2015年9月12日

早く帰りたいんスけど…会社の会議がムダに長いのって何とかならないの?

meeting-too-long-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は、私が会社に勤務していたときにずっと思っていたことについて。それはムダに長い会議です。

会議って長いよね

私が会社につとめていたときにずっと思っていましたが、会社の会議って長いですねー。本当に。

ある会社ではお昼から夜の9時ぐらいまでやっていたこともありましたよ。もう、痔になるでしょ? 間違いなく。

ああいう会議って本当に必要なんですかね? まぁ、これは会議の質によりけりですが、私はほとんどの会社で行われている会議は価値がないと思っています。

だって質が低いんだもの。会議なのに独り言レベルの発言が多いとか、上下関係とかが邪魔をして発言しにくいなどいろいろありますが、単なる人件費の無駄使いが多いです。

会議以外でもいろいろ方法はあるよ

もうね、今の時代はいろんな機器が発達しています。実際に面と向かった会議じゃなくてもいろいろできますよね?

例えば意見、アイデアが欲しいだけなら、Googleドライブの「共有ドキュメント」を使うとか。ちょっとした会議だったらSkypeとかでもいいかもしれません。

私の経験ではこのレベルで何とかなりそうな会議がほとんどです。もちろん面と向かった会議も必須だと思いますが、なんか曖昧なことをみんなでダラダラと話して、結局何も決まらない会議だったら時間の無駄じゃないですか?

会議の質の悪い会社は早く辞めよう

上下関係の厳しい会社だと、たぶん会議を変えさせることは新入社員にはできません。

「新入りのぶんざいで!」と言われるのがオチです。間違いなく。そうするとどうすればいいのかというと、自分のポジションが高くなるまではお手上げです。

それまで我慢できない場合は、残念ながら会社を変えるしかないです。質の悪い会議を運営するスキルばかりUPさせてもあんまり意味ないですからね。

いやー、長い会議は本当にイヤです。長引いた会議のせいで、そのままサービス残業に繋がる……とかよく聞く話ですよね。

こういう傾向も新しい企業だとマシだと思います。ネットでも仕事は探せますので、いろいろと探してみてください。

自分に合った仕事はワークポートのような「転職支援サービス」で相談するのをオススメします。

あと、自分の特性を調べるためにリクナビNEXTの「グッドポイント診断」もゴリ押しです! とりあえず自分を知ることって重要ですので。無料だし。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!