[裏ワザ]歌詞がコピーできないサイトの歌詞を印刷する方法

lyrics-print-out-300

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は、歌詞サイトで歌詞をプリントアウトできなくなっているやつをプリントアウトする簡単な方法を紹介します。

歌詞を印刷する方法

歌詞サイトって大抵のところが印刷できないようになっていますよね。Ctrl+Pを押しても真っ白になったり。でも自分で歌うために歌詞を覚えたいときってありますよね。そんなとき、歌詞サイトを見ながら、テキストを手打ちするとかめっちゃ面倒です。

でも簡単に印刷する方法があるんです!

ハイ。やり方はこれだけです。

「スクリーンショット」をパシャッとやる!

画面の写真を撮る「スクリーンショット」をカシャッとやればOKなんですねー。その画像をプリントアウトすればOK。

さらに画像になった文字を「テキスト」にする方法もあります。以下ページの「2」の部分からです。

これで歌詞をトイレでもお風呂でも持って行って、覚えて歌いまくれますね。スマホとかで歌詞サイトを見るのもいいんですけど、こういうものはやっぱ紙媒体が手軽だと思いますよ。蛍光マーカーとかもできるし。

そもそも、なんでコピーできなくなっている?

そもそもなんで歌詞掲載サイトでは、文字をコピーしたり、歌詞をプリントアウトできなくしているのでしょうか?

もちろん著作権保護の問題ですね。歌詞は作った人に著作権があります。なので、その歌詞を自分のブログなんかで全文公開するとか、印刷したやつを公で公開するとかをするとダメなんですね。

そういう行為を止めるためにブロックしているんですね。

著作権の保護期間として「著作者の生存期間及び著作者の死後50年」(同条約7条(1))を原則としていることから、著作権は著作物の創作と同時に発生し、著作者の死後50年(あるいはそれ以上)まで存続するものと規定する国が多数を占める。

著作権の保護期間 - Wikipediaより引用しました。

最低でも、その歌詞を作った人の死後50年間は「著作権」が続くようです。

ネットで歌詞を公開とかやめてね

なので、当たり前ですが、これを使って歌詞をネットで全文公開するとか、「一部引用」の度合いを超えた掲載はやめましょうね。

私も以前、ほかのサイトで記事を全文まるまるパクられてすごく嫌な思いをしましたので。

さて、今回は、幼稚園のお遊戯会で曲を使うけど、その振付を考える時にほしいとお願いされたことが発端です。歌詞を見ながら歌詞に合った振り付けを考えるんだそうです。

そしたらどこの歌詞サイトに行ってもプリントアウトできなくて困りました。もちろん違法で歌詞を公開しまくっているブログとかもあると思うのですが、探すのがめんどくさいし、文字入力をミスっている場合もありますからね(歌詞サイトでもミスする可能性あるけどw)。

今回の技を使えばだれでも簡単に印刷できますので、ぜひやってみてください。

幼稚園とか教育関係の方にはこんな記事もオススメです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!