タブレットやスマホでキーボードを使うメリットとは?

img_9584

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

世の中にはBluetoothキーボードというものがあります。Bluetoothという無線を使って、スマホやタブレットに繋がるキーボードです。

ヨス

あれって買った方がいいの?

……と思っている方も多いと思うので、今回はタブレットやスマホでキーボードを使うメリットについて熱く語りたいと思います。

タブレットやスマホでキーボードを使うメリット

では、タブレットでキーボードを使うメリットをまとめます。

タブレットと書いていますが、iPadを想定しています。ほかの機種の場合、挙動が違うかもしれませんがご了承ください。

文字が入力しやすくなる

スマホやタブレットで文字を入力するときには必然的にタッチパネルに出現するキーボードを使うことになります。

これが押した感覚がないし、キーの場所がわからないので超やりづらいんですよ。

タッチパネルのこんなキーボードが超使いづらい……
タッチパネルのこんなキーボードが超使いづらい……
ヨス

でも大丈夫。キーボードを使うと一気にこれは解消します。

スマホの場合はフリック入力ができるのでいいんですけどね。

iPad Proのようにフリック入力が使えない機種ははっきり言ってキーボードないと使い物になりません

画面が広くなる

iPadなどタブレットで文字入力をしようとすれば、タッチパネルの画面にキーボードが出現します。

タッチパネルのこんなキーボードが超使いづらい……
タッチパネルのこんなキーボードが超使いづらい……

これ、打ちにくいだけでなくて邪魔なんですよね。ほら、画面の半分近くを占拠してます

ところが、キーボードを接続すると!?

画面のキーボードが消えて画面が広くなった!
画面のキーボードが消えて画面が広くなった!

画面のキーボードが消えて、一気に広くなりました。これってかなりのメリットですよ!

キーボードならカーソル(キャレット)を動かすのが楽

スマホやタブレットでキャレットを1つだけ上下左右に動かすのって大変です。

あ、「キャレット」というのはこれです。

キャレットとはこのピコピコです
キャレットとはこのピコピコです

もう罰ゲームレベルの難しさじゃないですか?!

でもキーボードがあれば簡単に動かせますよね。キーがありますから!

キーボードによっては矢印キーが小さいので注意

わたしの場合はこれら「矢印キー」を頻繁に使います。

なのでキーボード上の「矢印キー」の大きさや配置も重要です。

どういうことかと言うと、キーボードによっては矢印キーが小さく申し訳程度に配置されているものがあります。

ヨス

もっとちゃんとした配置でないと困るんですね。

キーボードがあれば1文字の移動も簡単です
キーボードがあれば1文字の移動も簡単です

そこでわたしはiPad用では最高級の入力しやすさを誇る「HHKB Bluetooth版」を使っています。

「矢印キー」をはじめ、キー配列が絶妙で大満足です。

キーボードならショートカットを使える

そして、スマホやタブレットでキーボードを使う利点に「ショートカット」を使えることがあります。

たとえばテキストを「コピー」するだけでも面倒です。

タッチパネルをダブルタップして選択範囲を苦戦しながら選んで、出てくるウィンドウから「コピー」を選んで……

指先を使って「コピー」をするだけでも面倒すぎる……
指先を使って「コピー」をするだけでも面倒すぎる

……とかやってたら気が重くなりますね。

PCと同じようにキーボードでショートカットできる

ところがBluetoothキーボードを接続すれば、PCと同じようにキーボードショートカットが使えるんですよ! もう感動でしょ?

「コピー」のCtrlC(MacではCommandC)やペーストのCtrlV(MacではCommandV)も使えるんです。最高です!

ヨス

ショートカットが使えるだけでも作業効率がむちゃくちゃ向上しますね!

CommandAで「すべてを選択」とか最高に便利です。

「すべてを選択」がめちゃくちゃ便利
「すべてを選択」がめちゃくちゃ便利!

iPadでもアプリの切り替えができる!

iPadでPCでも使いまくっているあの「神ショートカット」も使えるんです!

それはアプリの切り替えですよ! CommandTabを押すと……

アプリの切り替えがショートカットでできる!
アプリの切り替えがショートカットでできる!

すげー! iPad最大の欠点だったアプリの切り替えがスムーズにできるように!?

Windowsでお馴染みのAltTab(MacではControlTab)のショートカットです!

ちなみにPCで初めてこのショートカットを知ったときには震えました。このネタだけで一記事を書いたレベルです(笑)。

キーボードなら数字を入力するのが楽

そして数字の入力です。iPadではいちいち数字に切り替えて入力しなければいけませんでした(iPad Proだと切り替えナシで入力できますが)。

Bluetoothキーボードなら、数字キーもあるので簡単です。

ただし、テンキーを使わずに入力できる方に限られますが。

日本語/英語の切り替えが楽

タッチパネルのキーボードで日本語入力から英語入力に切り替えようと思うと超面倒なんです。

この画面ですよ。ナニコレ……。

日本語入力と英語入力の切り替えがわずらわしすぎる
日本語入力と英語入力の切り替えがわずらわしすぎる
ヨス

一発で切り替わらんかい!!

キーの問題じゃなくてこのウィンドウが問題!

これが超絶めんどうくさい!

iOS10からはBluetoothキーボードを繋いでいる状態で、設定すればCaps Lockでもこの変更ウィンドウを出せるようになりました。……が、そうじゃないんです!!

ヨス

Appleさん、ズレてます!

そもそもこのウィンドウが出ること自体がうっとうしいんですよ!!

ワンタッチで切り替えられるキーボードが必須

Appleさんがいつになってもこれに気づいてくれないのですが、賢いキーボードはちゃんと対応してくれています。

たとえば、わたしの愛用するHHKB(Bluetooth版)なら、Spaceの左隣にあるキーで英語入力に、右隣のキーで日本語入力になります。

日本語入力と英語入力の切り替えがボタン一つでできる!
日本語入力と英語入力の切り替えがボタン一つでできる!

本当はひとつのキーでお互いに切り替わってくれたらいいんですけど、これだけでも涙があふれるほど便利です。

iPadにオススメのキーボードはこちら

というわけでiPadにオススメのキーボードはこちらです。

最高の文字入力のしやすさならこちら。

ただ、値段が高いので「買えないわ!」という方にはお求めやすいこちらをおすすめです。

持ち運ぶことが多くて「折りたたみ式」がいい方はこちら!

なぜこれらがいいかについてはこちらの記事をどうぞ。

さて、今回はタブレットやスマホ用でキーボードを使う利点をまとめました。

わたしの場合、スマホではキーボードは不要ですが、今回書いたような利点がいっぱいあるので持つのはありです。

iPadの方は絶対の絶対に持ったほうがいいので、とにかく買いましょう!

持ち運びのしやすいリュウドの「折りたたみキーボード」は万人にオススメできます!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!