2014年6月20日

セクハラヤジが生まれる土台について考察。都議会=男子会?

sekuhara-yaji-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

の東京都議会での「セクハラヤジ」についてちょろっと書きました。

「早く結婚した方がいいんじゃないか」「産めないのか」。東京都議会で一般質問に立ったみんなの党の塩村文夏(あやか)議員(35)に、議場からこんなヤジが飛び、どの議員によるものなのかと物議を醸している。

(1/2) 「セクハラヤジ」飛ばした都議はだれ? 塩村文夏議員「『結婚しろ』と言った議員ほぼ分かる」 : J-CASTニュースより引用しました。

いやー、ビックリです。でも世界男女格差指数のランキングで、日本は136カ国で100位以内に入ったことがないのもうなずけますね。

このヤジの何が問題なの?

マジで呆れてものが言えないとはこのことだと思いました。内容に関わらず、こういうヤジってなんなん? 感情的な罵倒はノイズでしかないでしょ。会議では一切不要ですし、中小企業の小さい会議でもこんなの見たことありません。

まず問題なのはこのヤジが質問者が女性だったから起きた可能性が高いという点です。

独身の男性議員が同じ質問をしていても「お前がはよ結婚せんかいっ!」とか「お前が先に子作りしろよ!」って言わないと思うからです。

なんで女性ならこんなことを言うのか?

なんで、こんな失礼なことを女性議員に野次ったのでしょうか? 恐らく、政治家の男性たちの多くは「女は子どもを産むのが仕事」だと思っているからだと思います。

なので出生率が低下しているのは「仕事」を怠っている女性の責任という発想になるのでしょう。そうなると「35歳でまだ独身で、子どものいないこの女性議員は責任を果たせていない!」となるわけです。

もうね、ず~っと昔から思っているんですが、いろんなライフスタイルの人がいるのに、女性だというだけでなんで「結婚」と「出産」をセットにさせるんでしょうね。

女性が結婚したら「結婚して初のコンサート」「結婚して初の試合」とか騒がれて、出産すれば「ママさんアスリート」「出産後初のTV出演」とか……もうええかげんにしろ!って思います。もうアホすぎ。

こういう言葉は立場を逆にして違和感があれば、差別になるんですよ。だって「パパさんアスリート」とか、おかしいでしょ?

結婚も出産も本人の自由じゃないん?

少子化とは言っても、現在の日本では多くの女性が「結婚」「出産」を経験します。でもそれは強制ではありません(強制もあるかもしれんけど)。

逆に、結婚しないのも、出産しないのも本人の自由です。

ただ、これって政治家の間では常識じゃないそうです。だって「自分が早く結婚した方がいいんじゃないか!?」ってヤジを飛ばすレベルですからね。

もう、頭の中がオメデタすぎます。結婚したら、子どもが自動的に産まれてくると思っているみたいです。アメーバかいw! 産めない、子どもを持てない理由があるから子どもが増えないんですよ。もっと言えば、社会に問題があるから、政府に問題があるから子どもが増えないんです。

ていうかそもそも、この女性議員一人が結婚して子どもを産んだら少子化が改善されるんでしょうか。このヤジを飛ばした人は、まさか1000万人産めって言ってるんやろか(笑)。

産めないのか?!って人権侵害やん

「産めないのか?!」って言うヤジもあったそうですが、これ大問題ですよ。

もし、この女性議員が身体能力的に産めない身体だったらとんでもなく心を傷つけています。普通に人権侵害です。

そもそも、子どもがいない女性に「子ども産まないの?」と言う質問がタブーなのは日本以外の先進国の間では常識です。

ってか、「産めないのか!?」って……罵倒したおっさんも産めないやんっ!!

