2016年5月29日

小学生の靴=瞬足だと思っていた私が「ガチ強」最強だわ…と確信した理由

slooProImg_20160422133610.jpg

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

子どもの運動靴と言えばアキレスの「瞬足(しゅんそく)を履いている子が多いです。うちもそうでした。

でも「ガチ(つよ)」がすごいんですよ。これ、ほんとに最強です。

子どもに6ヶ月間履かせてみたのでその感想をまとめます。

運動好きのウチの子の靴は3ヶ月と持たない

うちの子ども達はめちゃくちゃ外で遊びます。

特に長女は小さいころから走るのが大好きで、小学校4年ですでに50メートル走が8秒台前半という。

そうなると靴が破れて、すぐにダメになるんです。毎回、左親指あたりに穴が空くんですね。

娘が活発すぎてすぐに靴がボロボロに……
娘が活発すぎてすぐに靴がボロボロに……

「瞬足」を使っても「SUPERSTAR(スーパースター)」に変更しても2~3ヶ月に1回は靴を買い替えなくてはならなかったんですよ。

小学生の靴って1足2,800円ぐらいするので家計に痛いんですね。そんなとき、娘が「友達が『ガチ強』っていう靴を履いていていいらしい」と言っていました。

へぇ? 靴の名前が「ガチ強」?!
まじで(笑)?

運動靴「ガチ強」の箱
Championの運動靴「ガチ強」の箱

最初は、「名前負けしてんじゃないの(笑)?」って思っていました。ええ、最初は……

小学生の運動靴に3,700円か……と思いましたが

正式名称はChampionのダンガンシリーズ「ガチ強」だそうです。

というわけで、買ってきました。見るからに今までの靴とは違います。

これが「ガチ強」です
これが「ガチ強」です

値段も3,700円しましたからね。

小学生の通学シューズに3,700円か……と思いましたが、どれぐらい強いのか試してみたかったのもあって購入です。

素材がポリ塩化ビニル!

まずびっくりなのですが、靴の素材がポリ塩化ビニル(PVC)なんですよ。

なんとポリ塩化ビニル!
なんとポリ塩化ビニル! 素材がまったく違います

見てください! がっしりとコーティングされています。

がっしりとコーティグされている感じです
がっしりとコーティグされている感じです

若干、通気性はよくないかもしれませんが、明らかに頑丈そうですね。

そしてこちらが、6ヶ月後の姿です!

6ヶ月経っても指先が破れてない!
6ヶ月経っても指先が破れてない!

なんと! いつも真っ先に破れる左指あたりが、半年たっても全く破れていません。ほかの靴と比べるとミラクル!

かかと辺りには通気性のためにか、メッシュ部分になっています。

ガチ強のかかとあたり
ガチ強のかかとあたり

ガチ強の底

ガチ強の底部分はこんなふうにイボイボになっています。分厚いゴム底です。

ガチ強の底部分
ガチ強の底部分

これがまた頑丈なんですよ!

そしてこちらが6ヶ月毎日走りまくったあとの姿です。

6ヶ月後のガチ強の底部分
6ヶ月後のガチ強の底部分

冒頭で書きましたが、うちの子はとにかく走りまくります。昼休みも、放課後も陸上のクラブで走りまくっています。

家に帰ると別の靴には履き替えていますが、6ヶ月間使い倒してこれだけ底の凹凸が残っているのはすさまじいの一言です。

先端の方はさすがにすり減っていますが。

「ガチ強」の内側

内側はメッシュになっています。

ガチ強の内側はメッシュに
ガチ強の内側はメッシュに

靴底は外せる仕様。

取り外しも可能
取り外しも可能

ということでガチ強を履かせてみるとこんな感じ。

ガチ強を履いたところ
ガチ強を履いたところ

いいですね。カッコいい。

ただし、「瞬足」や「SUPERSTAR」と比較すると少し重いそうです。まぁ、素材が違いますからね。

先端を曲げてみました
先端を曲げてみました

まじで最高!「ガチ強」は雨にも強い!

そして、小学生の運動靴で一番困るのが雨の日。特に梅雨のシーズンなんて最悪ですよ。

だって、徒歩の小学生は靴の内側までビショビショになってしまいますから。そうなると学校で靴下ビショビショのまま過ごすのも可哀想なので、換えの靴下を持っていっています。

ガチ強は雨にも強いですよ
ガチ強は雨にも強いですよ

そして、さらに最悪なのが、夜そのまま放って置くと乾かないこと。

新聞紙をつめ込んだり、ドライヤーを使って対策をしますが、これがまた大変すぎる……。

ところがですよ! このガチ強ときたら、中まで水が浸透しないんですよ! さすがポリ塩化ビニル!

せっかくなので、雨の日にバシャバシャやっている動画を撮影。

水たまりを見つけては不自然に中に入ってもらいました。それはもうバシャバシャと。

で、ガチ強を脱いで靴下を見てみると!!

さすがにやりすぎたので靴下にちょっと浸透した(笑)
さすがにやりすぎたので靴下にちょっと浸透した(笑)

「ここまでやっても全然濡れないんですよ!」と言いたかったのですが、やりすぎたみたいです。

さすがに長靴レベルで水たまりに入り続けると靴の外側のつなぎ目部分から少し水が浸透するようです。それでもこの程度。

そしてお気づきになりましたか? ふつうの靴なら真っ先にビショビショになるはずの
先端部分が全く濡れていない!!

これは衝撃じゃないですか? つまり、雨の日の学校の行き帰りでふつうの使い方をしていれば靴下が濡れることはないということです。

換えの靴下も、夜にドライヤーで乾かすのも不要ですよー!!

「ガチ強」のメリット・デメリット

では最後に「ガチ強」のメリット、デメリットをまとめます。

まずはメリットから。

  • とにかく丈夫
  • 雨の日でも靴の中に水が染み込まない
  • 汚れにくい

上では特に書いていませんでしたが、ポリ塩化ビニル素材なので汚れにくいんですよ。

ちょっと泥がついても水で洗い流すだけでOK! しかも内側が濡れないので特別に乾かす必要もなし! 素敵です。

逆にガチ強のデメリットをまとめてみると……

  • 「瞬足」とかより高い
  • 少し重い
  • 通気性が悪い

「瞬足」などと比べ1,000円ほど高いですが、その価値は十分あります。

というか買い替え回数が減るので長い目で見るとオトクです。ふつうに使っていれば1年は持ちそうな気配なんで。

重さに関しては、参考までに長女の50メートル走の記録を見てみます。

うちの子の50メートル走の記録
小3(瞬足) 9.5秒
小4(SUPERSTAR) 8.4秒
小5(ガチ強) 8.4秒

すみません。参考になりませんね。身体の大きさも筋力も成長しますから。

ただひとつ言えることは、小5でガチ強を履いている子でも8.4秒は出せるという事実だけですね(笑)。

陸上に力を入れているお子さんの場合は体育や運動会のときは軽い靴(瞬足とか)を使って、普段の登下校などはガチ強……というのもアリです。ぶっちゃけそこまでする必要はないと思いますが。

あと、通気性に関しては夏場は使わない選択肢もありますが、小学校って基本的には上靴で生活している時間が長いので気にするほどではないです。

今のところ「この靴履いていると暑い!」とは言っていませんから。

ということで、小学生の通学・運動靴として「ガチ強」を本気でオススメします。

とくに破れないことに加え、雨の日の活躍はすばらしいですので。

ちなみに、いろんな色の種類があるので、通学以外にも使えますよー!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!