2014年5月15日

iPadお絵描き講座(1)写真を取り込んでトレースする

procreate-trace-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は私が絵を描くときに愛用している「Procreate」というアプリの使い方です。写真や画像を取り込んで、それをトレースする方法を紹介します。

  1. Procreate使い方まとめ
  2. 【iPadお絵描き講座(1)】写真を取り込んでトレースする今ココ
  3. 【iPadお絵描き講座(2)】背景は手抜きして「描いた風」に

Procreateで写真をトレースする方法

Procreate
720円
(2015.11.24時点)
posted with ポチレバ

まずはアプリの「Procreate」を開いて、新しい紙を開きましょう!

紙のサイズを選んでタップ
[ 右上の「+」をタップ ] → [ 紙のサイズを選んでタップします ]

紙のサイズに特にこだわりがなければ、一番上の「Retina」でいいと思います。

画像を取り込む

1画像を選ぶ

写真をすでにカメラロールに用意していることを前提に書きます。ネットの画像をカメラロールにダウンロードしていてもOK。

画像を選ぶ
[ 左上のスパナアイコン ] → [「読み込む」をタップ ] → [「写真から挿入」をタップ ] → [ 写真を選んでタップ ]

2写真が取り込まれる

こんな感じで、選んだ写真が出てきます。どうでもいいですが、この写真はアイロンビーズで自分を作って喜んでいる38歳です。

こんな感じで画像が出てくる
こんな感じで画像が出てくる

画像をタップしたまま指を動かすと、画像が移動します。ピンチイン、ピンチアウトで拡大&縮小もできます。上のメニューにある「矢印(青いやつ)」をタップすると確定され、写真が動かなくなります。

画像を半透明に

次は画像を半透明にします。半透明にする理由は、この上から線でえどるため、写真の色が濃いと、上からえどる線が目立たなくなるからです。ピンとこなくても大丈夫! もう少し見ていったら意味がわかります!!

1画像レイヤーに2本指タップ

では、まずはこの写真のレイヤーを2本指で同時にタップします。

[ 右上の「書類っぽいアイコン」をタップ ] → [「レイヤー」というやつが出てくる ] → [「取り込んだ画像レイヤーに「2本指タップ」する ]

念のために説明しておくと、レイヤーというのは下のような階層のことです。1つの絵を描くのに、透明な紙を何層にも分けて描きます。デジタルイラストの基本テクです。

レイヤー
レイヤーとはこんな感じの層のこと

2透明度を変更

では次に透明度のパーセンテージを変更します。タッチパネルのどこでもいいので、タップしたまま指を左右に動かしてみてください。

左にスワイプで透明度UP。右にスワイプで不透明に。
左にスワイプで透明度UP。右にスワイプで不透明に。

ほおら。私の顔が回想シーンみたいに半透明になりました。

上から新規レイヤーを重ねる

1新規レイヤーを作成

次は新しいレイヤーを作成します。

[ 右上の「書類っぽいアイコン」をタップ ] → [「+」マークをタップ ] → [ 新しいレイヤーが出現する ]

2新規レイヤーにトレースしましょう

では今回の目的であるトレースです。ブラシは何でもよいですが、私は「Painting」の「Flat Brush」を好んで使っています。

新しいレイヤーを使って輪郭をトレースしてみます。
新しいレイヤーを使って輪郭をトレースしてみます。レイヤーの横の「丸印」をタップすると非表示にできます。

ときどき、下の写真画像を非表示にして、輪郭線をチェックしてみましょう。さきほど、写真を半透明にした件ですが、もし半透明にしてなかったら、この輪郭線が見えにくくなっていたんですねー。

着色する

ついでに色も別レイヤーで塗ってみましょう。

1着色用のレイヤーを用意

「写真画像レイヤー」と「輪郭レイヤー(さっきトレースしたやつ)」の間に「着色レイヤー」を作ります。

[ 右上の「書類っぽいアイコン」をタップ ] → [「+」をタップ ] → [ 新しいレイヤーができるのでそれをドラッグしたまま移動 ] → [「輪郭レイヤー」と「写真画像レイヤー」の間に移動 ]

2着色用レイヤーで色を塗る

あとは好きなように色を塗ってください。レイヤーはもっと細かく分けると便利です。例えば、この絵で言うと「肌」「髪」「帽子」「ウンコ」と分けると便利だと思います!

あとは着色レイヤーの上に色を塗っていくだけ

さて、今回は「Procreate」を使って、写真をトレースする方法を紹介しました。iPadの利点は、写真を撮ってそのまま「Procreate」に持ってこれることですよねー。ネットで拾った画像を参考にするときも、そのまま持ってこれます。素晴らしいですね。

  1. Procreate使い方まとめ
  2. 【iPadお絵描き講座(1)】写真を取り込んでトレースする今ココ
  3. 【iPadお絵描き講座(2)】背景は手抜きして描いた風に

私のオススメは「声シャッター」というアプリで自分をモデルにしてトレース→制作という流れです。こちらの記事を参考にどうぞ!

スタイラスペンがあると圧倒的に便利なので、1本はあったほうがいいかと思います。こちらがオススメのペンです。

こちらはiPadで絵を描く利点をまとめています!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!