2014年10月6日

妻「ママじゃなくて名前で呼んで!」の動画が突っ込みどころ満載だった件。

pola-mama-300

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今朝、動画を見ました。どんな内容かというと、「ママって呼ぶのをやめて名前で呼ぼう!」って動画です。そうすれば女性は美しくなるよというもの。突っ込みどころが満載なので、今回はそのことについて。

女性は美しくなければいけないのか?

どんな動画かというとこちらです。

そもそも、なんで女性には美しさばっかりを求められるんでしょうか?

ぶっちゃけ美しい方が醜いより良いと思うのですが、女性といえば「美を意識しろ」というメッセージをメディアや社会全体が当たり前のように発信し続けることに違和感を覚えます。男性なら美に向かってもいいし、仕事とかほかの方向だけを向いていても許容されるのに、女性なら誰でも「美」というたった1つの方向は必ず見ておかないといけないんです。気持ち悪い。

やっぱり社会の主人公は男性だから、その客体である女性は男性に見られることを第一に考えないといけないのですね。

逆に男性にももう少し求めればどうなんですか? どう考えても醜い男性よりも美しい男性の方が見ていて気持ちいいですし。みんなそんなこと言わないと思うけど、絶対そうでしょ(笑)。

もっと男性も見かけで差別される社会になったらわかると思うんですよ。女性が常にその尺度の中にさらされているように。「そんな生まれつきの資質で優劣を付けるだなんて人権侵害だ!」って叫ぶんですかね? 女性には常にしていて、化粧をほぼ強制している社会なのに。

性別役割分業が誇張されすぎ

この動画を見て最高に気になったのが、パパが一切、家事育児に関わっていないことです。

パパは自分が会社に行く用意をしているだけなんですよね。しかも子どもたちが「ママー」って言っている中に混じって「ママー! ネクタイがないよー」ですよ。

ネクタイぐらいオマエが自分で探せよ! どう見てもママの方が忙しいだろ!」と思いませんか?

女性が結婚すると夫という子どもがもう一人増える……みたいなことをよく聞きますが、まさにそれを表現してますねー。

でも残念ながら、これが日本の現状なんでしょうね。そりゃ、子ども増えるわけないわー。

しかも共働きかよ!!

そして、動画の中盤辺りを見ると衝撃の事実が発覚します。なんと! これ、共働き夫婦の朝の風景らしいです。

共働きってことは、ママもパパも朝は出勤の準備で忙しいハズ。つまり同等の関係です。

なのに、どう考えてもママに家事育児が偏り過ぎでしょ(笑)。パパは自分のことしかやらないんですねー。「ママー! ネクタイがないよー!」は衝撃的にひどすぎる。

前にも書いたけど、女性だからという理由で女性だけに家事育児を強制するのは徴兵制度と同等ですよ。

肝心の動画の内容には賛成

さて、文句ばっかり書いていますが、動画の本来言いたいこと自体には賛成です。

自分の名前って自分が生まれた時から呼ばれ続ける大切な名前です。なので、その呼称が突然変わるってことは、自分が急に無くなるような喪失感がきっと生じるんじゃないでしょうか?

ただ、日本には家族間の呼称に独特の文化があります。それが「家族の中での呼称は、その家族の中で最も若い者の視線に合わせる」というもの。

この動画のように、子どもが生まれると、ママは夫ののことを「パパ」と呼びます。パパは妻のことを「ママ」と呼びます。生まれる子どもだけは名前(固有名詞)で呼ばれます。

そして2、3年が経ち、その子どもに妹や弟が生まれると、その子はママやパパからも「お姉ちゃん」とか、「お兄ちゃん」と呼ばれます。一番若い人が入れ替わるからですね。そして、今度は孫が生まれると、ママは夫のことを「おじいちゃん」と呼ぶようになるんですねー。絶対に呼ばれたくないわー。

その文化はきっと現代では大分廃れつつあると思っていたのですが、まだまだ根強く、77%の夫婦がそう呼んでいるんですね。この動画は、その文化は今の時代に合わないからやめた方がいいよ!っていう呼び掛けですね。「美しくなる」というメッセージはどうでもいいですが、それ自体は良いことです。

名前よりも名字の喪失感が大きいと思う

さっきも書いたように、この動画のコンセプトは「名前の喪失感」だと思うんですけど、名字に関してはどうでもいいんでしょうか?

日本って結婚したら夫婦のどちらかが名字を変えさせられます。どちらが変えてもいいんですが、9割以上のカップルは女性が名字を変えていますよね。

日本社会ではどう考えても下の名前よりも名字を失う喪失感の方が大きいと思うんですけどね。だって、圧倒的に名前よりも名字で呼ばれる場面の方が多い……つまり、名前よりも名字の方が重要な文化じゃないですか? にも関わらず、結婚したら名字を変えさせられるんですねー。しかも「ママー」みたいに呼ばれる名前だけでなく、戸籍上から自分の名字が抹消されるわけですからね。その喪失感は大きいですよ。

早く選択的夫婦別姓が成立してほしいです。心から願っていますよ。

男性バージョンも作ってほしいわ

さて、最後にもう一つ。この動画ね、夫が妻の名前を呼ぶ場面しかないですが、妻に夫の名前も呼んでほしかったです。平等感が出るように。

ぶっちゃけ、夫も妻に「パパ~」って呼ばれるのってイヤな人は多いと思うんですよ。まぁ、結婚前は名字で呼ばれていた方も多いかもしれませんが。だれかこの動画のパパバージョンを作ってくれないかなぁ。

そして個人的な意見になりますが、この動画で妻が夫を呼ぶシーンがあったとしたら、ぜひとも「呼び捨て」で呼んでほしいですね。私ねー、マスオさんが妻を「サザエ」と呼び捨てにするのに、サザエさんは夫を「マスオさん」って呼ぶのが大嫌いなんですよー。アンフェアな感じで。まじでこれ何とかしてくれないかなぁ。

男性に対してだけ「さん付け」をするのは、身分が違うみたいで怖いんですけど。 男性に対しては失礼……みたいな感覚がまだ残ってるんですか?

さて、ウチではお互いが名前で呼んでいます。子どもが生まれたのを境に「パパー!」なんて呼ばれるのは絶対にイヤでしたし。

名字の話が出ましたが、日本って名字で呼ぶ場合が多いので、本当に選択的夫婦別姓が早く成立しないと不便きわまりないと思うんです。

だって、名字で呼ばれる方が少ない英語圏でも、とっくの昔から夫婦別姓が可能なんですよ。ほとんどファーストネームで呼ばれる文化で、名字はあんまり問題じゃないやん!って思うのに(笑)。

こちらは関連記事です!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!