戦隊モノには女子がいるけどプリキュアに男子がいない理由

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

昔、戦隊モノの番組って見ていました。確か『ゴレンジャー』が最初だったと思うのですが、それが今も設定やキャラクターを変えて続いているんですよね。これってすごいです。今回は戦隊モノに関するお話です。

「戦隊モノ」には女子キャラがいる

戦隊モノというのは、土曜日の朝早くにテレビでやっている「〇〇レンジャー」ってやつですよ。

今(2015年9月)だと『手裏剣戦隊ニンニンジャー』ってのをやっています。

大抵が、5人組で悪者と戦うパターン化された男の子向けに作られた番組です。変身アイテムで、レッド、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクの様に5色の全身タイツみたいな格好に変身します。『ニンニンジャー』ではイエローの代わりにホワイトですけど。

それにしてもイケメン、美女ばかりですよね。一緒に見る親も完全にターゲットですよねコレ(笑)。

で、ピンクは毎回女性で、私の知る限りピンクが男性だったことは一度もないです。まぁ、毎回固定の色に性別を当てはめる のは問題ですけど、今回はそれが言いたいのではありません。

(そういや、なぜレッドは男性なんでしょうね? これは不思議です)

女の子向けの「戦隊モノ」?

今度は女の子向けの戦隊モノについてです。私が子どもの頃にはなかったのですが「プリキュア」です。 今は『Go! プリンセスプリキュア』をやっています。

昔だったら「セーラームーン」からの流れですね。「戦隊モノ」と同じく、毎年1年交代で「〇〇プリキュア」という風に移り変わっていく番組です。

さっきの男の子向けの「戦隊モノ」の5人の中には女性キャラがいたんですが、『プリキュア』には今のところ男の子が主役5人の中に入ったことはありません

これってなんででしょうね??

なんで『プリキュア』の主人公の中に男子がこない?

「服装がスカートだからや!」というのは理由になりません。だって、「戦隊モノ」も男性キャラはズボン、女性キャラはスカートになっています。あの全身タイツにスカートってめっちゃヘンですけどね(笑)。

なので別に男の子キャラが入隊すればズボンでいいんですが、いないんです。

考えてみたんですが、きっと男性キャラが入るとそのキャラが仕切らないといけなくなるからですよ。いや、本当は仕切らなくてもいいんですが、制作している人たちが「女性が主体で男性が補助」になることに違和感を持っているからでしょう。

だって、このアニメは女の子向けなので主人公5人の中の「本当の主人公」は女の子でないといけません。そうなるとその女の子を中心に、主体として描かれます。闘いのアニメなので、闘いの中でも主人公が目立たなくてはなりません。

「ジェンダー」との矛盾を避けている

でもそこに男の子キャラがいると、きっと男の子キャラの方を強く描きたがりますよね?

全然、男の子キャラの方を弱く描いたらいいのに。でもそれは日本の「ジェンダー」にそぐわないってことです。

その矛盾を避けたいがために、どうしても『プリキュア』のメンバーに男子キャラは入れないのです。

いつの日か『プリキュア』のメンバーに男の子キャラが登場するのを楽しみに待っています。

そういえば……一瞬だけ

ふと思いましたが、『ハートキャッチプリキュア』というのを数年前にやっていたときウチの子どもが見ていたんです。

なぜかこれだけはよく見ていたのですが(ストーリー的にも面白かった)、その中で一瞬だけ、想像で男子プリキュアが登場したんです。

キュアファイヤー

それが、このキュアファイヤー。確か3人目のプリキュアを「誰が3人目だ?!」と主人公たちが学校内を探していたときに、候補として登場しました。

番ケンジという番長的な扱いのキャラで、一瞬だけ妄想としてですが変身した姿が登場しました(この画像)。

まぁ、ネタ的な扱いで終わりましたが。

あかん。最後のがインパクト強すぎて、なんか結論が『ハートキャッチプリキュア!』がシリーズの中でも特に面白い……になってしまいそうですが、おすすめです(笑)。

プリキュアの制作の方、男子プリキュアの登場は意外と望まれているかも知れません。番ケンジの「キュアファイヤー」をぜひ実現させてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!