2013年3月2日

矢印も! SnapCrabならスクリーンショット画像の保存までが一発で!

snapcrab-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はスクリーンショットを撮るときにオススメのツール「SnapCrab」の紹介です。

SnapCrabでできること

コンピューター上の動作の手順を説明するときにスクリーンショットは非常に便利です。私がこのブログを書いているときに、気が狂うほど使っている機能です。

でもWindowsのスクリーンショットって、prt scを押してクリップボードにコピーして、画像ソフトを立ちあげて、ペーストして、それを保存……といった面倒な作業をしないと、通常では画像データが出来上がりません。でも、こんなことをやっていたら、日が暮れてしまいます。

さて、そんなイカれた作業をボタンひとつで完了してくれる「SnapCrab」というツールを紹介します。

キーを1回押すだけで一瞬で画像保存

普通なら、prt scキーを押すだけでは、クリップボードに保存されるだけです。ちゃんとした画像にするなら、[ 画像編集ソフトを起動 ] → [ Ctrl+Vでキャプチャー画像を開く ] → [ 保存 ]いう面倒な作業が必要でした。いくらなんでも、これはめんどくさすぎやろっl!

でもSnapCrabならPrt Scを押した瞬間、画面が画像として保存されます。

矢印とかも画像に写ります!

矢印とかも画像に写ります!

これ、すごく欲しかった機能です!普通にスクリーンショットを撮ると、カーソルの矢印指マークは写りません。でもこのSnapCrabならカーソルも一緒に画像になります!!

部分も切り取れます!

全体じゃなく部分も撮れます

SnapCrabなら、画面全体じゃなくて、切り取りたい部分のみをスクリーンショットで撮れます!!

やり方も簡単! まず、Ctrl+Prt Scを押します。すると、ドラッグで選択範囲を選べる様になるので、切り取りたい部分を選択します。そして、決まったらCtrlキーを押すだけ!!

これで美味しそうなピザの写真も切り抜けますね!

SnapCrabの使い方&設定

SnapCrabの素敵さがわかったところで、早速インストールして使ってみましょう!

SnapCrabのインストール

インストール方法ですが、まず下記ページからソフトをダウンロードしてください。

ダウンロードページへ

ダウンロードができたら、[ ダウンロード ] → [ 解凍 ] → [ 解凍したやつを開く ] してください。

SnapCrabの使い方

使い方はPrt Scを押すだけです! たったこれだけの動作で、スクリーンショットを撮った画像が、画像データとして保存されます

でもインストールしたままの状態だと、変な場所に保存(Cドライブ内にあるProgram Filesの中のFenrir Incというフォルダの中)されます。

この保存場所は変更できるので変更をオススメします。そのやり方は次の項目で!

保存先を変更する

ではスクリーンショット画像の保存先を変更させましょう。

個人的にはいろんなパソコンで使えるようにクラウドを保存先として指定するのをオススメします!

1まずは「設定画面」を出す

[「SnapCrab.exe」をダブルクリックして「ツールバー」を表示させる ] → [ 出現したツールバーの「歯車アイコン」をクリック ] → [ 詳細設定 ]

これで設定画面が出ます。

SnapCrab.exe」は保存した場所(おそらくProgramfileの中の「Fenrir Inc」フォルダ)にあります。

2保存先を変更

では、Prt Scを押した時にキャプチャー画像が自動保存される場所を指定します。

設定画面では、[ 保存タブ ] → [「指定のフォルダ」にチェックを入れる ] → [ 参照をクリック ] → [ 保存するフォルダを選択 ]

この詳細画面では、「保存形式の変更」や、「ショートカットの変更」などいろんなことが出来ますが、別に私的には要らないかなと思います。めんどくさいし(笑)。

クラウドに保存指定しておくと、複数のパソコンからスクリーンショットで撮った画像を見られるようになり、オススメです。

スタートアップに入れておくと便利

このソフトは、パソコンを立ち上げ直す度にSnapCrabを起動させないと使えません。なのでWindowsを立ち上げると同時にSnapCrab自動で立ち上がる設定をしておきましょう!

詳しくはこちらの記事をご参考にどうぞ!

こんなときに便利

Prt Scのキーを押すだけで画面の写真が撮れて保存が出来るというスピーディーな特徴を使っていろんなところで活躍できます。

こういうブログとかマニュアル作りに

このヨッセンスみたいなブログを書くときに便利です。ソフトとかの使い方を説明するときは画面画像がないと分かりにくいですからね。ひたすら撮り続けています。

ほかにも、ソフトの使い方のマニュアルを作るときにも使えますね。

ネットで参考画像を集めているときに

たとえば、猫の絵を描こうと思って、ネットで猫の参考画像を集めているときに便利です。

通常なら、ブラウザで気に入った画像を見つけるたびに、[ マウスの右クリック ] → [ 画像を保存 ] → [ 保存場所を選択 ]と言った面倒なことをしなくてはいけません。でも、SnapCrabがあればそんなことをしなくても、Prt Scを押すだけで、画面全体が撮れて保存されます!

もちろん、ブラウザとかカーソルも写ってしまうので、それが嫌な場合は使えませんが。

カラーバリエーションを出すときに

ロゴとかページデザインで、カラーバリエーションを出すときに便利です。

例えば、ロゴを青色で作って、パシャッとSnapCrabで撮って、今度は色を赤に変えてパシャ!! 次は緑で……という感じ。ボタンひとつでどんどん画像がフォルダに貯まるので、楽チン!!

というわけで、指先一つでスクリーンショットの画像データを作ってくれる、ケンシロウのようなツール「SnapCrab」はいかがだったでしょうか?

ぜひ、マニュアル作りなどに活用してみて下さい。

ちなみに、スクリーンショットで撮った画像を、雰囲気そのままに拡大する方法(フォトショップを使用)は下の記事です。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!