キーボードに水をこぼした! 機械音痴がRealforceを初めて開いたよ

spilt-water-on-keyboard-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

私が愛用しているキーボードは高いです。20,000円ぐらいするRealforceというキーボードを使っています。そんなキーボードに水をこぼしてしまいました!! というわけで私がやった対処をメモしときます。

お水で良かったー!!

以前の記事でも書きましたが、私は常に水をペットボトルに入れて飲んでいます

いやー、助かりました。やっぱり水以外だといろんな意味で怖すぎますよ。電子機器もそうだし、じゅうたんもコーヒーだったらエラいことです。ほんと水でよかったです。

それはともかく、すぐにキーボードをパソコンから外してキーボードを逆さまにしました。水を落とすために。

ええ。そんなことで水が全部落ちるんでしたら、「キーボード水拭き業者」なんて存在しません(← いや、存在せんしw)。

なので、機械オンチの私ですがついにキーボードを開ける日がきてしまいました。

アホみたいに簡単に開いた!

こういう機械をいじるのって、最初っからハードルが高いんです。

なぜってドライバーを取りにいかないといけません。あー、めんどくさー!!

と思っていたらなんと!!「Realforce」は、ドライバーがなくても簡単に開けました。

ドライバーなしで爪でカチッとするだけ!
ドライバーなしで爪でカチッとするだけ!

すでに感動ですよ! 私はドライバーを回すのが下手なので、ネジの頭がボッコボコになるのも嫌だったんですよね。そんな心配無用でした。

上の画像のように親指でカチッとするだけです。まじでビックリするレベルの手軽さ! メーカーの東プレもここまで考えていたんですね。しらんけど。

キーボードの中なんて初めて見たよ

そして、こんな感じでめっちゃ簡単に開きました。

めっちゃ簡単に開いた!
めっちゃ簡単に開いた!

思っていたよりごちゃごちゃしていない。こんな感じなんですね。

水をふきとる
水をふきとる

というわけで水を拭き取りました。

……って、本当はもうちょっと濡れていましたが、写真を撮るより拭くのを優先しました(笑)。いや、20,000円もするからね。

ふと見ると、ほこりとか、髪の毛とかお菓子の粉がひどかったです。特にお菓子の粉! バリバリ食べながらやるの、あんまりよくないかもね。

こんな構造です

ちょっと取り出して見ると……

キーボードってこんな構造なのか!
キーボードってこんな構造なのか!

キーボードの板みたいなやつの下に基板があるんですね。だから、少々水がこぼれても、大切な基板にはすぐには行かないみたいです。ほっ。

さて、ちょいとまとめてみます。

  • キーボードの近くに飲み物を置かない方がいいよ
  • 水を飲む派でよかった!
  • Realforceはドライバー無しで簡単に開くよ
  • キーボードの中には結構ゴミが入っている
  • Realforceは多少の液体だったら大丈夫な作りっぽい(たぶん)

あと、今回のキーボードに水をこぼした事件ですが、ブロガーとして失敗が一つありました。それは水をぶちまいたときの写真がないこと(笑)。

いやー、さすがに無理でした。そんな頭のなかが真っ白になったときにカメラでおちおち撮ってられませんよ!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!