2015年10月14日

軽々しく夢を語れ! さもなければ「願望」は儚く消え去っていく

talk-about-dreams-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は「夢を語る」ということについてです。ほら、いますよね?「軽々しく夢を語るな」的なことをいう方って。

夢って語ったらあかんの?

いやー、ほんまに思うんです。なんで夢を語ると「軽々しく夢を語るなッ!」みたいに思われるのか意味わからんです。

そういう人は「未来の願望」を聞くより、「現在に愚痴を言う」方を好むんでしょうね。

たぶん、「しゃくに障る」とかレベルの感情でしょうけど、夢を語られても受動喫煙と違って健康に被害を受けませんし、いいじゃないですか。そもそも、愚痴で解決することなんてないんですよ。

発信することで自分を奮い立たせる

夢って「将来なりたいこと」、「やりたいこと」です。口に出すだけで楽しい気分になりますが、最初の段階では元々は望みが少ないものです。

子どもがサッカー選手になりたい……と言ったとして、その確率を伝えて諦めてたら日本のサッカー界は衰退します。夢って諦めたらあかんのです。

でも「こうなりたい!」って願望は、思い始めた当初はものすごくふんわりしています。口に出さないと自分すら忘れてしまうものもあります。で、何年後かに思い出したり……を繰り返したりするんですよ。

「そんなレベルで忘れるヤツは口にすんな!」って言いたい気持ちもわかりますが、願望にガチガチの規定なんて要るんでしょうか。減るもんじゃないし、ガンガン発信して自分を奮い立たせればいいじゃないかと。

言葉で発することで叶う率は上がる

いろんなところで聞くことなのですが「願望」って言葉に出した方が絶対に叶う確率が上がります。幸せなんか逃げていきません(笑)。

だって「私がカナダで永住したい」と思っていることなんて言わないと誰も知りませんよ。テレパシー使える人ってまだまだ少数派だと思うんです。

もしかしたら、こうやって発言することで誰かが夢の手助けをしてくれるかもしれません(← マジで惜しみなく手助けお願いします!!)。そんな可能性を自ら封印するなんてもったいないです。

個人的には「夢」という言葉は選ばない

ちなみに私は「夢」という言葉は実際には使いません

「将来、カナダで住むのが夢です」ではなく「将来、カナダで住む予定です」という言い方を好みます。

だって、夢って叶わなさそうな気がしませんか? 私の持論ですが、寝て見る「夢」とごっちゃになっているからです。

ということで皆さん、軽々しく夢を語りましょう! ブログを書いている方は発信するのをオススメです。

さて、今回は「夢を語ること」についてでした。もちろん口に発したからと言って叶うとは言い切れません。やっぱり大事なのは心です。

でも口に出すことで、口に出さないよりは絶対に叶う確率が上がりますので。軽々しく口にしていきましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!