2016年4月14日

自分に向いてる仕事がわからない40歳の友人。問題は自分をわかってないこと

strengthsfinder-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

最近、かれこれ30年ぐらいの付き合いになる友人と久々にFacebookのメッセンジャーでやりとりしました。ええ。前にも書きましたが「仕事辞めたいわー」な相談でした。

仕事にやり甲斐を持てない

友人は同い年なので、現在40歳。

よくわかんないですが、機械をいじっている仕事です。

給料も上がらないし、職場もおっさんばっかりで出会いがないとかいろいろ愚痴っていました。まぁ、やり甲斐がないってことですよね。

そしていつものパターンで「仕事辞めたいわー」って言うのでいつものように言いました

「じゃあ辞めたらええやん!」って。

やりたいことは別にない……

友人は「そやな。辞めたいわー」と言ったので、わたしは「やりたい仕事ってあるん?」と聞きました。

でも友人の返事は「べつにやりたいことはない……」です。やりとりをしているとひしひしと伝わってくるんですよ。自信がないことが! 昔からだけど。

オレは何もできない」とか「パソコンが使えない」とか弱気なセリフばっかり。会話もどんどん暗くなっていきます。

「オレってダメな奴やから……」みたいなセリフばかり。こらあかんわ~!と思いました。

自分に向いている仕事がわからない

実際のところ、わたしから見ると良いところはいっぱいあるんですよね。

わたしと違って文句を言わずに会社のために働くし、体力もある。覚えるのも得意だし、正義感も激強い。

結局のところ、自分のことをよくわかってないってことですよ。40歳になっても。

その日は微妙な感じで会話を終えました。ネガティブパワーがうつるわ……、ほんまに(うつらんけど!)。

ストレングスファインダーをやらせよう

自分のことを分かってないということは自分を知ればいいんですよ。

その友達といたときにはネガティブパワーでやられていて思い出せなかったけど「ストレングスファインダー」がありますよね。

「ストレングスファインダー」というのは、質問に答えていくと自分の強み(得意なこと)が5つ明確になるというやつです。わたしも5年前ぐらいにやりました。

この「ストレングスファインダー(StrengthsFinder)」というのは自分の「強み(strengths)」を「finder(探知機?)」という意味です。

無料で診断できますね

このストレングスファインダーっぽいやつが求人サイト「リクナビNEXT」でできるみたいですね。

リクナビNEXTのグッドポイント診断
リクナビNEXTのグッドポイント診断

「リクナビNEXT」の「グッドポイント診断」というものですが、これも自分の強みがわかります。ネット上でやるのでかなりサクサク進められるのがいいですね。

診断は下記リンクボタンからできます。無料だし30分ぐらいでできるので面白いですよ。

リクナビNEXTで診断

わたしが診断した内容については、こちらで紹介しています。なかなかおもしろいです。

この診断ですが、診断結果はどれも肯定的な言葉で書かれてて気分がいいんです(笑)。

ほら、どんな物事にもポジティブな面とネガティブな面がありますよね。そのポジティブな面をしっかりと教えてくれるんです。

無料なのでぜひお試しください。友達にもやらせないと。

リクナビNEXTで診断

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!