2014年9月1日

やっぱサンバだよ! 夏の夕暮れに聴きたいクロスオーバー5選(女性ボーカル)

music-summer-evening-samba-250

こんにちは! 音楽は洋楽女性ボーカルばっかり聴いているヨス(@yossense)です。

今回は夏の夕方に椰子の木の揺れるビーチで聴きたい音楽を5曲選んでみました。もちろん全部、洋楽女性ボーカルです。

夏の夕方のビーチと言えばサンバやろ!?

ハイ。私の中で「夏」「夕方」「ビーチ」と揃えば、サンバのリズムしか考えられません。ここで私が言っているサンバって言うのは「サンバ」と聞いて思い浮かべるようなのじゃないです。ジャンルとしては「クロスオーバー」って言った方がいいですね。

「クロスオーバー」っていうのは違うジャンルの音楽が垣根を越えて融合した音楽ですが、私の大・大好物なのは、サンバの要素とクラブミュージックが融合したような曲です。今回紹介しているような曲が「サンバ・クロスオーバー」とか「ボサノバ・クロスオーバー」って呼ばれるのか、呼ばれないのか知りませんが、サンバビートでジャズな感じでダンス・ミュージックなノリノリな曲ばかりです。

Jazzamor『Spacecowboy』

まずはJazzamor(ジャズアモール)の『Spacecowboy(スペースカウボーイ)』です。私はオムニバスCDに入ってたことで知りました。

Youtubeでの動画

A Piece of My Heart
1,500円
(2015.09.03時点)
posted with ポチレバ

出だしに入っているコオロギ系の虫の鳴き声みたいな音が夏の夕方を彷彿させてイイ感じですよねー。夏の夜はこれから何して遊ぼうかな~って気持ちを盛り上げてくれるようです。

すぐにサンバのリズムが始まり、この出だしですでに楽しい気持ちになります。途中から入ってくるピコピコしたような電子音もいい味を出しています。サンバって言っても全然うるさくなく、どちらかというとおとなしい部類に入りそうな曲ですが、でもでもノリノリなんです。めっちゃいい曲ですよー。

Studio Apartment feat. Monique Bingham『Flight』

Studio Apartment(スタジオ・アパートメント)の『Flight(フライト)』は知っている方も多いのかな? 日本人の音楽ユニットですね。

2000年1月に、DJとして活動している森田昌典が、"APRIL SET"として活動経験を持つ阿部登と共に結成。後にBASS/PROGRAMERとして佐藤新二をメンバーに加える。

Studio Apartment - Wikipediaより引用しました。

Youtubeでの動画

2ndアルバムの『WORLD LINE(ワールドライン)』に入っている曲で、ボーカルにMonique Binghamを起用しています。サンバビートにピアノが効果的に使われてますよねー。めっちゃノリノリで思わず踊りたくなります。

この曲『Flight』は、世界的に(アメリカ、イギリス、イタリアとか)でヒットしたそうですねー。私も初めて聴いた時、カッコよさに感激して、すぐに誰の曲かチェックしてメモしましたよ。

この曲が入っている『WORLD LINE』ってアルバムですが、これがまたいい曲揃いで、かなり素晴らしいクオリティーです。

サンバの曲が多いですし。6曲目の『Life From The Sun(ライフ・フロム・ザ・サン)』とか『Shining -First Time When I Saw You-(シャイニング)』も必聴ですよ! むちゃくちゃカッコイイ!

Rasmus Faber feat. Emily McEwan『Ever After』

Rasmus Faber(ラスマス・フェイバー)は、スウェーデン出身の音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、プログラマー、キーボーディスト、DJです。

ジャズピアニストをベースとしながら、ハウス系プロデューサーとして活躍し、日本のアニメ音楽にも関与するなど、ジャンルを超えた音楽活動を行っている。

ラスマス・フェイバー - Wikipediaより引用しました。

日本のアニメ音楽にも関与?! 知りませんでした。

Youtubeでの動画

So Far - EP
1,000円
(2014.09.01時点)
posted with ポチレバ

ヴォーカルとしてフィーチャーしているのはEmily McEwan(エミリー・マクイーワン)です。この曲はいろんなリミックスがありますが、私が好きなのはサンバビートが強調されている「Samba Reprise」です。ただ、このバージョンはアマゾン、iTunes両方ともに見つかりませんでした。残念。

