2014年2月28日

満濃池森林公園の湿地帯を撮影してきました

shinrin-park-01-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

に香川県まんのう町にある満濃池森林公園に行ってきました。いろいろと写真を撮ってきたので、今回は写真展です。

使っているレンズはタムロンの18-270mmで広角から望遠まで、コレ一本でバッチリいけるレンズ「B008E」です。

満濃池森林公園って?

満濃池森林公園は、その名の通り(まん)(のう)の周りにある公園です。

無料だし、自然がいっぱいだし、子どもの遊具もかなり充実しているので私は頻繁に家族で行っています。山なので夏場でも日陰になっていて涼しいのが嬉しいです。逆を言うと、冬はクソ寒いんですがね(笑)。

満濃池と公園
満濃池と公園

この写真は、ちょうど満濃池(本当は「新池」って池みたいですが)の周りについている手すりを道みたいに見立てて撮りました。

満濃池って?

この満濃池って実は日本一なんですよ! 日本一。

何が日本一って、日本一大きな溜池なんです。溜池ってことは人間が作った池ということです。だってここ香川県は、日本一雨の降らない「水不足」で有名な県ですもの。県外から水を引っ張ってこれる今ならいいのですが、昔は溜池をいっぱい作ることで水不足をカバーしてきました。ちなみに日本一、溜池の多い県も香川県です。

満濃池の湿地っぽくなっているところ
満濃池の湿地っぽくなっているところ

この満濃池森林公園から見える満濃池は湿地帯ぽくなっているところが多いです。それが私的には大好きなんです。

木の根っ子が面白い感じに
木の根っ子が面白い感じに

この木の根っ子とか面白いです。にょきにょきと触手のように土から出てきています。

まるでシカの角のような木
まるでシカの角のような木

こちらの木はまるでシカの角みたいになっています。まぁ、でかいですが。

風景もなかなか綺麗です
風景もなかなか綺麗です

今度は水面に映っている木に焦点を合わせて撮ってみました。なかなか美しいところです。

おもしろい木を発見
おもしろい木を発見

面白い形の木を発見しました。水面に映っているのと合体させるとイカみたいです。木に生えているコケっていい感じですよね。

メタセコイアの木(だと思う)
メタセコイアの木(だと思う)

メタセコイアの木が並んでいます。細長くスラっと天に伸びてカッコイイ木ですよね。18mmの広角で撮りました。

実
実も

木の実も。今度は270mmの望遠で。このTAMRONのレンズは本当に便利です。これを買う前はレンズの付替えをしないといけなかったのに!

梅の花は全然咲いてなかったよ
梅の花は全然咲いてなかったよ

実は今回は、梅の花が咲いてるかな??と期待して行ったんです。全く咲いてなかったので残念。山の中だから寒いもんね。今でこのつぼみですから、2月中には咲きそうにありませんね。

こちらは私の愛用しているTAMRONのレンズB008Eです。広角から望遠までコレ一本でいけるので便利ですよー!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!