2014年7月17日

『思い出のマーニー』で歌ってるプリシラ・アーンって誰? ジブリ好きのアメリカ人シンガー

priscilla-ahn-250

こんにちは! 音楽は洋楽女性ボーカルしか聴かないヨス(@yossense)です。

今回はジブリの新作映画『思い出のマーニー』の主題歌を歌っているPriscilla Ahn(プリシラ・アーン)について紹介します。

プリシラ・アーンのCDを初めて聴いた

まずこちらが、『思い出のマーニー』の主題歌『Fine On The Outside(ファイン・オン・ザ・アウトサイド)』です。

おおー! めっちゃ正統派シンガーソングライターじゃないですか! 90年代中盤のソフィー・セルマーニとか私の大好きなジュエルを思い出させてくれるアコースティックな曲ですね。これはイイ!! 昨年末にGabrielle Aplinにハマりましたが、久々に期待の新人登場か!?

……と思ったら、プリシラ・アーンは2009年にデビューしてました。それなのに全くノーマークでしたよー。ジブリで起用されて初めて知ったんです。

というわけで早速、TSUTAYAでアルバムを片っ端から借りてきました

で、聴いてビックリしました。最初に聴いたのが『Natural Colors(ナチュラルカラーズ)』というアルバムなんですが、マジでビックリ!! ビックリっていうか衝撃です。

だって、英語が聴こえてくると思っていたのに、聴こえてきた言語が日本語!! 冗談抜きで、私の前に借りた方がCDの中身を入れ間違えたんやと思いました(笑)。

でもこのアルバムは日本の曲も含めたカバーアルバムだったんです。でもなんでアメリカ人が日本の曲を?? 謎は深まるばかりです。

なんで日本語で歌っているの??

最初、日本語を歌うので、エミ・マイヤーやレイチェル・ヤマガタみたいに日系アメリカ人かな?とも思いましたが、日本ではなく、韓国系アメリカ人だということです!

どうやら、プリシラは来日をした際に『Take Me Home, Country Roads(カントリーロード)』の日本語版を歌って、それが好評だったらしく、日本のポップス & アメリカのポップスのカバーを中心としたこの『Natural Colors』がリリースになったそうです。

え? 『カントリーロード』?? って気づいた方、そうなんです。あのジブリ映画『耳をすませば』の主題歌ですよ! ジブリですよ!! どうやらプリシラはジブリ映画の大ファンらしく、来日の際に、それを披露したそうなんです。

あの曲をなぜ日本語でカヴァーしたかというと、私はジブリの映画の大ファンだったから。『耳をすませば』のなかで日本語詞に訳されたこの曲が使われているでしょ?それを何度も観て口ずさんでいるうちに覚えてしまったんです。で、いつかジブリ作品に使われた曲ばかりのカヴァー・アルバムを作りたいと思うようになって。

プリシラ・アーン「なぜ日本語で?私はジブリの映画の大ファンだったから」 | Priscilla Ahn | BARKS音楽ニュースより引用しました。

カバーの選曲センス良すぎ

さっき書いたプリシラのアルバム、『Natural Colors』の中のカバー選曲についてちょっと触れさせて下さい。日本語が聴こえてきたことで1回びっくりして、選曲を見てもう1回ビックリしました。

だって、選曲が良すぎなんだもの。

これがこのアルバムの紹介動画なんですけど見て下さいよ。日本語の曲だけを見ても、私の好きなこんな曲達が入っているんだもの。

  • Daydream Beliver / 忌野清志郎(元々は「The Monkees」のカバー)
  • 風の谷のナウシカ / 安田成美
  • ばらの花 / くるり
  • やさしさに包まれたなら / 荒井由実

最初に謝らせて下さい。

本当にすみません。余りにも選曲が素晴らしすぎるので、私は日本の音楽界に「やらされ感満載」で出すことになった企画くさいCDかと思いました。ところが、プリシラ自身が選んだ曲だったんですね。なのでジブリの曲が多いんですね。ほんとにすみません。

くるりの『ばらの花』なんて、洋楽女性ボーカルしか基本聴かない私が超珍しく気に入ってた『男性ボーカルの日本語の曲』なんですよ! それが入っているなんて、マジでありえない! 感動レベルです。

あと、フランス語で歌う『哀しみのアダージョ』とか懐かしいー! これも超好きだったよー! ブランドの「SOMETHING」のCMで使われていたので、私と同じ世代の方はたぶん知っている人が多いハズ。

そしてジブリ好きがジブリの主題歌を?!

そんなジブリ好きなプリシラがジブリの最新映画の主題歌を歌うことになったって……。これもビックリなんですが、プリシラがジブリに「曲を使ってくれ!」とデモテープを送ったりしたわけではないそうなんですよ。

こちらが『思い出のマーニー』の主題歌がプリシラになった理由です。

たぶんジブリの曲を歌ったりしていることからジブリ美術館でコンサートをすることになったのかもしれませんが、でもすごいですね。運命とはこのことですよ。

あ、「運命」って安易に書きましたが、こうやってプリシラがジブリの曲を歌って「ジブリ好き」を公表することが運命を変えたんだと思います。運命は待っていてもダメなんですよね。自分から動かなきゃ。

こちらはプリシラから日本の皆様へのメッセージ動画です。インタビューのあとに『マーニー』の主題歌『Fine On The Outside(ファイン・オン・ザ・アウトサイド)』も入っています。

やばいハマってきた

アコースティックで温かみのある声にかなりハマってきました。……と思えば、アルバム『This Is Where We Are(ここにいること)』ではバリバリの電子音を使った曲も歌っています。全然声質が違うんですが、ちょっとビョークの4thアルバムを思い出すような曲もあります。

明日()発売予定の『思い出のマーニー』のイメージ歌集アルバム(全曲がプリシアの曲)が欲しくてたまらん……。

Youtubeでいろいろ見てて見つけましたが、この人もKT Tanstallみたいにループマシーンを使うんですね。一人でライブをするときに音の深みが出るらしいのですが、面白いですねー。

『思い出のマーニー』ですが、あんまりノリノリで見るつもりはなかったんですが、プリシラ・アーンが良すぎるので、これは見に行かないと!と思うようになりました。興味が逆やろ!とツッコまないで(笑)。

最後にもう一度、『マーニー』を見る前に、このカバーアルバムでびっくりしておいてください。

サントラを後日買ったのでその感想です!

いろんな洋楽を聴きたい方にはApple Music、もしくはAmazon Musicをとにかくゴリ押しします。

とくにAmazonミュージックの場合、3,900円/年ですからね……。しかも音楽だけでなく、映画も見まくりで、Amazonでの買い物も送料無料になる……。やばすぎです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!