2015年5月30日

Sia(シーア)って誰?「顔を出さず」に活動するシンガー・ソングライター

sia-elastic-heart-300

こんにちは! 洋楽女性ボーカル大好きなヨス(@yossense)です。

2014年の洋楽を賑わせた『シャンデリア』って曲を知っていますか? 現在のところ再生回数が10億回を超えている大ヒット曲でSia(シーア)というシンガーが歌っています。

彼女は顔を見せないミュージシャンとして面白い活動をしていて、今回はそのことについて紹介します。

Siaの『Elastic Heart』がカッコ良すぎる

最近ラジオでよくかかるSia(シーア)の『Elastic Heart(エラスティック・ハート)』という曲。めっちゃ気に入って聴いていたのですが、初めてミュージック・ビデオを見たときに衝撃を受けたんです。

鳥かごに入れられた父と娘のような2人。

女の子の奇抜な行動にどう対応して良いかわからない男性は逃げたり抵抗したりします。手なずけようとしますが、全くダメです。

追いかけると女の子はヒョイっと鳥かごから外に出られるんですね。途中で心を開いたかのように見え、少女は一緒に男性を外に連れだそうとしますが、男性は鳥かごから出られません。

そして、最後。曲が終わって50秒間の無音の部分。必死に女の子は男性を外に出そうとします。男性も外に出ようとしますが、どうしても外に出られません。何?! この切ない終わり方!!

バレエの天才少女は誰!?

このミュージック・ビデオの中に登場するSiaと同じ髪型をしている少女。彼女は、12歳(2015年5月30日時点)の今世界中が注目する天才バレエ・ダンサー美少女こと、Maddie Ziegler(マディー・ジーグラー)です。

そうです。2014年のミュージックビデオで再生回数を10億回を超えた『Chandelier(シャンデリア) 』に出演していた子ですよ! 知らない方はこちらをぜひ見てください。

すさまじい表現力でしょ?!

マディーちゃんは2歳からダンスを始め、米リアリティ番組『Dance Moms』に出演したことで「天使が現れた!」と絶賛された、今もっとも将来を期待されているダンサーだ。「シャンデリア」で見せた、バレエを取り入れたコンテンポラリーダンスような振り付けは、表情豊かな感情表現と相まって世界中で絶賛されている。

Sia(シーア)新曲「エラスティック・ハート」MVのシャイア・ラブーフの演技がスゴすぎる - AOLニュースより引用しました。

ちなみに『Elastic Heart』のビデオの中でMaddieと共演しているのはShia LaBeouf(シャイア・ラブーフ)です。お! ちょっと名前がSiaに似ていますね。スペルが。

Sia(シーア)って?

ではこの曲を歌っているハスキーな声の持ち主、Sia(シーア)についてです。本名はSia Furlerで、オーストラリア出身、1975年生まれのシンガー・ソングライター、ミュージック・ビデオディレクターです。どっちでもいいですが、私と同い年です!

私がSiaを知ったのはDavid Guettaの『Titanium』って曲。この曲でボーカルとしてSiaが起用されていたことです。

私がバセドウ病の治療のために入院していたときによく聴いていた曲です。そして私がSiaに興味を持ったのも「バセドウ病」です。実は彼女も同じ病気になっていたんです!!

一切顔を公表しないシンガー

上でSiaのアルバムの写真が出ていますが、髪だけがジャケットに写っています。顔はありません。

実はこれはアルバム・ジャケットの話だけではないんです。このSiaは「顔を一切出さない」という活動をしています。

でも、Siaはキャリアが長く、以前は顔を出していました。1990年代ごろはジャズを歌ってたそうですし。

最近では主にソングライターとして有名でした。

これまでリアーナ、ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、ケイティ・ぺリー、デヴィッド・ゲッタ、エミネム、マルーン5など、トップ・スターたちに楽曲を提供してきたポップス界最大のヒットメイカーでもある。

顔をみせないアーティストの歌?Sia(シーア)心の叫び声?|TAP the NEWS|TAP the POPより引用しました。

すごいですね。名だたる人ばかりがズラリと! そんなSiaは裏では、鬱病、鎮痛剤依存症とアルコール依存症、そして自殺未遂とハードな人生を送っていたそうです。それと関係あるのかわかりませんが、Siaの曲がヒットするのとはうらはらに、自身が歌う曲は長年の間ヒットすることもなかったんだそうです。

そんな状態の中で再起を求め書いた曲が、彼女を一躍有名にした大大ヒット曲『Chandelier』だったそうです。そんな彼女の人生がこの曲の歌詞に込められています。

Siaの心情を表現するもう一人のSia?

