2014年3月15日

卒業シーズンに合う! 友情を歌った洋楽5選(女性ボーカル)

music-graduation-250

こんにちは! 洋楽女性ボーカル大好きなヨス(@yossense)です。

今回は卒業シーズンということで、大好きな洋楽女性ボーカルという枠の中で「卒業」に合いそうな曲を5曲選びました!!

「卒業」ってテーマに合いそうな洋楽5選

私が選ぶ「卒業」に合いそうな曲なのですが、独断と偏見でトップ5のランキング形式でお届けします。では第5位からどうぞ!

Demi Lovato - Gift Of A Friend - YouTube

Demi Lovato(デミ・ロヴァート)の2009年の曲『Gift Of A Friend(ギフト・オブ・ア・フレンド)』です。ディズニーの映画『ティンカー・ベルと月の石』のエンディングテーマにもなっているそうですね。

人生は一人で行きていけると思っている人に「一人じゃない。君のそばには友達がいるよ」と教えてくれる歌です。アレンジもアコースティックでいい感じ。

最初に断っておくと、今回紹介する中で一番新しい曲ですw。

Youtubeでの動画

Charlotte Church - Bridge Over Troubled Water

抜群の歌唱力を誇るイギリスのシンガー、シャルロット・チャーチの『Bridge Over Troubled Water(明日に架ける橋)』です。原曲はサイモン&ガーファンクルですね。もうここで何も書かなくても良いレベルの超有名な曲です。

君のそばで激流に架かる橋のように君を救い出してあげる(適当に要約してます)」というフレーズは本当に心に染み渡ります。なんてステキな歌詞なんだろう。

ちなみにシャルロットは、クラシカル・クロスオーバー(クラシックとポップスを融合させたようなやつ)として有名なシンガーです。ファースト・アルバムは1000万枚も売れています。私も買いましたが「天使の歌声」というキャッチフレーズ通りの歌声です。

Youtubeでの動画

Vitamin C - Graduation (Friends Forever)

そして3位はVitamin C(ヴァイタミンC)の『Graduation (Friends Forever)』です。1999年にリリースされたファーストアルバムの一番最後に収録されている名曲です。彼女はこのアルバムだけの一発屋だったんですけどねーw。

そのまんま「卒業」っていうストレートなタイトルのこの曲。ハイスクールで一緒に友達と過ごしたこと、そしてこれから別々の道を歩んでも友達だよ……ということを歌っています。プロモーションビデオもまさに卒業って感じですね。日本と全然景色は違うけど、なんか共通する部分もあって切ない感じがよく出ています。

Youtubeでの動画

Spice Girls - Goodbye

90年代最強のアイドルグループの1つであるスパイス・ガールズの『Goodbye(グッバイ)』です。懐かしいー。この曲はメンバーを脱退したジェリ・ハリウェル(Geri Halliwell)へ歌った「さようなら友達。でもこれは終わりじゃない」というメッセージを込めた歌だったと思います。

ちなみにこの曲が入っている『Forever』というアルバムはスパイス・ガールズの最後のアルバムとなりましたが、非常に素晴らしい作品です。ここまでメンバーが際立っていて、全員のフルネームが言えたグループってなかったと思います。

Youtubeでの動画

Celtic Woman - You Raise Me Up

そして第1位は、Celtic Woman(ケルティック・ウーマン)の『You Raise Me Up(ユー・レイズ・ミー・アップ)』です。この曲はトリノ五輪で金メダルを取ったフィギュアスケートの荒川静香さんがエキシビションで使って有名になった曲です。私もこれで知りました。フィギュアスケートって、使われている曲がテレビ画面の左下に出るのですが、即メモして、CDショップに走ったのを覚えています。

もうね。何回聴いても涙が出ます。歌詞をちゃんと知る前から涙が出ていました。そして歌詞をちゃんと見てさらに涙が出ました。

私の大好きなケルト音楽とこのヴォーカル。そして素晴らしい歌詞。すさまじく感情を揺れ動かすものを持っています。最高です。

Youtubeでの動画

いかがでしたでしょうか? 真っ先に思い浮かんだのがVitamin Cの曲です。まぁ、そのまんま「卒業」てタイトルですもんねw。

正直なところ、私は音楽を聴くときにあんまり歌詞を重要視していません。なので、持っている曲の中にはもっと卒業というテーマにふさわしい曲があるかもしれません。また見つけた時は追加していきたいと思います。

こんな関連記事もどうぞ!

いろんな洋楽を聴きたい方にはApple Music、もしくはAmazon Musicをとにかくゴリ押しします。

とくにAmazonミュージックの場合、3,900円/年ですからね……。しかも音楽だけでなく、映画も見まくりで、Amazonでの買い物も送料無料になる……。やばすぎです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!