同調して笑うのは同じ思想だから

そして極めつけが、このヤジを飛ばしたあとの周りの反応です。

ヤジを飛ばした議員を非難するのではなく、なんとこのヤジに同調して笑ったそうです。

ヤジを飛ばした人が一番問題ですが、はっきり言って同調した人は同罪です。で、なんで同調するかと言うと、心の中で同じことを思っているからです。

これ、「荒れた教室」と同じですね。授業をしている先生に向かって、調子に乗った生徒が「ハゲじじい! 死ねー!」ってヤジを飛ばして、みんながそれを笑っているんですよ。

それにしてもどう考えても、この野次は低俗すぎますよね。これが都議会という場で行われたという事実に驚きが隠せませんよ。まじで世界に恥ずかしい。

そもそもの問題点

こういう事件が起こる根底には、日本の抱える大問題があります。

それが、政治家における女性議員の少なさです。

各国の議会でつくる「列国議会同盟(IPU)」は4日、189カ国で女性の国会議員の割合を調べた報告書を発表した。日本は、国会議員のうち女性が約8%で世界平均を下回る127位。先進国では最低だった。

日本の女性国会議員比率、先進国で最低 衆院8%:朝日新聞デジタルより引用しました。

2014年3月の時点でデータでたった8%だそうです。100人いたら92人が男性で、8人が女性なんですよね。

これって異常じゃないですか? この数だと、オカシイ意見で正論をひっくり返せますよ。

人間8人が外を歩いていて、野犬92匹に囲まれた状況を思い浮かべてください。どんな気持ちですか? 私は勝てる気がしません(笑)。それぐらい圧倒的な人数差があるんです。

都議会は男子会かいっ!

よく聞く話ですが、人間が集まった時に異性が混じっていないと野蛮になるそうです。誰しも経験があると思うので、詳しく書かないでもわかると思いますが。

今回の都議会のシチュエーションは、男性9人の中に女性1人だけが混じった飲み会で、男性同士がシモネタ話をして「ワッハッハ!!」と周りの人が笑っている状況と全く同じです。

男女の割合が同じぐらいなら、こういう事件は起こりにくい……って誰が考えてもわかりますよね。

多数派だと調子に乗る

そして今回のヤジ事件は、「多数派になると調子に乗る」という人間の醜さが存分に発揮されていますね。これが人数的に逆だとしたらどうでしょう?

女性92人の中に男性8人がいる中で男性が「自分が先に結婚しろ!」って言ったらどうでしょうか。ってかそもそも、そんな攻撃的なこと言わないですよ。

逆に多勢の女性議員に囲まれて質問している男性議員に「黙ってろハゲ!」とか「その前にその加齢臭何とかしろっ!」って女性議員から野次が飛んできたらどうでしょうか? そんなの許されますか?

いいかげん女性議員を増やせ

今回のような事件をなくしたり、子どもの産みやすい(子育てのしやすい)国にするためには女性議員を増やすのが先決だと思います。

結局、この野次に同調する人ばっかりが集まっているレベルですから、少子化について真剣に考えている人はいないんです。

だって、私が小学校のときに見た社会科の資料集に、すでに書いてあったんですよ。「今後、人口が減っていくのが問題」って。20~30年も前から少子化が深刻な問題になると分かっていたんです。子どもの私でも知っていたんです。

男性政治家が女性に責任を押し付けるだけだから、この何十年の間に何も変わってこなかったんです。同じ状況でも、少子化から回復した先進国もあるのに。

とにかく、性別でライフスタイルを限定させる傾向が強いこの国では特に、政治家が片方の性に偏るのは危険すぎだということです。一秒でも早く、性別比率を50%50%にするための大改革をしてください。

追記

友達ブロガーのチー(@ktoi_chi )さんもセクハラ野次についての記事を書いています。こちらも良い記事なんで是非! しかも、チーさんは、塩村さんと知り合いなんだとか!? ビックリ!

さて今回はセクハラヤジの件について書きましたが、本当に胸クソ悪くなる事件です。

少子化を解決することが日本の最重要課題の1つだという認識がどれだけ足りないんでしょうか。しかもそれを女性の責任に押し付けて、あーだこーだ文句をたれるのが滑稽すぎます。

子どもを産みにくい、育てにくい社会を作っているのは、長時間労働をする夫の存在が原因だと、私は確信しています。長時間労働を強いられる夫を作っているのは日本の企業(男性がトップである率が高い)です。

そして、結局のところ、こんな社会を作るのに大きな影響を与えているのは政治家であり、つまりは男性が問題だと言うことです。だって政治家は男性ばっかりだもん。

それが非常にわかりやすい形で現れたのがこのヤジだったんだと思います。

いいかげん、男子会のノリはやめましょう。身内以外には笑えませんから。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!