Siaは「顔を公表しない」というスタイルです。そのため、表情などは一切わかりません。

ですが、それをある方法で完全に表現しているんですねー。それが、もう一人のSiaと言っても良いMaddie Ziegler(マディー・ジーグラー)の存在です。さっきのミュージック・ビデオの中で登場していた女の子です。

Siaのライブでは、Siaは後ろで顔を隠しつつ歌い、Siaと同じ髪型をしたMaddieが目前で踊ります(全てではないですが)。

まさにSia自身の生き写しのような表現だと思います。

もしかするとSiaが顔を出さないのはSia自身の人生を投影させた表現なのかもしれません。

自身が歌う曲ではなく、ほかのミュージシャンに歌ってもらった曲ばかりが注目されてきた……という。

Siaのライブパォーマンスがすごい

Siaのライブ・パフォーマンスがすごいんですね。上で出したものやオフィシャルのミュージック・ビデオもすごいんですけど。例えばこちら。

こちらはSiaと同じ髪型をした女の子たちが白い箱の中に閉じ込められて顔だけを出して歌っています。左の後ろで同じく箱の中に入っているのはSia自身です。

その前でマディーが上半身を箱から出して、上半身だけで踊っています。途中から箱に入ったままマディーは歩き出します。最後に司会エレン・デジェネレスも箱に入って出てくる演出とか最高ですね。

ほかにもこんなのが……。

もちろん、どれもSiaは顔を出さずに後ろで歌っています

『Elastic Heart』の曲自体について

すみません。この曲『Elastic Heart(エラスティック・ハート)』自体についてあんまり触れてないですね。

パフォーマンスが素晴らしいので、映像ばかりにフォーカスしましたが、この曲自体が大好きです。

魂を込めたSiaのハスキーなヴォーカルだけでなく、アレンジもめっちゃカッコイイ。特にずっとループしている「アッペラ・アボジ♪」みたいな声(音)がいい効果を出していますよね。

元々この曲は映画『ハンガー・ゲーム2(The Hunger Games: Catching Fire)』のサントラに入っていた曲です。

プロデュースはアメリカのプロデユーサーDiplo(ディプロ)とGreg Kurstinで、このときの曲はSiaだけじゃなく、The Weeknd(ザ・ウィークエンド)もボーカルで起用されています。

それをSiaの6枚目のアルバム『1000 Forms Of Fear(1000フォームズ・オブ・フィアー)』でソロバージョンとして歌い直したのがこの音源というわけです。

次のシングル『Big Girls Cry』でも

ちなみに次のシングル『Big Girls Cry(ビッグ・ガールズ・クライ)』のミュージック・ビデオでもMaddieを起用していますね。このままSiaの分身として登場し続けていってほしいです。

2015年11月25日追記: 2016年発売の最新アルバムと新曲『Alive』

Siaの新曲『Alive(アライブ)』のビデオも公開されましたが、こちらはなんと! マディーちゃんではなく、日本の誇る天才空手少女こと高野万優(まひろ)ちゃんが出演しています。

カッコいい! この技のキレとスピード! マンガみたいですね。まさかSiaのビデオで空手が来るとは思いませんでした。まひろちゃんについてWikiを引用します。

悠空会所属(日本空手協会)。小学生の学年別日本一を決める全日本少年少女空手道選手権大会で、2013年、14年と2年連続で優勝。普段はほんわかと可愛い女の子だが、試合中は抜群の集中力で、相手を圧倒する目つきと気迫、技のスピードは大人顔負け。

