2014年8月26日

検索に弱いのはSEOの知識がないから? いや、たぶんコッチです!

seo-writing-devotion-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

ブログって個人的なもの(……が多い)ですが、でもやっぱりせっかく書いてるんだから多くの人に読んで欲しいものです。多くの人に見てもらうためにはGoogle検索で上位に来ることが大切ですよね? 今回はブログの文章(ライティング)についてです。

Googleで上位に来たい!

サイトやブログを運営していると一番気になるものの一つはGoogle検索で上位にくるかどうかです。

順位が高いと多くの人に見られます。でも、それでなくとも上位を目指したくなる要素があります。それが「ゲーム性」なんですねー。この順番というヤツは目で見て明確に分かるため、ゲーム感覚で上位を目指したくなってしまいます。私の場合は特に(笑)。

とは言え、キーワードにもよりますが、上位に食い込むのはなかなか難しいことです。

どうすれば検索エンジンに強くなるの?

検索エンジンに強くなる方法ですが、一昔前は、Googleの隙を突く技がはびこっていました。なので、そのテクニックを知っているかどうかが鍵だったんですねー。

<title><meta name="keywords">や、<img alt=""><h1>の中にキーワードを詰め込みまくったり、フッターにこれでもかと内部リンクを詰め込んだり、外部リンク業者にお願いしていろんなサイトからリンクを貼ってもらったり……。長年WEBに関わっているといろんなことをやってきました。

「フリック入力」で2位
「フリック入力」で2位(現在)

「SEO(検索順位を上げるためにアレコレとやること)」という言葉を聞くと、こういうことが頭に浮かぶかも知れません。そして「検索順位が低いのはSEOの知識が足りんからやわ!」って発想になるかもしれません。

でも、今現在ではこれは過去のSEOになっています。むしろ、未だにこういうことをしているとGoogleからスパム(反則行為)と認定されてしまい、検索順位どころか存在を消されてしまう場合もあるかもしれません。

重要なのはやっぱり文章

今現在、SEOとして重要なのは「良質なコンテンツ」だと言われています。これはWEBサイトの存在の基本でもありますよね。だって、WEBサイトは情報を欲する人のために存在するべきですから。

では良質なコンテンツってどんなものでしょうか?

  • 文章量が豊富
  • ユーザーの求める回答がある
  • 専門的でページ数も豊富
  • パクリじゃなく自分で書いている

ほかにも画像が使われてて分かりやすいとか、文法がわかりやすいとか、1つの文章が簡素とかいろいろありますが、ここでは検索順位がテーマですので「Googleから見ての良質コンテンツ」ということです。

じゃあどうやってそんな文章を?

ではどうすればそんな文章を書けるのでしょうか? やっぱりライティング・スキルかな……と思われそうですが、私はそれは二の次だと思っています。

一番大切なのは、「情熱」ではないでしょうか?

……え?

漠然としすぎじゃね!?……ですか(笑)。

でもね、例えばWEBショップだとすれば、売っている商品に対する情熱、iPhoneアプリのレビューを書いているブログであれば、そのアプリに対する情熱。これがあるのと無いのって、文章に差が出てくると思いませんか?

情熱のある人が書いた文章の何がイイ?

情熱のある人が文章を書くと、こんな感じになります。

ついつい読んでしまう
情熱のある人が書いた文章って、ついつい読みたくなります。なぜでしょうか? だって、音声で聞こえそうなぐらい熱いんですもん。グイグイと引きこまれますよ。そうなるとGoogleで言うと、「離脱率」「直帰率」などが下がり、検索順位で有利になると思います。
内容が詳しく充実
情熱がある人は、損得感情で書いているわけではありません(アフィリエイトとかの恩恵はありますが)。とにかく書きたい気持ちの動機は「書きたい! 教えたい!」の気持ちからだと思います。なので、とにかく内容が詳しく充実していて、文章量も必然的に多くなります。同じモノに対して何個も何個も記事を書いたりしています。文章量、記事数ともに多いほど、いろんなキーワードでも引っかかるため、SEOでは有利になります。Googleが「専門性の高いサイト」と評価しますし。
個性的
熱意のある人の文章は、一般論ではなく個人的な意見なのでとんがっていて面白いんです。だって、ほかの人の言葉を借りなくてもどんどん言葉が出てきますもん。Googleはパクリに対して非常に厳しい目を持っていますので、パクリだけは絶対に止めましょう。

そう。熱意があると情報もいっぱいになって、専門性も出てきて、さらにおもしろいんですね。しかもそれがすべて検索順位にも有利に働きます!

さて最後にまとめてみます。

情熱のある文章を書くと、どうしてGoogle検索で上位に来やすいかというと……。

  • 文章量が多いからいろんなキーワードで引っかかる
  • 個性的で面白いから直帰率が減る(じっくりと読まれる)
  • 文章量、記事数が多いから専門性の高いサイトと評価される

ざっくりと、こんな感じです。順位が低いと嘆いている方は、SEOの知識だとか、ライティング力のせいにするのをやめて、ぜひとも情熱を捧げられる記事を一度本気で書いてみてください! 好きなことについて書くことは、順位うんぬんより楽しいハズですし♪

SEO的には内部リンクも超重要です。「え? 内部リンク??」って方はこちらの記事もどうぞ!

月間検索数の多いキーワードというのも知っておくとさらに良し!

このブログが初めて50,000PV/月を突破した時の記事。懐かしいけどイイ記事です(自画自賛)。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!