2014年5月19日

知ってた? 禁煙席は「タバコの吸えない席」じゃないよ!

smoking-aria-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

先日、うどん屋さんに行ったのですが、禁煙席が時代錯誤だったので、そのことについてです。

近所のうどん屋さんで見た禁煙席

こちらの写真を見てください。こちらは昨日()、近所のうどん屋さんで見た禁煙席です。

喫煙&禁煙エリア
喫煙&禁煙エリア

禁煙席と喫煙席の仕切りは「机の横幅 × 50cm程度の高さ」の壁(?)があるだけです。この禁煙席は言うまでもなく、煙がモクモクと来まくります。

禁煙席は、タバコの煙害から座っている人を守るためにあります。絶対にこの店のオーナーも知っていると思うのですが、気体であるタバコはこんな壁では防げません。なので、この禁煙エリアは全く目的が果たされていません

実はちょっと昔のこの店は……

でも実は、この店、5年~10年前はこんな感じでした。

禁煙席が1つ
喫煙席に囲まれて、禁煙席が1つだけ!

うほっ!? マジか!!「アタック25」でボロ負けした人みたいな図ですが、この禁煙席の状況は喫煙席と全く同じですね(笑)。

この「禁煙席」とやらに座った人はタバコを吸えないだけです。周りからはガンガン煙が来ます。なんかの罰ゲームか(笑)?

まぁ、この状況からすると今は多少は席が増えたので、マシになったと言えばマシになっています。でも煙はモクモクと禁煙席に届きますので、結局のところ全く変わっていません。

禁煙席の設置理由

こういうお店を見ると「禁煙席」を設置する理由が全くわかっていないのかな?と思います。

タバコの煙は身体に有害だから、従業員とかほかのお客さんに煙で害を与えたらアカンよ!というのが理由のハズです。

禁煙席は「タバコが吸えない席」ではなく「タバコの煙が来ない席」であるはずなんですねー。

こんなお店もまだまだありますが、それでも10年前とは比べ物にならないほどレストランでの喫煙状況は改善されました。

私の場合、タバコアレルギーなので、完全に禁煙じゃないと行きたくても行けないんですよねー。これからもちょっとでも行けるお店が増えて、どのレストランに行こうかなぁー!って選べるようになってほしいです。今は全然選べないので……。

※ちなみにこの写真のお店からはすぐに引き上げました。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!