高野万優 - Wikipediaより引用しました。

しかもまひろちゃんの髪型ですが、2016年の1月に販売開始になったアルバム・ジャケットの女性の髪型と同じです。ということはマディーちゃんだけに自分を投影させるコンセプトではないみたいですね! これはこれで面白いですねー。

こちらのアルバム『This Is Acting』に収録された楽曲たちですが、他のミュージシャンのために書いたけど、最終的にSia自身が歌うことになったものを集めているんだそうです。『Alive』も、Adele(アデル)のために書かれた曲だったそうですねー。

それにしても『Alive』むちゃくちゃ良い曲です。この人天才ですね。

2016年3月4日追記:『Alive』に土屋太鳳を起用?!

なんと、上で紹介している『Alive』の日本版ミュージックビデオは土屋太鳳(たお)さんを起用し、新しく作成したそうです。

なぜまひろちゃんのじゃなくなるのか謎すぎるんですけど……。まぁ、裏があるんでしょうね。

女優の土屋太鳳(21)が、豪州出身の世界的歌手SIA(シーア=40)のアルバム「ディス・イズ・アクティング」の収録曲「アライヴ」の日本版ミュージックビデオ(MV)に出演することが1日、分かった。土屋は現在、日本女子体育大学運動科学科で舞踊学を専攻。全編ソロの華麗なダンスを披露している。

土屋太鳳 SIAのMVで踊り披露(2016年3月2日(水)掲載) - Yahoo!ニュースより引用しました。

……てかこれもめっちゃカッコいいじゃないですか!

2016年5月26日追記:『Cheap Thrills』にマディーちゃんが登場

新曲の『Cheap Thrills(チープ・スリルス)』も超絶にカッコいい曲ですね。もうやばいぐらいカッコいい。

そしてミュージック・ビデオにはついにマディーちゃんが登場です。久しぶりですが、やっぱりSiaといえばこの人ですね。最高すぎるダンスです。

Siaはステージの端っこでスポットライトを避けるかのように歌い続けています。しかも四角い影の中で。この演出いいですねー。

2016年9月8日追記: 新曲『The Greatest』のミュージックビデオがすごい!

今度もやってくれました。新曲『The Greatest(ザ・グレイテスト)』が公開されましたが、これもまた超カッコいい。

映像と音楽の親和性。そして今回も独特で見事なダンス……というか表現をしてくれているMaddie Ziegler(マディー・ジーグラー)。

そして今回はたくさんの子どもたちがバックダンサーとして登場しています。これが超カッコいい……。

かっこ良すぎる……。ミュージックビデオには登場しませんが、原曲にはラッパーのKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)が参加しています。

最初に出てくる「#WEAREYOURCHILDREN(わたしたちはあなたたちの子ども)」という文字、そして最後のマディーちゃんが泣いているシーン。

深い意味があるのだろうと思っていると、この曲は「ゲイクラブ銃撃事件」の犠牲者への追悼メッセージなんだそうです。

フロリダ州オーランドの同性愛者向けクラブで起きた凄惨な銃撃事件の犠牲者に対して、そしてLGBTQコミュニティに対する、力強いメッセージがこめられていた。

Kendrick Lamarを迎えたSiaの新曲"The Greatest"はオーランドのゲイクラブ銃撃事件の犠牲者への追悼メッセージ - FNMNL (フェノメナル)より引用しました。

だから最初の方で顔にLGBTの象徴であるレインボー(虹)色の絵の具を顔に塗っているんですね。

曲だけでなく内容的にも非常に考えられた一つの作品です。

さて今回はSiaについてでした。私と同い年で、同じ病気(バセドウ病)にかかったということもあり、ずっと書きたいと思っていました。

本当にシーアのパフォーマンスは総合芸術だと思います。今後の活動もめっちゃ応援しています。っていうかこのアルバム自体もすごくイイのでぜひ聴いてみてください。激オススメです。

いろんな洋楽を聴きたい方にはApple Music、もしくはAmazon Musicをとにかくゴリ押しします。

とくにAmazonミュージックの場合、3,900円/年ですからね……。しかも音楽だけでなく、映画も見まくりで、Amazonでの買い物も送料無料になる……。やばすぎです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!