2013年10月4日

[ ショートカット ] 項目間の移動には「Tabキー」で! タブを切り替えるショートカットも

tabkey-250

こんにちは。ショートカット大好きなヨス(@yossense)です。

ショートカットが使えなくなると発狂してしまうくらいの大事態です。パソコンを使っていて、1分間に何度ショートカットを使っているかわからないほど使いまくっています。

そんなショートカットの中でも基本なんだけど、知っていると知らないではスピードの差がすさまじいキーの一つがTabキーです。今回はTabについていろんな便利なワザを紹介します!!

Tabキーの基本的役割

タブキー
キーボードの左の方にあるTabキー。

TabキーはQキーの左隣にあるキーです。小指で届き、比較的押しやすい場所にあります。

そして通常使うときのTabの基本的な役割は「項目間の移動」です。それでは詳しく見ていきましょう。

ウインドウで次の項目に移動

例えばファイルを開いたり、保存したりするときに出てくるこんなウインドウ。

Tabキーで次の項目へ移動
Tabを押すたびに次の項目へ移動します。

上下左右の矢印キーを押しても次の項目に行かないので、マウスを使わないと無理なんだと思っていた方、多いのではないでしょうか?

そうなんですねー。こういうときこそ、Tabの出番だったんですね。

項目に移動したあとは、とかで選択して下さい。

今度は逆に移動したいとき

Tabでの移動になれてくると、今度はこんな疑問が生じるハズです。

このカーソル逆に行ってくれないのかな?

もちろんいけます。Tabを連打していると、どうしても止めたかった項目を通り過ぎることもよくありますよね。そんなときはShiftを押しながらTabを押すと逆方向に選択カーソルを移動できます! これは便利。

メッセージウインドウでも

メッセージウインドウでもTabキー
頻繁に見るこういうメッセージウインドウもTabキーで。

「内容は変更されています。内容の変更を保存しますか」のウインドウで、はいいいえキャンセルを選ぶ時なんかも、Tabで選択できます。ちなみに、決定はSpaceキーを押すとOKです。もちろんShiftを押しながらTabを押すと逆方向に移動します。

ついでに言っておくと、はいAlt+Yで、いいえAlt+Nでもショートカットになります。ボタンにある「(Y)」とか「(N)」ってショートカットを教えてくれているんですね。

入力フォームでも

入力フォームでもTab
入力フォームで大活躍のTabキー。

インターネットを使って買い物をしたり、問い合わせをしようとすると、必ずぶち当たるのが入力フォーム。ここでもTabが大活躍です。

次の項目に移動するたびに、右手をキーボードからマウスに持ち替えしていた昨日までは何だったのでしょうか? 費やした時間を返して欲しいです(大げさっ!)。

もちろんShiftを押しながらTabで、逆方向に戻ります。

1チェックボックスとかラジオボタンの決定は?

フォームの中にときどきある、チェックボックスとかラジオボタンですが、これらを選択するときはSpaceキーを使います。うん。これは聞かないと分からないだろうな。

2プルダウンの選択は?

今度はプルダウンです。プルダウンの場合は、を押して選びます。

該当する項目になったら、Tabで次の項目へ行くだけでOK。

3おまけ: WEB制作者向け

ちなみに制作者側での話になりますが、フォームの入力エリアをTabキーを使って移動させる順番は、HTMLタグの「tabindex」属性で指定してやります。例えばこんな感じ。

<input type="text" name="お名前" id="textfield" style="ime-mode: active;" tabindex="1">
<input type="text" name="住所" id="textfield" style="ime-mode: active;" tabindex="3">
<input type="text" name="電話番号" id="textfield" style="ime-mode: active;" tabindex="2">

tabindex」の数字が「tabindex="2"」になると2番目に移動するという意味です。

これをブラウザで見るとこうなります。下の一番上の欄に何でも文字を入力して、Tabを押してみてください!



ハイ。あえて、一番上→一番下→真ん中という順番に移動するようにしています。こんな感じで指定できるって訳です!

タブの移動は?

プロパティなんかを見ているとよく見かける「タブ」。これはルーズリーフなんかのインデックスの役割を持っていますよね。

タブってこんなやつ
タブってこんなやつ。

これがないとウインドウが大きくなりすぎて、ゴチャゴチャします。私の机の上みたいに。

そんなタブ間の移動もTabが使われます。ん? だからTabキーという名前なのか??

ところが、普通にTabキーを押すだけでは、カーソルは縦に移動します。横に移動させるときは、Ctrl+Tabにします。

タブの移動
タブの移動もTabキー。

いやー、これ。私の場合は、パソコンを触り始めて10年目ぐらいに知りましたよー。まいるなー。これを知ったとき、私はまさに目からウロコ状態でした。何で誰も教えてくれないんだろ?って本気で思いましたよ。

あ、これもお察しのとおり、Shiftを足して、Shift+Ctrl+Tabで逆方向に移動します。

起動しているツール間の移動は?

これ、むちゃくちゃおすすめです。Altキーを押したまま、Tabを押すことで、起動しているソフトを切り替えられるんです。

私みたいにたくさんのソフトを起動させてパソコンを使う方には、これは絶対必須です。

詳しくは以前書いた、下の記事をご覧ください。

私はパソコンを触り始めて5年目ぐらいに知りました。

さて今回は、思いっきりTabだけに焦点を絞りました。Tabキーだけでこんなに書くことあるんだなぁと思いましたw。

コンピューター系の学校とか、パソコン教室なんかに通ったりしていた方は教えてもらえるのかもしれませんが、普通は運良く親切な上司にでも巡り会えないと知らずに一生を終えると思います。……誇張しすぎですが。

なので、会社に最近入ったばっかりの後輩なんかに教えると、感激されるかもしれません。もちろん自分よりパソコンに詳しい後輩に言うと「ハァ?」って顔されますがw。

こんな記事も気に入ってもらえるかもしれません。こちらも合わせてどうぞ♪

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!