幼少期より日本のアニメ音楽に影響を受けており、2009年より日本のアニメソングをジャズアレンジした『プラチナ・ジャズ』シリーズを発表。iTunesアルバムチャート・Amazonジャズチャート・Billboard JAPANジャズアルバムチャートで1位を獲得し[7]、動画共有サイトで公開した「星間飛行」のライブ映像が100万回の再生回数を記録する[8]など反響を呼んだ。「星間飛行」を歌う声優の中島愛については「歌声に惚れ込んでいた[9]」と語っており、互いの音楽活動に協力し合っている。

ラスマス・フェイバー - Wikipediaより引用しました。

そう、この人は日本のアニメおたくなんですね。『キテレツ大百科』の主題歌だった『はじめてのチュウ』のJazzバージョンとか、おもしろいこともいっぱいやっています。しかも結構イイ感じです。

Monday Michiru『The Right Time(Jephte's King Street Vokal)』

そして日系アメリカ人シンガーソングライターのMonday Michiru(マンディ・ミチル)の『The Right Time(Jephte's King Street Vokal)』です。

Youtubeでの動画

んんんん!!! この曲は、本当にカッコイイ!! 私の好きな暗めの曲調でいて、しかもサンバのリズム! めちゃくちゃめちゃくちゃカッコいいー!! マジたまらんです。

Monday Michiruは「 Monday満ちる」と表記されることも多いです。「ミチル」っていうのを「満ちる」っていう漢字+平仮名を使うのもイキですねー!

母親はピアニストの秋吉敏子で、父親はアメリカ人のアルト・サックス奏者のチャーリー・マリアーノで、東京出身です。日本人とアメリカ人の混血の場合、国籍は日本とアメリカの両方がもらえるんですが、日本の法律では22歳になるまでにどちらか一方にしないといけないんですね。

ちなみに日本以外の場合は「一方にしないといけない」という法律がないところが多いです。私の友達に三重国籍(両親2人が違う国籍で、生まれたのも違う国だった)の子もいましたし。二重国籍と言えば、宇多田ヒカルは日本とアメリカのどっちの国籍にしたんだろう?

吉澤はじめ『I Am With You』

10年ほど前に森永乳業の「カフェラッテ」のCMで使われていた曲です。吉澤はじめの曲なんですが、ボーカルの女性は誰かわかりません。……ってか、知ってる方がいたら教えてほしい!

Youtubeでの動画

これもちょい暗めの曲で、途中からサンバのリズムが激しくなるところがめっちゃ好きです。

吉澤はじめはプロデューサー&キーボード演奏者で、akiko、ACO、AMADORI、UA、CHARA、Bird、Monday満ちるなどに楽曲提供しているそうです。

私がサンバビートが大好きなことに気づいたのは、すっごく意外なことにRIP SLYME(リップスライム)なんです。たぶん有名な曲なので知っている方も多いと思いますが、『楽園ベイベー』という曲です。

基本、洋楽で女性ボーカルじゃないと反応しない私なんですが、ラジオでかかった『楽園ベイベー』を聴いて、なんでこんなにカッコイイんやろ!って思ったら原因がサンバのリズムだったわけです。で思い出してみるとBasia(バーシア)とか好きだった理由が明確になったんですねー。

ただ、このクロスオーバーでサンバな曲で女性ボーカルの曲ってあんまり知らないのでもう少し発掘したいと思っています!

夏だと、ドライブでおすすめの曲も以前の記事で選んでいます!

ほかにもこんなのも!

いろんな洋楽を聴きたい方にはApple Music、もしくはAmazon Musicをとにかくゴリ押しします。

とくにAmazonミュージックの場合、3,900円/年ですからね……。しかも音楽だけでなく、映画も見まくりで、Amazonでの買い物も送料無料になる……。やばすぎです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!