2014年12月26日

自分のブログ好きですか? 自分が「ときめく記事」を書いていけば良いと思う

slooProImg_20141226143735.jpg

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は、久々に「ブログ」について語ります。

自分のブログをふと見てて

今、熱があって寝てるんです。そうなるとスマホでネット見ますよね。あんまり頭使わないですから。

でも新しい情報を見るのも疲れるので見てなくて、自分のブログをじっくりと読んでいたんですよ。で思ったことがあります。

それは「自分が書いた記事はおもしろい」ということです。

いえ、そういう意味ではなくて

いえ、別に自惚れている訳では決してないんですね。あくまで「洋楽女性ボーカルが大好きで、ドラクエ好きで、三児の父で主夫ブロガーをしている香川在住のアラフォーな私」が、「洋楽女性ボーカルとか、ドラクエとか香川のネタやアラフォーなネタがふんだんにある私のブログ」を見て面白いと思うということです。

なので、私の他に「洋楽女性ボーカルが大好きで、ドラクエ好きで、三児の父で主夫ブロガーをしている香川在住のアラフォーな人」が見たら、その人の心をつかみまくる自信があります。

よく考えると当然

これは人によって違うかも知れませんが、私の場合、ブログには自分が興味を持っているもの、自分が「すげー!」って思ったこと 、感動したこと、強く思っていることしか書いていません。

つまり、自分がときめいたことしか書いていません。

自分がときめいたことを集めたブログなんですから、自分が見てときめく内容ばっかりなのは、当たり前じゃないですか?

ファンになってくれる人もいる

自分が自分のブログのファンになれるということは、ほかにもファンになってくれる人が必ず存在すると思うんです。

どんなに個性的すぎな人でも共感してくれる人が一人もいないほどとんがってる事態なんてありえないからです。

逆にそのトンガリが鋭い内容ほど、気に入ってくれた人の感動は大きくなると思います。自分以外に同じことを考える人がおったー!って。

なので好き勝手書くといいよ

だから、私はブログは好き勝手書くといいと思います。

自分が読んで、これおんもしれー!って思えたらしめたものです。同じように思う人が必ず存在します。100人が見て、そのうちの1人が面白いと言ってくれたらいいじゃないですか!

逆にまだそう思えないとすれば、自分の好きなことを出しきれてないのかもしれません。

自分が見て「おもしれー!」と思えるまで、自分のときめいたことを書きまくるのだ!

ブログを始めたときから、アクセスを増やしたいとか、SNSで拡散されたいって思うことは絶対にあると思います。

でも、ブログで食っていくぜ!って強い意志を持って本気で思ってる人じゃない場合は、「自分がときめくもの」をひたすら書くことをおすすめします。

自分が書いて楽しいと、途中で「面倒くさいし、やーめた!」ってなる率は減ると思いますし、記事の内容も熱いし、濃いものが出来上がるので、検索にもいい影響を及ぼすと思いますし!

ちなみに私が「ときめく記事」って表現をしているのはこちらの本を読んだ影響です。いい本です。

現在、私の運営するオンラインサロンでは、メンバーを募集しております! ブログのアクセスを増やしたい方、下記からどうぞ!

ヨッセンスクール

こんなネタもオススメかも!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!