2014年6月24日

コピペ時の文字の大きさ・色・太字を無効化したい→テキペが便利

tekipe-250

こんにちは! 効率的なツールが大好きなヨス(@yossense)です。

パソコンを使っていて、最も頻繁にやる作業の1つがコピペだと思います。例えばネットで文章をコピーして、エクセルとかEvernoteにペーストしたときに「文字の色とか大きさがうざっ!」ってなるときないですか?

書式を解除してくれるツール「テキペ」が便利!

今回紹介するのはテキペというツールです。このツールは 文章をコピーしたときに、その文章の書式(文字装飾)を無効化してくれるんです。

テキペで解決すること

ネットの文章をコピーしてエクセルにペーストしたときに、文字が太かったり色が付いていたり……。

ネットの文章をエクセルとかにコピペすると太字とか色が勝手に反映される!
ネットの文章をエクセルとかにコピペすると太字とか色が勝手に反映される!

そうなんです。ネット上の文字装飾がそのままエクセル上でも反映されてしまうんです。私の場合はEvernoteにコピーしたときに、この問題に悩まされました。

ウザいですよねー。文章だけがほしいのに、装飾がしっかりとついてきます。

テキペを使うとこうなる!

そこでテキペの登場です! このテキペを起動させておいて、コピペすると!?

テキストだけに!
テキストだけになります!

なんと文字装飾がすべて無効化になります。これは嬉しい! 起動させておくだけという手軽さがいいですね。

テキペをダウンロード

ではテキペをダウンロードして起動させてみましょう。

1テキペのダウンロード

テキペは下のリンク先から無料でダウンロードできます。

ダウンロードページ

2好きな場所に入れて起動

テキペは、パソコンの中にインストールしないで使えるツールです。好きな場所に入れて起動させるだけで使えます。

具体的には、[ ダウンロードした「tx243.zip」を解凍する ] → [ 解凍された「tx243」を好きな場所に移動 ] → [「tx243」の中の「テキペ24.exe」を起動(ダブルクリック)]で適応されるものです。

違うパソコンでも使えるようにクラウドに入れるのをオススメします。

「テキペ」の設定

テキペはそのままで問題ありませんが、私のオススメの設定も紹介します。

小さく表示するように変更

テキペは初期設定では、モニターの右上にウインドウ(そんなに大きくはない)として表示されます。これを小さくさせましょう。

1小さく表示するように変更

右上に出ているウインドウの中の小片化を押しましょう。

小片化をクリックするだけ
小片化をクリックするだけ!

2こんなに小さくなります

アニメーション

するとウインドウが消え、その代わりにタスクトレイの辺りにすっごく小さくなったアイコンが出ます

これをクリックする度に「動」と「止」に切り替わります。「動」になっているときはテキペが動いています。これを「止」に切り替えると、一時的にテキペを止めることができます。

もう一度ウインドウに戻すときは、アイコンの上で右クリックをするとOKです。

パソコンを立ち上げると同時にテキペも起動

テキペ はそのままだと、パソコンを立ち上げる度にクリックして起動しないといけません。そんなの面倒なので、パソコンを立ち上げると同時に、テキペ も起動するように設定しておきましょう!

1スタートアップに入れておく!

スタートアップというフォルダに入れておくことで、パソコンの電源を入れると同時にテキペも起動してくれます。

詳しくは以下の記事にて。

2起動と同時に小片化に

先ほどの「小片化」ですが、パソコンの電源を入れると同時に小片化される設定にします。

[ ウインドウのをクリック ] → [ OPをクリック ] → [「起動時小片化」にチェクを入れる ] → [ 登録をクリック ]

ここで「ALT+CTRL無効」にするのもオススメします。知らぬ間に切り替わっていてウザいことがあるので。

3アクティブ状態で起動するように

今度はPCの起動と同時に、小片化したテキペをアクティブ(適応された状態)にする方法です。

実はテキペは、小片化させると、そのままでは「止」で立ち上がるんですねー。

先ほどスタートアップに入れたテキペ24.exeへのショートカットのプロパティを開きます。

ショートカットのプロパティ
[ テキペ24.exeへのショートカットの上でマウス右クリック ] → [「プロパティ」を選ぶ ]

4「リンク先」に「 /1」を追加

そして以下のようにするだけで、小片化したテキペがアクティブ状態で、PCの軌道と共に動き出します。

[「ショートカット」のタブ ] → [「リンク先の欄の後ろ(「テキペ24.exe」の後)に「 /1」を追加する ] → [ OKをクリック ]

追加する文字列は「 /1(半角スペース・半角スラッシュ・半角1)」です。OSのバージョンによっては「"」の追加が必要な場合があります。

さて、今回のツールは、私の場合は記事を書くときに大活躍しています。

書きたい記事の資料をネット上で見つけ、Evernoteにコピペして、それを見ながらEvernoteでブログ記事を書き始めることが多いからです。

ちなみにEvernoteで記事を書くときはこちらのツールたちも大活躍しています。どれも便利すぎなのでぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!