしてしまいました。

そのまま何もつけずに食べても十分おいしいですが、つけだしに浸けて食べてもいいですね。

お次はいよいよ麺です。

これは!

繁じ の麺です

麺を見ただけで美味しいのがわかります。この手打ち感、そしてツヤです。

コシも強く、完全に讃岐うどんですね。美味しい!

高知にある「繁じ」のつけうどん

だしもイリコ風味で、甘みもあってごくごく飲んでしまいそうな勢いでした。美味しい。

あ、こちらは釜玉うどんです。

繁じ の釜玉うどん

こっちもおいしそうですね。ネギも超新鮮です。

さて、今回は高知のうどん屋さん「繁じ」の紹介でした。

ここまでの味なのはたぶんオーナーが香川県か讃岐うどん屋さんで修行したのかと思いますが、これだったら香川に来なくてもいい味ですね。いや、それでも来てほしいけど(笑)。

住所
高知県土佐郡土佐町田井1208-11
電話
0887729711
営業時間
11:00~14:00(麺が切れ次第終了)
定休日
不定休
うどん屋のタイプ
フルサービスタイプ

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です